見出し画像

ポテンシャルを成果に変える~ポテンシャル人材の早期発掘は、本当に必要か?【MSCウェビナーアーカイブ動画】

1.概要

破壊的イノベーションが求められる今日のビジネス環境において、将来のリーダーを早期に特定し、準備することは、企業のトップの最優先課題としてあげられています。この課題に対応するためには、リーダーシップ・ポテンシャルについての考え方を抜本的に変える必要があります。

「特定の限られたメンバーに焦点を当てる」ハイポテンシャル人材の選抜・育成の取り組みは、現在も多くの組織で取り入れられていますが、アジャイル・チームやティール組織が求められる時代では、管理職以外でもリーダーシップを発揮しなければなりません。組織の成長と業績を促進するには、少数の「ポテンシャルの高いスター社員」の育成を重視するアプローチを脱却し、対象を広げて、組織全体でリーダーシップ・ポテンシャルを開発することが肝要です。 MSC/DDIでは、個人、チーム内、そして組織全体でリーダーシップ・ポテンシャルを表出し、活性させ、加速させるための包括的なアプローチを推奨しています。

2.内容

1.データから読み解く、リーダー不足の実態
2.次世代リーダーを拡充させる3 つの アプローチ
3.個人の成長を促す能力開発手法
4.まとめ・質疑応答

3.当日投影資料

https://drive.google.com/file/d/1bVTdtQ0nKE_glyn8fYr4atDsAZA2L-wE/view?usp=sharing

4.関連ソリューション

5.問い合わせ先

sales_support@msc-net.co.jp

会社名:株式会社マネジメントサービスセンター
創業:1966(昭和41)年9月
資本金:1億円 (令和 2年12月31日)
事業内容:人材開発コンサルティング・人材アセスメント

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!