見出し画像

子供の日にちなんで北欧のおもちゃの話でも。

125.カイ・ボイスンのモンキー

画像1

子供の日にちなんで玩具の話でも。

銀細工師であったデンマークの職人カイ・ボイスンがつくった動物の人形は、北欧デザインがもつ「やさしさ」を象徴する名作としてあまりにも有名だ。とりわけ猿をモチーフとしたフィギュアは、そのいたずらっ子のような愛くるしい表情はもちろんのこと、毎日の「遊び相手」だからこその考え抜かれた造作がすばらしい。

このモンキーは、両手、両足、首以外にも、両方の手首と足首を合わせた合計9箇所もの部位を自由自在に動かすことができるのだ。さらに、ろくろを使って加工を施した本体の曲線はなめらかで、その上質な手触りにもこだわりが感じられる。

こうして、かっこうの遊び相手であるオモチャの動物たちは、やがて子供たちの成長を見守る家族の一員となるのです。

以下は有料記事。今回は短めです。

画像4

この続きをみるには

この続き: 821文字 / 画像2枚
記事を購入する

子供の日にちなんで北欧のおもちゃの話でも。

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岩間 洋介|moicafe.com

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
6
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2021年春に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。