見出し画像

【1分記事】イノベーション=発明ではない

戦略デザイナー森田昌希

イノベーションについて調べたが、
「イノベーション=発明」
と誤った方向に思考が向いた方にご覧いただきたい記事です。

戦略デザイナーの森田です。
中小企業のデザイン経営について執筆した論文(2021)を、
分かりやすい言葉で、誰でも理解できる内容にまとめ直しています。
森田昌希プロフィールついてはこちら


●発明はインベンション

技術革新と訳されることが多いため、
イノベーション=発明と考える方が非常に多いですが、
それは完全に誤った解釈です。

発明を実用化し、
その結果として社会を変えることがイノベーションです。

デザイン経営宣言

その橋渡しとしてデザインが必要であることを言うのがデザイン経営です。
社会のニーズを利用者視点で見極め、
新しい価値に結び付けること、
すなわちデザインが介在してはじめてイノベーションが実現します。

発明=イノベーション、ではないと言えます。

イノベーションは発明そのものじゃなくて、
デザインを介してユーザーが「欲しい!」とか「ステキ!」とか「斬新!」て感じるものに昇華させることです。

発明を伴う必要はなく、
在りモノ同士の組み合わせでも良いんです。

また、物理的なモノじゃなくサービスやスキルでもOKなんです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
戦略デザイナー森田昌希
デザイン経営の導入と実践についてnoteを公開します。大学院の経営研究科(MBA)で中小企業のデザイン経営を研究テーマにビジネスレビューを執筆。中小企業診断士としてインフラ系IT企業の経営企画でマネージャーをやっています。大阪を拠点に活動しています。