見出し画像

ことばの使い手

278.スティーブ・ジョブズの呪いの言葉

さすが巧いなぁと唸ったのは、スティーブ・ジョブズのことばである。

(アップルのコンピューターを)買ってくれた人は、この世界のクリエイティブな側面を担う人なんだと思う。仕事をしているだけでなく、世界を変えようとしている人々なんだ。そういう人のために僕らは製品を作っている。

いや、マックもウィンドウズも、パーソナルコンピュターがもつ機能について言えばそこに大きなちがいはない。また、コンピューターは仕事に必要なものという一般的な認識も変わらないだろう。

だが、このように言うことでジョブズは、「仕事道具」としてのウィンドウズに対して「世界を変えることのできるクリエイティブなツール」としてのマックという対立項をあざやかにつくりだしてしまう。そりゃ誰だって、どっちと言われたら「世界を変える」方に加担したいよね。

つまり、ここでスティーブ・ジョブズというひとは、その当時ビジネスシーンで圧倒的優位を誇っていたウィンドウズに対して、あえてそれを逆手にとって「呪い」をかけたわけである。悪魔的だよ、スティーブ・ジョブズ。

ふだんウィンドウズを便利に使っているビジネスマンでさえ、これを見たら家庭で休日に使うマシーン、あるいは子供に買い与えるマシーンはアップル社のものを選んでしまうにちがいない。相手が強靭であるほど効き目のあるプロレス技のようなものである。

そして、このスティーブ・ジョブズを思わせる巧みなことばの使い手が日本にもいる。小池百合子東京都知事である。ジョブズの言動を研究しているかどうかは知らないが、じっさい小池知事はあらゆるビジネス書の熱心な読者であるらしい。

ただ、巧みなことばの使い手になるのは訓練だけでは不十分だ。むしろ本能的、直観的な能力であるように思われる。小池知事が、記者会見に集まった記者たちに対して発した「密です」というかならずしも狙ったわけではないひとことが流行ってしまうように。

念入りに刃物を研ぐように、常日頃からことばに対する感覚を磨くことは重要だ。が、それをいざというときもっとも威力を発揮する角度で振り下ろすことができるかどうか、それはまたべつの才能にちがいない。

画像1

この続きをみるには

この続き: 1,998文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場する…

または、記事単体で購入する

ことばの使い手

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
10
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。