荻原 加寿美(洒落水引デザイナー)

伝統工芸とは一味違う、様々な現代的水引アイテムを制作しています。代々木にあるシェアオフィスの固定席にアトリエを構築中。書籍:「はじめての水引細工」/「やさしい水引細工12ヵ月」SHOP:https://mizuhiki.fashionstore.jp/
固定された記事

洒落水引について

改めて自己紹介します。水引デザイナーの荻原加寿美です。 水引職人だった祖母の影響を受けて水引を始め、2013年頃より様々な現代的水引アイテムを制作・販売しています。…

水引帯留開発記その2・帯を傷付けないためのデザイン

前回のnoteの続き。水引素材の特性を生かした帯留デザインを模索する日々。試作を繰り返した結果、基本のあわじ結びをアレンジしたこのデザインがまず完成しました。 あわ…

水引帯留開発記その1・素材の特性を考える

前回のnoteの続き。フォーマルな着物と普段着物があるように、祝儀袋や結納品だけではなく新しい用途の水引があっても良いのではないかと考え、まず帯留を作ることにしまし…

普段着物が気付かせてくれたこと

前回のnoteの続き。訪問着を着るために着付け教室へ通う一方で、普段着の着物というものの存在を知ったある日。その日を境に、私はすっかり着物に夢中になってしまったので…

(私の中の)着物と水引の関係

私が水引と出会ったのは24歳、自分の結納の時でした。 結納の日は母の振袖を着せてもらっていたのですが、他にも私の年頃で着るような着物がいくつかあるということで、祖…