常駐先での労働で鬱一歩手前になりながらも、客先常駐を脱出して自社開発の会社に転職した話

退職エントリになります。

2019年9月末で新卒から数えて7年半勤めた会社を退職し、10月から新しい会社に勤めています。noteにアカウント作ってしょっぱなから不穏な方向にフルスロットルなタイトルですが、2019年で個人的に一番大きなイベントだったので書かざるにはいられませんでした。

どんな会社にいたのか

福岡市内の中小SIerになります。会社としてはソフトウェア開発・保守を手掛けており、私は新卒時よりSEとしてソフトウェア開発を行う部署に所属していました。ソフトウェア開発の部署では他社やグループ会社から受注した案件の売上がメインであったため、少数のメンバーが自社で受託開発、私を含む残り大多数のメンバーは福岡市内に点在する常駐先で開発という体制になっていました。

また、ソフトウェア開発の部署ではありましたが、昨今のベンチャー気質な企業に代表されるモダンな環境というわけではなく、昭和時代の日本企業を彷彿とさせるような昔ながらの社風でした。

前の会社でやってたこと

新卒~4年目:常駐先(某ITベンダー)でJava(Servlet)でWebアプリの開発。

5~6年目:Javaから離れ、Dynamics365のカスタマイズやサポート。常駐先は変わらず。

7年目~退職直前:某クレカ会社でJava(Spring boot)でのAPI開発、次世代サーバ群(RHEL7)の構築、次世代環境への移行準備。

4年目まではメンバーとして設計・開発に携わり、5年目以降は、サブリーダーとしてメンバーの管理や顧客・他チームとの調整が主な業務でした。

鬱一歩手前になるまで

7年目に入り、某クレカ会社に常駐し始めてから徐々にメンタルが不安定になっていきました。

第一段階(2018夏):プロジェクト特有のルールが合わず、わずか数日で「早くここから出たい」というお気持ちが芽生える。

第二段階(2018秋):テスト用のAPサーバを構築していたが、作業確認者の度重なる高圧的な発言に耐えかねて帰宅(サーバ作業は二人一組)

第三段階(2018冬):メンバーから上がってくる課題が溜まる一方で消化が追いつかず、リーダーからは毎日のように段取りが悪いと言われ、徐々に頭が働かなくなり始める。

第四段階(2019春):長期休暇やプロジェクトからの離脱を切望するようになり、もはやそれ以外のことを考えられない状況。

完全にアカン状態でした…

スケジュールの逼迫が常態化して自分のペースで仕事をすることが一切できず、厳格なプロジェクトルールにより効率化も難しいため、徐々にストレスが蓄積されていったのだと思います。

別の案件に移ることも検討しましたが、他の案件で新たにメンバーを抱える余裕がないことや転職活動を始めたことから、退職まで自分を騙しながら乗り切ることにしました。

転職しようと思った理由

TwitterやMastodonから情報を得る過程で「そもそも会社に属して客先に常駐しながら働き続けること自体がマイナスになっているのではないか」という考えに至りました。これまでは自分達のスキルが高くないことや段取りが悪いことでプロジェクトが遅延しているものだと考えていましたが、実は違うのではないかと。ただ上層部に振り回されて無駄な残業を重ねているだけなのではないかと。さらに、今回離脱できたとしても、常駐先は自分で選べず会社の指示によって決まるため、次の常駐先でまたミスマッチが発生してしまうリスクを抱えている状況でした。(フリーランスの場合だとまた話が変わってくると思います。)

また、仮にこのまま会社の指示通りにマネジメントの方面に進み続けた場合、テクニカルスキルを高めないまま歳を重ねてしまうことに恐れを感じていました。普段の業務ではテクニカルスキルを高めることが難しい状況であったため、個人でMastodonサーバを運営したり、Pythonでbtc自動売買のbotを作ったり、Arch Linuxに手を出したりしましたが、業務で実際に開発に携わることで成長を早めたいと考えるようになりました。個人的にはMastodonを運営し始めたことがターニングポイントだったかと思います。実際に運営することでこれまでの業務では得られなかった知見を得ることができ、仕事でもサービスの開発や運営をやってみたいなと思うようになったきっかけでした。

以上の内容から、客先には常駐せずに自社でテクニカルスキルを高めながら働くことが可能な環境を求めるようになり、自社ではこれら環境の実現が難しい上、マネジメント方面に進んで手配師として成長することを求められるため、2019年5月中旬のある日、ついに転職活動を決意しました。

転職活動(準備編)

在職中の転職活動だったため、エージェントサービスを利用しました。利用したサービスは評判の良かったレバテックキャリアです。また、サブでビズリーチも登録しましたが、こちらは利用してません。

レバテックキャリアに登録後、常駐先でエージェントと電話面談を行い、転職理由やどういう案件に携わってきたか、プロジェクトでの役割、どんな企業を希望しているか、今後の進め方などについて会話しました。

エージェントの指示に従い、選考に向けて用意したのは下記です。休日を利用し、約一ヶ月ほどで準備しました。

・履歴書

・職務経歴書

・GitHubのアカウントと過去に個人で書いたコード

また、面接練習も一度行いましたが、こちらもダメ出しを受けることはなく、これだけアドリブで喋れるなら大丈夫でしょー!などという根拠なきお言葉を頂き、若干の不安を抱えながら選考に臨みました。

転職活動(選考編)

6月下旬に入り、オファーを頂いた企業と提案して頂いた企業の中から、選考に進みたい企業を選んで選考に進みました。企業との調整はエージェント任せでよいのですが、プロジェクトが忙しく面接に行くこと自体が最大の難関でした。

最終的に6社受けて2社から内定を頂いた結果となりました。プロジェクトが多忙で企業研究も満足にできない状況の中、3週間で複数内定を頂くことができたので、まずまずかなと思います。

ただ残念ながら、結局オファーを頂いたところからは内定を頂くことはできませんでした。期待値が大きかった部分もあるのかなと思います。オファーとは…

プロジェクト離脱と有休消化

今振り返ってみると、プロジェクトの離脱と有休消化の調整が最も精神的に消耗した時期でした。

まずは、マネージャーと面談し退職の意を伝え、次に部長と面談し退職の意を伝え、発注元とプロジェクトの離脱日を調整するといった流れです。引き止めはあるにせよ、部長までは比較的すんなり話が進むのですが、残念ながら発注元とプロジェクト離脱日の調整となると話が変わってきます。契約や売上の話が関連してくるためです。私は一日でも早く離脱したかったため、もどかしくて仕方ありませんでした。

自社の先輩からは「9月末まで働いて10月を有休消化に充てることもできるのでは?」などという、人権を無視したとんでもないご提案を頂きましたが、呪いの言葉を飲み込んで拒否しました。

結論としては私の希望通り、8月はプロジェクトの状況と相談しながら有休を消化しながら引き継ぎ等を行い、8月末でプロジェクトを離脱。9月は完全に有休消化に充て、9月30日に保険証や社員証を返却。10月1日からは新しい会社で勤務といった流れに調整できました。

…とまあ、5月中旬から活動を開始して全て上手く事が運んだかのように思えますが、肝心の業務は相変わらずの状況でした。仕事は進まず残業は多い。

なんとか仕事をこなしながら離脱日を待ち望んでいたのですが、8月下旬にサーバ移行のリハーサルに対する振り返り資料のレビューを行った際、私がリーダーよりリハーサルが失敗したことを糾弾され、少し口論になってしまいました。この一件で自分の中に微かに残っていたモチベーションを完全に破壊されてしまったため、余ってしまう予定だった有休をこのタイミングで全て使うことにしました。

退職時の有休消化は時季変更権を実質無効化でき、労働者が自由に取得できるはずなのですが、残念ながら世間では必ずしもそう思われてはいません。発注元が手を回したのか、マネージャーから8月に残りの有休を全部使うのをやめるよう要請が来てしまいました。。当然お断りさせて頂きました。

そんなわけで円満退職とは程遠い状況になってしまいましたが、予定通り8月末でプロジェクトを離脱することができました。9月は有休完全消化によるバカンス(海外に行ってきました)を満喫し、無事に10月から新しい会社での勤務が始まったのでした。

余談ですが、9月下旬に行われた送別会にて、協力会社メンバーの一人も私と同時期に退職することを初めて耳にしました。ただ、彼はなんと自社の社長の圧力に負けてしまったことで有休を消化せずに退職し、10月から新しい会社で勤務するとのことでした。悲しすぎる。。

今の会社について

具体的には明かせませんが、SaaSで自社サービスを提供している会社になります。ハイスペックのデスクトップPCが与えられ、コーヒーやお菓子が無料でオフィス環境も非常に充実してますが、一番はまるで監視されているかのようだった進捗管理や何をするにも常に必要だったお伺いや調整事がなくなり、他のメンバーとフラットなコミュニケーションが可能な環境になったため、仕事が非常に進めやすくなりました。

今の会社でやってること

自社サービスの改修がメインです。フレームワークが非常に独特なので(Springベースと聞いてましたが面影がない…)慣れない部分もまだまだ多い状態ではありますが、開発自体はやっぱ楽しいです。もう少し手を早く動かせるようになりたいです。

これからどうするか

今後のキャリアについては正直模索している状況です。とりあえずインフラ周りはメンバーが少なく、運用を改善できそうな余地がありそうなので、そこで存在感を出していければなと思ってます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
TwitterライクなSNS、mstdn-amadeus.techの管理者です。 ITガジェットやバイクが好きです。 福岡市内でITエンジニアとして働いてます。 URL : https://mstdn-amadeus.tech/about
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。