見出し画像

子供の日にちなんで北欧のおもちゃの話でも。

125.カイ・ボイスンのモンキー

画像1

子供の日にちなんで玩具の話でも。

銀細工師であったデンマークの職人カイ・ボイスンがつくった動物の人形は、北欧デザインがもつ「やさしさ」を象徴する名作としてあまりにも有名だ。とりわけ猿をモチーフとしたフィギュアは、そのいたずらっ子のような愛くるしい表情はもちろんのこと、毎日の「遊び相手」だからこその考え抜かれた造作がすばらしい。

このモンキーは、両手、両足、首以外にも、両方の手首と足首を合わせた合計9箇所もの部位を自由自在に動かすことができるのだ。さらに、ろくろを使って加工を施した本体の曲線はなめらかで、その上質な手触りにもこだわりが感じられる。

こうして、かっこうの遊び相手であるオモチャの動物たちは、やがて子供たちの成長を見守る家族の一員となるのです。

以下は有料記事。今回は短めです。

画像4

この続きをみるには

この続き: 821文字 / 画像2枚
記事を購入する

子供の日にちなんで北欧のおもちゃの話でも。

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
6
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を17年間やってました(荻窪→吉祥寺)。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、都内にて開催中。http://www.moicafe.com

この記事が入っているマガジン

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。