見出し画像

0100:【箸休め】最初のあとがき

目標達成!!

さて、目標の第100回目に到達してしまいました。ばんじゃーい!
(^~^ )

正直、こんなに書くことがあるとは、と、わし自身驚いています。
Σ(^~^;)

前にも書いたけど、何をやっても三日坊主で、なんにも続かなかったわしが、ここまで長く、たくさんのことをやれるとは、と、なんか不思議な気持ちになっています。

でも、まだまだ書きたいこと、書かなければならないと思っていることが、いっぱいあるんですよ・・・なんでしょうねこの気持ち。こんなの初めて!(笑)
(^~^ )

というわけで、これまでの話はここで一区切りにして、今回はここまで書いてきて感じたこと、そして、これからのことを書いてみようかな。


これまでのあとがきのようなもの

人生はなぜ辛いのか? という疑問は、誰でも一度は持つんじゃないかと思います。

「人生は」と書いたけど、そういう壮大なもんじゃなくても、なんかしんどい時や苦しい時、痛い時、誰もが

「なんだこの苦しみは? なんでこんなことがあるんだ?」

くらいのことは、感じたり、考えたりするんじゃないかと思います。

たいていの場合、そういう思いは一時的なもので、明日にはケロッと忘れていたりするのかもしれません。

けど、そういう思いがずっとずっと蓄積していくと・・・やっぱり「人生は辛い」という結論になるのかなぁと思います。

古来よりこの「人生とは辛いものだ」という考えは、たくさんの文学や哲学、科学のテーマになってきました。

とりわけ、科学はその原因を定量的に追求することで、様々な発見をもたらし、そしてわしらの暮らしを豊かにしてくれました。

今の日本では、とりあえず食べるものと、住む所にはありつける暮らしができますし、体の調子が悪い時には、医療を受けることができます。これらは、わしらの「人生の辛さ」を、だいぶ緩和してくれます。

ですが・・・衣食住だけが人生の辛さの原因では、ありませんよね。
(^~^;)

わしがこれまで書いてきたのは、この「衣食住の先」にある、さらに奥の「人生の辛さ」と、そのメカニズムについてでした。

わしの話には、素粒子「モト」がでてきたり、仕組みや法則の話だったりするから、一見科学的な手法に見えるかもしれませんが、やっぱり今はまだ、オカルトやスピリチュアルといったジャンルの話になると思います。

毎回毎回、口を酸っぱくして「わしの話を信じないこと」とわしは書いてきましたが、それはこういう観点からです。わしの話に出てくる「モト」や「モトの動きや性質」については、まだ科学的手法によって「証明」できないからです。

だけど・・・これまでの話は、わしなりに一生懸命に観察して、考察して、そして導き出した結論のようなものを、言葉でまとめたものです。

実際に、わしの人生が辛くなくなる役に立っているものでもあるので、これをみんなに共有することは、きっとみんなのためになるし、それに何より、わし自身の人生を辛くなくする役に立つだろう、と思って、わしはこのブログを一生懸命書いてきました。


「モト」の話をしてきたわけ

わしの話のキモは、やっぱり「モト」とその性質、そして、そこから考えられる「命と世界の仕組み」という部分になると思います。

特に、モトというものが、わしらが普段触ったり利用したりしている「物質」と、目には見えない「精神活動」の共通のミナモトになっている、という考えは、これまであまりちゃんと語られてこなかったんじゃないかと、自信みたいなものを持っています。

確かに、これまでのスピリチュアルな本や講和、宗教の説法などで、そういった「精神活動」のミナモトになるような、目には見えないエネルギーの話は、たくさんされてきました。

それらが、わしらの体や物質に影響を与える、という話も、よくされてきました。

そういう話でよく出てくる言葉「気」「エネルギー」「波動」「電磁波」「神の光」といったもの、それらとわしのいう「モト」は、根本的には同じものだとわしは思っています。

ただ、わしは・・・性格なんでしょうかね、あいまいなものを、あいまいなままにしておくのが苦手なんです。
(^~^;)

そういうあいまいな「エネルギー」の話に、もっと具体性を持たせたい、そしてそれを上手に人に説明したい。そういう思いを、わしは若い頃からずっと持っていて、考えに考えて、最近になってようやく他の人に説明できるようになった感じですかね。
d(^~゜ )


今まで30年かけて、わしが考えてきたようなこと・・・例えば「モト」であったり、「うに」であったり、「個別のドラマ」であったり、「役割分担」であったり、「シナリオ」であったり、「神さま」であったり、「地獄」であったり・・・そういったことも、今までは、わしのアタマの中に漠然とあったものだったんです。

それが、今回このブログを書くことによって、自分自身の中で整理整頓されて、きちんと「名前」を与えられて(「うにのトゲ理論」とか、ブログを書きながらネーミングしました(笑))、汝らに説明できるようなものに「成長」していった手ごたえがあります。

実はね・・・ここまでしてきた話は、やっぱりトンデモ科学の域を出ないので、書くのを何年もためらって、実際に書き始めては、途中でやめてしまって・・・ということを何回かやって。

でもやっぱり、今回ちゃんと書いてよかったな、と、今は思っています。


もっともっと、たくさんの人に読んでほしいから

辛いことが多かったわしの人生ですが、今はそんなでもないんです。

そんなでもなくなったのは、ここ数年のことなんですけどね。
d(^~゜ )

特に、さっき書いたように、このブログを使って、わしが何となくアタマで考えていたことが、きちんと言葉になったことの影響は、すごく大きいと思います。

言葉にする事で、汝らにわしの考えを伝えつつ、そしてわしのアタマの中にしかなかったものが、ちゃんとした物理的な形を伴ってこの地獄世界に現出していったことが、わし自身の人生の辛さを、ずいぶん緩和してくれました。

0100までたどり着くのに10か月くらいかかりましたが(ホントはもっと早く到達する予定だったんですけどね・・・まぁ、今到達するって「シナリオ」に書いてあったんでしょう(笑))、この10か月、忙しかったし、カラダにも無理をさせてしまったけど、凄く充実していました。
(^~^ )

冒頭に書いたとおり、まだまだ書き足りないことはあるんですけど、これからはひとまず、ここまで書いてきたことを、本かなんかにまとめようかなぁと思っています。

幸いなことに、インターネットの時代になって、出版というものは大きく変化しました。

一昔前は、個人出版なんて夢の話だったけど、今は電子書籍に気軽に登録することも出来ますもんね。ずいぶん敷居が下がりました。

こういうサービスを活用して、いままで書いたことをまとめられたらいいな、と思っています。

ただ、こういうのもまた、わしにとっては初めてなんです。これからこういうのを勉強していかないといけないので、詳しい方のお知恵を拝借できると、とてもありがたいです。

電子書籍、特に、Amazonのキンドルでの出版にお詳しい方、ご経験のある方。コメント欄やメールでご連絡くださると、とても助かります。


質問チャンス

んで、このブログなんですけど・・・ここで終わる、というわけではありません。これからも、ブログタイトルの下に書いてある通り(転載注:本家ブログにのみ書いてあります)、人生の辛さと向き合うために必要な知識と知恵を、汝らと一緒に考えていけたらと思っています。

ただ・・・どんなことを書いていくかは、まだ決めていません。

0001の時に書いたけれど、このブログに関する質問などにお答えできればいいいんですけど・・・

まだ質問、いっこも来ないんですよ(笑)。
(T~T )

つうわけで、汝らからの質問やご意見を、大・大・大募集!!
d(^~゜ )

質問チャーンス!!

あとは、今まで100回かけて書いてきたことを、もう一回、ゼロから説明し直したいな、とも思っています。

さっき書いたみたいに、説明しながらまとめていった部分があるので、次は全部を上からいっぺんに見ながら(時間軸みたいですね)、構成を練り直したり、わかりやすい言葉を選び直したり、そういうことができたらな、と思っています。

その時は、またお付き合いくださるとうれしいです。

全ての汝に愛(モト)を!!
(^~^ )


・・・またそのうち更新します。これからもよろしく!! チャオ!!

前のページ:(0099:旅の途中
これは、拙ブログ『人生はなぜ辛いのか、と思った時に読むブログ』からの転載です。イラストや強調で分かりやすい、本家サイトはこちら。
https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/
このブログの文章を初めてお読みの方は、ぜひ第1回からお読みください。
https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/2018/09/0001.html
今回のエントリーのページはこちら。
https://jinseihanazeturainoka.blogspot.com/2019/07/0100.html



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「人生はなぜ辛いのか?と思ったときに読むブログ」著者、リリジャス・クリエイター。京都でちまちま生きているぶよんぶよんのオジサンです。ブログ転載中、長編小説連載中。みんなの投げ銭まってるぜ!(笑)

飴ちゃんいる?
6
リリジャス・クリエイター(自分で考えた肩書(笑))。京都市在住の、ぶよんぶよんのオジサンです。 現在ブログからの転載と、コラムを不定期にアップしてます。短編・長編小説もマガジンにありますよ。質問コメント大歓迎! 投げ銭も歓迎! ツイッター@munchausen21
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。