見出し画像

組織の未来への人材投資は万全ですか?~次世代を担うリーダーの発掘と育成を支援します~

人材版伊藤レポート2.0では、経営戦略と人材戦略を連動させる取り組みとして、20~30代社員を早期に選抜し、グローバル水準のリーダーシップ開発を進めることが、経営人材の質の向上に寄与すると言及されています。

一方、日本の人材投資額は1990年代半ばから年々下がり、実質GDPに占める企業の能力開発費の割合はわずか0.1%と、欧米諸国の10分の1の水準です。社員教育や社会人の学び直しなどへの人的資本投資額が1%増加すると、労働働生産性は0.6%上昇すると試算されていることを考えると、今こそ、将来を担う人材への投資を最優先事項として取り組まなければなりません。

株式会社マネジメントサービスセンターは、世界で成功するリーダーの行動研究を基に開発されたオンライン・アセスメントで、次世代を担うリーダーの能力や特性を可視化し、育成の加速化戦略を実行しています。私たちは、変化し続ける時代において、組織の未来を成功に導いていけるリーダーの確固たるパイプラインを構築し、優れたリーダーを持続的に輩出するしくみづくりを全力で支援しています。

【参考】
・「人材版伊藤レポート2.0」(令和4年5月発行)
・「平成30年度労働経済の分析」(厚生労働省)
・「経済財政報告2018年度」

1.マネジメントサービスセンター(MSC)が選ばれる理由

①デジタル

オンラインによるアセスメントとリーダーシップ開発プログラム

②アセスメント

延べ80万人以上のデータと行動科学に基づくサービス

③グローバル

米国DDI社との50年以上のパートナーシップ

2.マネジメントサービスセンター(MSC)の実績

①アセスメント実績

年間実施数: 2,352 回
年間受講者数:29,152人

※2020年4月~2022年3月の実績に基づいています。

②受賞

HRテクノロジー大賞 ラーニングサービス部門 優秀賞受賞

③実績例

  • 過去50年以上、延べ150万人以上の育成を支援

  • 顧客の80%は継続利用

  • DDIと協働で、93カ国にサービスを提供

3.【新サービス】リーダーシップ・スナップショット~Leadership Snapshot(LS)

①短時間で、次世代を担うリーダーの素養をアセスメント!

1.受講者自身の強みと能力開発領域を理解。
2.優秀な人材の特定、明確な能力開発計画の作成。
3.受講後の結果を、採用・昇進決定時の判断材料として活用。
4.受講者のグループ毎にデータをまとめ、傾向や強み、啓発点を把握。

②次世代リーダー向けオンライン・アセスメント

リーダーとしての素養をコンピテンシーと個人特性の両面で診断し、
初級管理職や次期管理職候補者の採用、昇進・昇格、適切な人材配置、育成計画の作成に役立てることができます。多言語対応で、グローバルな診断も可能です。

クリックすると拡大されます

🔶個人が好む仕事の仕方や判断基準などを包括的に診断🔶

③データに基づく人材戦略の立案

客観的な診断結果は貴社の将来を担う人材の採用・選抜・育成の判断材料として、また個人および集団の育成計画の作成にご活用いただけます。

■受講者向け
・個人レポート(受講画面で閲覧可能) ・レポート読み解き動画
・能力開発ガイド

■経営・人事部門向け
・評点一覧
・グループレポート(全体傾向と散布図)

MSCは全階層において、グローバルで一貫性のあるアセスメントやリーダーシップ開発プログラムをオンラインで提供しております。

会社名:株式会社マネジメントサービスセンター
創業:1966(昭和41)年9月
資本金:1億円 (令和 2年12月31日)
事業内容:人材開発コンサルティング・人材アセスメント


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!