ももえ | Zen Eating食べる瞑想

ZenEating代表 瞑想挫折経験から開発した食べる瞑想をGoogle・マッキンゼー等にチームビルディングやウェルビーイング研修として提供。 30ヵ国2100名の心の安らぎに貢献。 五感と感謝で生きる喜びが味わえます。 趣味は修行🧘‍♀️ zen-eating.com/ja/

ももえ | Zen Eating食べる瞑想

ZenEating代表 瞑想挫折経験から開発した食べる瞑想をGoogle・マッキンゼー等にチームビルディングやウェルビーイング研修として提供。 30ヵ国2100名の心の安らぎに貢献。 五感と感謝で生きる喜びが味わえます。 趣味は修行🧘‍♀️ zen-eating.com/ja/

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    食から暮らし調う習慣、ZenEatingスクール募集開始!

    少し前からお知らせしていたZenEatingスクール、既にお問い合わせいただいているのですが、ようやく募集を開始しました! ↑入会を決めている方はお申込みページへ↑ ZenEatingスクールとは?という方もいると思うので、どんなサービスなのかご紹介させていただきます! ZenEatingスクールで過ごす時間ZenEatingスクールでは大切にしていく価値観が3つあります。 ①生きる喜びを思い出す ②幸せに気づき、身体がゆるむ ③シャンと気が通ったくつろぎ 継続する

      • ZenEatingが哲学するテクノロジー化社会における【食のエレガンス】とは!?|メディア掲載報告

        インタビューいただいた記事が公開されました。 自分の五感や体の感覚を頼りにする機会って、 1日何回ありますか? 「体の感覚で意志決定できる自分を育てることは、これからますます必要になると思う…!」 などの思いを語っています。 記事より抜粋 ▼インタビュー全文はこちらより インタビュー記事は後半に続くようです!お楽しみに~!! ▼これまでのZenEatingのメディア掲載などはこちらより ▼ZenEatingとは

        • ケガで病院に運ばれたけど、呼吸と瞑想で痛みが消えた|日常の修行記録

          アスファルトの道を走っていて、派手に転んでケガをしました。 呼吸と瞑想で痛みが和らいで、身体の力に感動した!という、私の体に起こった体験記です。 いつかあなたが転んだ時に参考になればという願いを兼ねてシェアします~! *今は包帯グルグルですが、痛そうな写真や表現は出てこないので、ご安心を。 転んだ姿勢で動かず、深呼吸! 「瞬時に立たずに、転んだ体勢のまま深呼吸」 昔、太極拳で習った言葉です。 転んで地面に倒れ込んだ瞬間に頭に浮かんだこととは「立ち上がったらダメだ!」

          • 五月病におすすめの「安心を育てる」食べる瞑想の音声プレゼント

            GW明けましたね。 私は連休明けって、やる気が出ないことが多く、いつも元気が欲しくて困ってきました。 でも最近は、食べる瞑想で元気を取り戻しています☺️ 食べる瞑想 音声プレゼント元気を取り戻すのに、まず大切なのは安心。 五月病になりやすいこの時期に、ぜひ聞いてほしい「安心を育てる 食べる瞑想」の音声をご希望者全員にプレゼントさせていただきます。 元気がない時、息切れ気味な時に、役に立つと思います。 ZenEatingスクール会員の方にお渡ししている音声から1つ、

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ZenEating
            ももえ | Zen Eating食べる瞑想
          • ZenEatingの舞台裏
            ももえ | Zen Eating食べる瞑想
          • 哲学と思索
            ももえ | Zen Eating食べる瞑想
          • 体験デザイン
            ももえ | Zen Eating食べる瞑想
          • イベント
            ももえ | Zen Eating食べる瞑想
          • マインドフルクッキング
            ももえ | Zen Eating食べる瞑想

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            セールスフォース様にZenEatingを食べる瞑想のワークを提供させていただきました|実績報告

            社内のイベントに、ウェルビーイングの枠で取り入れていただきました。 参加者の期待「瞑想には興味があるけど、ハードルが高くて食べながらであれば効率よく忙しい日常の中に取り入れられそう。」 「不安が最近大きい。マインドフルネスで心を穏やかにしたい。」 参加してくださった方の期待はこういった声でした。 感想「ZenEatingの最後の2分間の静かな瞑想がよかったです。 日々の生活の中で、この仕事もしない・TVも付いてない・寝ている訳じゃないという時間が全くなかったことに改め

            Zen2.0登壇報告|マインドフルネスと禅の国際カンファレンスでZenEatingを提供しました

            Zen2.0に登壇鎌倉の禅寺建長寺から配信された、マインドフルネスと禅の国際カンファレンスZen2.0でZenEatingをご提供してきました😊 日本語と英語のニ言語開催で、世界中から500名ほどが参加だったようです。 カメラが何台もあって素晴らしい配信環境。 ZenEatingを事前に知って、楽しみに参加してくださった方もいたようです。 「食事の概念が変わる食べる瞑想、楽しみです!」 「禅を続けるのが難しく、食事のときにできたら嬉しいです」 ご感想「穏やかな気持ち

            リリース|「マインドフルネス×食べる」でチームビルディングとウェルビーイング「ZenEating食べる瞑想」が法人向けサービス始動 パナソニックなど10社が採用

            『"食べる瞑想"で心理的安全性の向上と職場の孤独を解消』 「ZenEating食べる瞑想」の法人向けサービスのプレスリリースを出しました! ZenEating™(ゼンイーティング/食べる瞑想。以下略)は、健康経営をサポートする「法人向けZenEating食べる瞑想」の提供を正式にスタートし、募集を開始します。 個人のウェルビーイングと、職場の人間関係を同時に向上にさせる新しい形を提案します。 ZenEatingは「マインドフルネス×食べる」をテーマにした研修プログラムで

            Youtubeで対談やZenEatingのプチ体験などのコンテンツ公開しました

            ZenEatingについての説明をしたビデオがなかったので撮りました! ゆる禅こーさんとZenEatingももえの対談これまでポッドキャストで配信していたものをYoutubeにも公開しました! 各界のプロフェッショナルとの対談Youtubeチャンネル登録して後で見る今お忙しい場合は、ひとまずチャンネル登録いただきあとでゆっくりお楽しみくださいませ。 法人向けZenEatingセッション法人や研修でのZenEatingの導入をご検討の方はまずはお気軽にご相談くださいませ。

            パナソニック様に動画とZoomセッションをご提供。"瞑想"と呼ばずに食べる瞑想を開催しました

            「幸福度が高いと1.3倍生産性が上がる」 ということで、幸福度を高める従業員向けの取り組みを行われているパナソニック様。 『本当に美味しく食べる事を通してチームを仲良くする方法』 というテーマでZenEatingをご採用いただきました。 社内のHappyプロジェクトと連携してパナソニック様のひとつのカンパニーで行われている風土開発のプロジェクト、MAKE HAPPY。 顧客をハッピーにするためは、まず、社員をハッピーにということで、従業員1.5万人を対象に、幸福学やマ

            禅寺の円覚寺様でZenEating食べる瞑想をご提供させていただきました。

            歴史あるお寺で、ZenEating食べる瞑想の講義とワークを提供して参りました。 鎌倉にある円覚寺様は、夏目漱石や鈴木大拙も禅修行をした、禅寺の中でも格調高いお寺です。 (時差投稿ですが、本会は緊急事態宣言前に開催したものです。) なぜ円覚寺様でZenEatingを提供する機会がいただけたの?管長(お寺の代表)の横田南嶺老師は、現代有数の禅の指導者でいらっしゃいます。(老師≒先生) 数々のご著書とご講演で支持が厚いので、新聞や本屋さんでお名前を見たことがある方もいるか

            ZenEatingスクール生の1ヶ月目のご感想|Zoomセッションを終えて

            ゆたかな毎日をお手伝いする、ZenEatingスクールでは、食べる瞑想の音声と毎週のお便りの他にZoomでのセッションも月に数回行っています。 Zoomセッションでスクール生の方からいただいた感想が、初めて食べる瞑想を体験した方からいただく感想と少し違って興味深いのでシェアさせていただきます! 食べる瞑想を継続すると身体と心と意識と多方面に変化がありそうです。 複数回参加した方のZoomセッション後のご感想 「先月は仕事が忙しくて、料理できない日もあって食事も乱れがち

            禅→ウェルネス担当→インド移住→IT勤務<ZenEatingが生まれるまで>ZenEatingスクール始動3

            私は人生をかけて「健康と食」や「精神性」を探求してきました。 その合流点として生まれた食べる瞑想のZenEating。 ここにたどり着くまでの個人的なヒストリー(ウェルネス企画運営の仕事・インド移住・食のIT企業・山伏の祖父など…)が、今のZenEatingの活動や、スクールのスタートするに至った背景にも密接に関わっているのでご紹介させてくださいませ! 1. ウェルネス担当なのに、ウェルネスゼロの生活高級リゾートで非日常での極上のウェルネス体験を企画や提供をする仕事をして

            生きる喜び・幸せに気づく・気が通ったくつろぎ<大切にする価値観>ZenEatingスクール始動2

            今日ZenEatingを体験した方が、「健康のために白米から玄米に切り替えたけど、美味しくないといつも感じていて、今日のZenEatingで初めて玄米ってこんなにおいしいと気づいた!」とおっしゃいました。 幸せの道は、小さな喜びの気づき上手になることなのかもしれないと私は感じています。 ZenEatingスクールが大切にすること この3つの感覚は、ZenEatingが大切にしたい価値観です。 1.生きる喜びを思い出す 2.すでに幸せであることに気づき、身体がゆるむ 3.

            <1600名に提供した今、スクールに込めた想い>ZenEatingスクール始動1

            私はZenEatingをこれまで10ヶ月で1600名の方にご提供してきた中で、日常への定着もお手伝いしたい、継続的にご体験いただけたら、と感じるようになりました。 参加直後の高い満足の一方で、数か月後には継続できていない方が多いというギャップがあったからです。 ウェビナー形式の配信を含めると、ZenEating体験者は数千人にのぼります 満足度が95%だけど…ZenEating初めての体験後のお声では95%が大変満足で、 その上、日常で続けていきたいという声が100%と

            LinkedInにマインドフルイーティングの提供。ウェルビーイング月間のプログラムとしてランチ時間にオンライン体験

            LinkedIn Japan(リンクトイン・ジャパン) 様に、 マインドフルイーティングをご提供させていただきました😊 ウェルビーイングのプログラムとしてのマインドフルイーティングLinkedIn Japan様がウェルビーイング月間の取り組みとして、社内向けにいくつかのオンラインセッションを開催していらっしゃいました。 ウェルビーイングの取り組みのひとつとして “マインドフルイーティング”のセッションを受けてくださいました! 満足度が9.13。(10ポイント中) アンケ

            マサチューセッツ工科大学のメンバーがZenEating体験してくださいました!

            マサチューセッツ工科大学(MIT)の専門家集団CCIの皆様に、Zen Eatingをご提供させていただきました。 終わって一番のお言葉が、元マサチューセッツ工科大学教授・元MITメディアラボ所長の伊藤穣一(Joi)さんからの 「ワォ!本当に素晴らしかった!」というご感想でした。 皆様のご感想が視点も例えも洞察深く気が付かせていただけるものばかりだったので、ぜひ読んでみてください! 皆様のご感想 「野菜とお肉と繋がっている感じがして、楽しい食事の時間になりました。」