見出し画像

創立13周年とコーポレートサイトのリニューアル、その先へ

Ozeki Michihiko

朝日インタラクティブは本日で創立13周年を迎えました。
読者の皆様、ビジネスパートナーの皆様に支えられ、13周年を迎えることができました。厚く御礼申し上げます。

13周年を記念して、コーポレートサイトをリニューアルしました。

全体的に動きのあるデザインになり、事業概要や媒体紹介の内容もアップデートしています。ぜひご覧ください。

そして、トップページには朝日インタラクティブのミッションである「価値ある情報をお手元に」を掲げました。

私たちは引き続き
・読者のためになる情報を発信すること
・クライアントの皆様に喜ばれるソリューションを提供すること
・ビジネスパートナーの皆様から信頼されること
を大切にし、チャレンジを続けていく所存です。

観光庁が公募した「『ワーケーション推進事業』企業と地域によるモデル実証事業」の採択企業が昨日発表され、弊社と一般社団法人五島列島観光コンベンションビューロー様との共同提案が採択されました。

「ワーケーション」についてはCNET Japan内にカテゴリを設け、情報発信を続けてきました。
その狙いには、地域課題を解決し、地方創生につながる役割を担いたい、という思いがあります。
詳しくはこちらのnoteをご覧ください。

今回のモデル実証事業により、私たちはワーケーションの情報を発信するメディアであるだけでなく、制度を策定する当事者にもなります。
自分たちが実際にワーケーションを行い、企業に必要な制度はどんなものか、どのようにして社会に貢献できるかを考えていきます。

その結果がどんなアウトプットになるのかはわかりませんが、行動することで生まれる出会い、きっかけを大切にして、新しい試みを推進していきたいと考えています。

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!