マガジンのカバー画像

マザーハウスをつくる人たち

22
マザーハウスをつくる「人」にスポットライトを当て、 どんな人が働いているのか、社内の様々な制度やアクション等、 社内の様子(日々の悪戦苦闘の様子も!)お届けします。
運営しているクリエイター

記事一覧

世界を明るくするファッションを自分の手で広めたい(21年新卒/小川瑠美)

「なぜマザーハウスに入社したの?」「実際に働く中でぶつかった壁は?」「仕事を通じて実現し…

アルバイトも学業も、全力で挑戦したいー私がマザーハウスで学生アルバイトをする理由…

マザーハウス各店舗には、途上国から届く商品をお客様に届ける存在として学生アルバイトが活躍…

イベントレポート「世界で働くとは何だろう?」~マザーハウススタッフと考える、世界…

こんにちは、マザーハウス アトレ吉祥寺店の鈴木です。 今回はお店を飛び出して、11月17日に…

factory visit 渡航記vol.2 助け合いは当たり前。工場は第二の家…

マザーハウスの海外研修制度「factory visit」が2019年ぶりに復活!コロナ前までは毎年のよう…

factory visit渡航記vol.1 マトリゴールの職人たちにお客様の声を…

マザーハウスの海外研修制度「factory visit」が2019年ぶりに復活!コロナ前までは毎年のよう…

「マザーハウス最後の一品店。」誕生ものがたり

■ 語り手 店主・吉浪優香(中央) 2018年入社。最後の一品店。店主であり、お客さまから回収…

フィリグリーのはじまりとこれから。職人ワリヨさんとの対談。

ジュエリーマザーハウスは、インドネシアの伝統工芸フィリグリーの技術を活かしたジュエリーから始まりました。 今回はじめて来日したフィリグリー職人のワリヨさんと、現地コーディネーター笠原さん、マザーハウス代表兼チーフデザイナー山口の三者で語られた、これからにつながるはじまりの話をお届けします。 山口 ワリヨさんは今回、日本ははじめてですよね。 ワリヨさん はい、とても嬉しいです。全てが素晴らしいです。みんな優しくて、たくさん話しかけてくれますし、どこも清潔です。昨日は家族と

14人の新入社員のみんなへ モシュールさんからのメッセージ

新社会人になったみなさま、おめでとうございます。マザーハウスでも本店を会場に、14名の新し…

【新卒→先輩 インタビュー】仕事を楽しむプロフェッショナル(蒲元樹)

こんにちは! 2022年卒でマザーハウスに入社した加藤と稲葉と申します! 新人の私たちから先…

【新卒→先輩 インタビュー】THIRD WAYという言葉に縛られたくない (田口…

こんにちは。 2022年卒でマザーハウスに入社した矢島(二子玉川ライズ店)と南本(横浜本店)です…

店舗でしか得られない経験がある。経験を糧に、声をあげ、挑戦するスタッフをサポート…

仕事内容や大変なこと、やりがいなど、マザーハウスではたらくリアルをスタッフに聞く「スタッ…

自分らしく働くために努力する。機会をつかむスキルを磨く。仲間のためにその姿をみせ…

仕事内容や大変なこと、やりがいなど、マザーハウスではたらくリアルをスタッフに聞く「スタッ…

目の前のお客様に真摯に向き合う。それが「楽しく美しく社会を変える」ことにつながる…

仕事内容や大変なこと、やりがいなど、マザーハウスではたらくリアルをスタッフに聞く「スタッ…

スタッフの可能性にも光をあてていきたい。だから、自分のポジションもつくる。横浜ベイクォーター店 副店舗統括責任者 菅谷佳名子

仕事内容や大変なこと、やりがいなど、マザーハウスではたらくリアルをスタッフに聞く「スタッフインタビュー」。 今回はマザーハウスに新卒で入社し、現在は横浜ベイクォーター店で副店舗統括責任者をしている、菅谷佳名子に話を聞きました。 プロフィール 学生時代、就職活動で他社も見ていく中で、なぜマザーハウスを選んだのでしょうか?  私は、大学で開発経済を専攻していて、途上国へフィールドワークへ行く機会がありました。途上国での支援の状況を見て、ボランティアだけでは解決できないことも