見出し画像

一番搾り とれたてホップ生ビール で乾杯。 ~ day 481 (2020.11.04)

けんたろう/ろくろ
「 1000枚のビールのある風景 」
1000日間、毎日呑むビールの写真をあげながら、ビールそのものの話だったり、その日の出来事だったりを記事にしてます。
481日目。
これまでのログは → こちら

岩手・遠野で、今年収穫されたホップを使って仕込まれた、この時期だけの特別な「 一番搾り とれたてホップ生ビール 」。

今年で17年目を迎えるそうです。

画像1

フレッシュでフルーティーな香り。さわやかな風味。

収穫したホップをそのまま急速凍結、そして粉砕して麦汁に加えているとのこと。

ホップの産地として、遠野の地名を明記することには、開発者の産地に対する想いがあるようです。

地名を表記することで、遠野を知らない人が「どんなところだろう」と感じてもらうきっかけになる。それに、「とれたてホップ」という言葉でホップのフレッシュ感は伝わるので、“どこで穫れたか”という産地を表記することで、「とれたてホップ」という言葉の確からしさも上げたかったんです。

そしてその産地との連携も順調なようで、次は遠野でビールを造る、という次の段階に進もうとしています。

こんな記事を読んでいると、遠野に行ってみたいって思います。

現地では、とれいちって呼ばれてるんですね。ふるさと納税の対象になっていたり、より地域にコミットした存在のようです。

普段のビールでも、一番搾り率が高いのですが、しばらくはこのビールを呑むことになりそうです♪

ごちそうさま。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんたろう/ろくろ

記事を読んでいただき、ありがとうございます。 ♡をいただけたり、感想を書いていただけますと励みになります。 そしてオススメのビールがありましたら、ぜひとも教えてください♪ よろしくお願いします。

けんたろう/ろくろ
けんたろう あるいは ろくろ。 ビール好き。" 京都麦酒博覧会 " の言い出しっぺ。泡盛も好き。 商社と通販会社を経て、フリーの企劃屋。いろんなところのお手伝いをしています。みなさまの足りないピースを補えればと。さとなおラボ・関西1期生。