森のハープ弾き 阿久津 瞳

宇都宮大学農学部森林科学科卒。森林インストラクター。 日本の木でできたハープを作り、奏でる森のハープ弾き。宇都宮市でハープ教室主催。居合道五段。 現在宇都宮大学大学院 地域創生科学研究科で山と人との関係を研究中! 養蜂を通して人と自然とのご縁をつむぐ「つむぎ養蜂園」代表。

私が養蜂を始めた理由

私は、2017年から森のハープ弾きとして、演奏活動をしたり、ハープ教室を開いたり、日本の木でハープを作ったりしてきました。 2019年からは人と山の関係を研究するために…

私が日本の木(国産材)でハープを作る理由

私は日本の木(国産材)を使ったハープの製作をしています。今後販売もしていく予定です。その理由を書いてみました。 原生林、二次林、人工林 ハープの材料である木は森…

森のハープ弾き プロフィール

森のハープ弾き 阿久津 瞳 栃木県芳賀郡芳賀町生まれ。 2011年に宇都宮大学農学部森林科学科を首席で卒業。 森林インストラクターの資格を持つ。 大学卒業後3年間、自…

私が森のハープ弾きになった理由

2014年3月に、ブログ上で森のハープ弾きと名乗り始めてから6年が過ぎました。 初めてのnote記事は、森のハープ弾きとして生きていこうと思った理由について書いていきたい…