公共施設マネジメント・学校給食・まちづくりとかいろいろ

元地方自治体公務員。NPO自治経営理事(FM担当)。学校給食マネジメントアドバイザー。…

公共施設マネジメント・学校給食・まちづくりとかいろいろ

元地方自治体公務員。NPO自治経営理事(FM担当)。学校給食マネジメントアドバイザー。公民連携アドバイザー(ふるさと財団) これからの学校給食事業に関する詳細や、まちづくりや産業振興と連動する学校給食について、そして時々、公共資産経営のあり方などについて発信していきます。

メンバーシップに加入する

学校給食について、いろんな角度からのディープな情報を届けます。学校給食の運営や学校での食育など、何らかの関係のある方がリアルを学べる場所にしたいと考えています。どうすれば、子どもたちが大好きな学校給食を持続可能な制度や事業として継続していけるのか、一緒に考えてくださる仲間に参加していただきたい。 メンバーシップに参加してくださる方には、調理場や民間事業者への視察や調査した概要や私の本音つぶやきなども、ご覧いただくことができるようにしたいと思います。よろしくお願いします!! 公共R不動産でのインタビュー記事もご覧ください! https://www.realpublicestate.jp/post/schoollunch-management/

  • スタンダードプラン

    ¥1,000 / 月

マガジン

  • 学校給食の今とこれから(メンバーシップ向けマガジン)

    テーマを設定して10本くらいで解説していく学校給食のお話し。学校給食を支える農業とのかかわりについて、いろいろ語っていきます。学校給食を通して、農業振興事業、食育、設計建設など様々な知っておくべき大事なことをお伝えできたらと思います。

  • 学校給食マネジメントアドバイザー・FMかおりんのお仕事

    いつものnote投稿から、私のお仕事内容がわかるような記事をまとめてみました。 私は、学校給食調理場の更新であるとか、学校給食事業をユニークな内容にしたいなど、新しい視点を持って挑戦したい方に伴走しながら一緒に考えていきたいと思っています。 地域の事情によって進め方は変わると思いますが、現在、一緒に頑張っている自治体様を事例として、どんなことを実際やっているのかを紹介していますので、これからの学校給食を考えたい自治体や事業者の皆様に読んでいただけると嬉しいです。

  • 海外の学校給食事情

    メンバーシップ向けマガジンの記事の中から、海外の学校給食事情に関する記事をまとめてみました。海外の国々のオーガニック推進政策との関連などにも触れていますので、ご覧ください。

  • 公共FM 〜自治体経営における資産管理を考える

    地方自治体の資産経営に関する記事や公共施設における断熱改修などについて少しずつ書いていこうと思います。これからの自治体運営において、資産をどうマネジメントしていくかは難しいけど、避けて通れないことなので、自治体職員だけでなく多くの方に関心を持っていただきたいと思っています。

  • 学校給食の今とこれから(2023年5月無料配信分)

    いろいろと学校給食のしくみは、わかりにくいなーと感じていて、それでもこれから学校給食はたぶん行政として継続して提供すべき大事なサービスだと思うので、皆さんに理解していただけるようにわかりやすい記事でお伝えしていきたいと思います。多くの方と一緒に考えていきたい!! なお、この無料マガジンでは、Stand FMの無料配信ラジオでも同じ内容を聴くことができるようになっています。ページトップからアクセスしてお聴きください。

最近の記事

#152 夏休み突入!家庭における調理時間について

さて、梅雨が明けたら連日38℃とかって猛暑が続いています。本当に暑いですね。学校は夏休みに突入しましたが、学校でも家でも暑いものは暑いわけですが、学校給食のない夏休みに子どもたちがどんな食事を摂っているのかは、気になるところですよね。今回は、家庭における調理に関するデータや情報を見てみようと思います。 コロナ禍で「おうちごはん」は増えたのか?アイランド株式会社が「コロナ禍における料理と生活の変化」をテーマにしたユーザーアンケートを2020年から定点調査した結果を公開していま

¥500〜
    • #151 学校給食における公民連携?発注方式の違い

      暑くなってきましたね。本当に夏は、猛暑であることとゲリラ豪雨などの水害が多くなってきたのは、やはり異常気象のせいなのでしょうかね。 昨日、7月18日は私の誕生日でして、ここまで年をとると「何がそんなにめでたいのか?」という感じではあるのですが、毎年誕生日が来ると「夏が来たぞ〜!」という感じになりますね。 倉敷市の新しい共同調理場を視察してきました!先日、私が関わっている宮崎市の給食担当の職員2名と共に、倉敷市の調理場を3ヶ所視察してきました。2年前まで一緒に仕事をしてきた、

      ¥500〜
      • #150 これからの学校給食がどうなるのか? AIに懸念する状況を示して聞いてみた!

        何回かに分けて、冷凍・レトルト・フリーズドライなどなどの加工技術が、学校給食を変える可能性について考えてきました。まずは、それぞれの技術がどれくらい普及していて、どのような調理技術であるのかをおはなししてきたわけですが、これらの技術を取り入れるデメリットは何なのか?可能性がどうなのか?についてAIと一緒に考えてみました。

        ¥500〜
        • #149 一次加工の可能性 〜野菜の粉末加工について

          皆さん、野菜のパウダーとかってご存知ですか? 赤ちゃんの離乳食や流動食しか摂取できない方などへの調理の活用が進んでいる印象なのですが、私も実際には家で使ったことがありません。しかし、最近プロテインなどを摂取する方も増えていて、一食置き換えダイエットととかでも使われていたりして、パウダー食がだんだんと身近になってきています。 なので、実情をちょっと調べてみました。 野菜をどうやってパウダー化するのか?まずは十分に洗浄して乾燥させます。乾燥させるやり方には、天日乾燥、機械乾燥、

          ¥500〜

        #152 夏休み突入!家庭における調理時間について

        ¥500〜

        マガジン

        • 学校給食の今とこれから(メンバーシップ向けマガジン)
          138本
          ¥500
        • 学校給食マネジメントアドバイザー・FMかおりんのお仕事
          5本
          ¥1,000
        • 海外の学校給食事情
          12本
          ¥1,000
        • 公共FM 〜自治体経営における資産管理を考える
          20本
        • 学校給食の今とこれから(2023年5月無料配信分)
          17本
        • 「Kaori姐さんのまちマネラジオ」note
          14本

        メンバーシップ

        • 書籍の紹介

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 一次加工シリーズ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 視察ツアーを企画しようかなと思っています

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 廃校活用が増えてきていますが、これは面白い!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 書籍の紹介

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 一次加工シリーズ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 視察ツアーを企画しようかなと思っています

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 廃校活用が増えてきていますが、これは面白い!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        記事

          #148 一次加工の可能性〜レトルト調理について(2)

          倉敷市の学校給食におけるアレルギー対応でレトルト加工を活用しようという取り組みは、元々アレルギー対応だけでなく、廃棄ロスへの対応や防災備蓄への適用についても、近い将来実現可能な取り組みになるだろう、という推測を元に少しずつ進めています。食べるものを開発するというのは、民間事業者でも安全性の確認を最優先で行っていますが、学校給食でのレトルト献立の開発も同じで、サンプルを作って保存年限と同じ期間保管した上で、検査を行うので、着手してから実際に子どもたちに提供できるまでは長い時間が

          ¥500〜

          #148 一次加工の可能性〜レトルト調理について(2)

          ¥500〜

          #147 一次加工の可能性〜レトルト調理について(1)

          今回は一次加工の可能性〜レトルト調理についておはなししたいと思います。実は、私が勤めていた倉敷市の倉敷中央学校給食調理場のアレルギー対応室には、レトルト調理器があります。正式名は「小型高温高圧調理機 達人釜」という洗濯機くらいの小さな調理器なのですが、これを導入するにあたっては、いろんなことを考えて設置し、おそらく日本の学校給食調理場では初めての導入事例になっていると思います。 レトルト市場について高温高圧調理器で作っている加工食品は、かなり昔から存在していて、缶詰製品も基

          ¥500〜

          #147 一次加工の可能性〜レトルト調理について(1)

          ¥500〜

          #146 一次加工の可能性〜「中食」について

          最近、よくニュースなどでも「中食需要に応じて。。。」などという言葉をよく耳にすると思います。特にコロナ禍でその需要が急速に拡大したんですが、その意味をちゃんと考えてみたいと思います。 「中食」って何?中食(なかしょく)とは、外食と内食の中間的な食事形態のことを指します。 ・テイクアウト:スーパーマーケット、コンビニエンスストア、弁当チェーン、デパ地下などで販売されている弁当、惣菜、調理済み食品などを購入し、自宅や職場などで食べるもの ・ デリバリー:ピザ、中華、寿司などの料

          ¥500〜

          #146 一次加工の可能性〜「中食」について

          ¥500〜

          #145 一次加工の可能性〜冷凍加工について

          調理場や外部施設で、どのような一次加工を施すのかというのは、食材の調達の話でもありますし、どう加工して保存するのかという厨房機器(道具)の選択の話でもあります。民間事業者と連携した学校給食調理を考えるのであれば、実際の調理場の設計に入る前に、地元の生産者や事業者との調整を行なって状況を把握して、「調理場施設を作ることによって、どんな新しいことができるのか?」を考えた方がいいですよね。 日本の冷凍食品市場について

          ¥500〜

          #145 一次加工の可能性〜冷凍加工について

          ¥500〜

          #144 一次加工の可能性〜食品乾燥加工について

          ドライフードの世界市場について日本では、保存食としてドライフードは結構馴染みがありますよね。切り干し大根、乾燥わかめ、干いも、干し椎茸などなど、昔から多用していて、「いい出汁が出る」とか「栄養が凝縮されている」などと言うイメージもあります。 世界的に統計を見ると、乾燥加工食品の市場は拡大していて、全体の1/3をドライフルーツが占めています。ドライフルーツは持ち運びやすく、栄養価が高く、スナックとして人気があるためのようです。 これから最も高い成長率になると予測されているの

          ¥500〜

          #144 一次加工の可能性〜食品乾燥加工について

          ¥500〜

          #143 1/3野菜をネーミングする商品

          野菜摂取の現状野菜の摂取を推進しましょう!という活動や事業が展開されていることは、皆さんご存知だと思います。今や、日本人の野菜摂取量はアメリカよりも低い状況になっていて、厚生労働省が野菜をもっと摂取しましょう、という広報を行なっています。 以前、noteでも日本人の塩分と野菜摂取量について記事を書いているので、よかったらご覧ください。びっくりしますよ。 野菜の摂取量が日本はとても少ない状況で、現在280gほどしか取れてないところを350gに増やしましょうという目標を掲げ

          ¥500〜

          #142 LAWSONの中長期戦略を覗いてみよう!

          林先生の初耳学!!先日、偶然ですがLAWSONの竹増社長が、林先生の初耳学という番組に登場していて、最近のLAWSONの営業戦略やこれからの挑戦についてとても興味深い話をしていたのを拝見して、ちょっと色々と調べてみました。 コンビニエンスストアの進化とこれから

          ¥500〜

          #142 LAWSONの中長期戦略を覗いてみよう!

          ¥500〜

          #141 学校給食事業とは? ハードから考えると従前の調理場コピーしかできない事情

          悩んでいる自治体からのご相談 調理場の老朽化が進んでいて、どうにかしたいから、一度話を聞かせてほしい、というご相談をいただくことが増えています。調理場だけでなく、公共施設全般に言えることなんですが、1970年代に多くの公共施設が建設されていて、それらが築50年を迎えている状況なので、老朽化しているわけです。 私にご連絡をいただくのは、建て替えをする、単独校方式の調理場を集約する、などを考えられている自治体がほとんどなんですが、相談を寄せてくださるのが、企画財政部門の方ばか

          ¥500〜

          #141 学校給食事業とは? ハードから考えると従前の調理場コピーしかできない事情

          ¥500〜

          #140 「地産地消率」って何?

          地産地消率を上げましょう!といつも言いながら、学校給食を提供しているわけなのですが、この地産地消率ってどうやって算出されているかご存知ですか?行政の施策の中で、農業分野だけでなく、健康推進を図る保健所などでも、地産地消率を伸ばすことを目標に掲げている自治体がほとんどだと思います。 学校給食でも、使用する食材が、どこで生産されているものかは必ずチェックした上で使用していますので、学校給食における地産地消率というのはかなり正確な数値を算出できる状態になっていて、それは県が取りま

          ¥500〜

          #139 道の駅で地元産の手作り漬物が一部販売できなくなる!!!

          道の駅の手作り漬物販売、何が問題なの?2024年6月から、道の駅などで販売されていた手作り漬物が、一部販売できなくなる可能性があります。これは、2021年に改正された食品衛生法の影響です。改正法では、漬物などの加工食品を製造販売する場合、以下の条件を満たした施設で製造する必要があります。 専用の製造室: 台所とは別の、衛生的な製造室を設ける必要があります。 衛生管理設備: 手洗い設備、消毒設備、換気設備など、衛生管理のための設備を備える必要があります。 HACCPの導

          ¥500〜

          #139 道の駅で地元産の手作り漬物が一部販売できなくなる!!!

          ¥500〜

          #138 栄養教諭の採用と配置

          学校の栄養教諭が足りない現状について昨年noteで解説していますので、よかったらご覧ください。 「学校栄養教諭」という資格について

          ¥500〜

          #137 カフェテリア形式のメリットを考えてみる

          学校給食の配膳ってどんな感じか?学校給食の配膳手順は、学校規模や地域などによって若干の違いはあるのですが、一般的には以下のような感じです。 1. 準備 給食当番は、エプロンや帽子などを着用し、手を洗います。 食缶やバットに入った給食と食器などが入ったカゴを、自分たちの教室に運んで、配膳台に並べます。 2. 盛り付け 給食当番は、それぞれのお皿に、主食、主菜、副菜、汁物などを盛り付けて、並んでいる各児童生徒が持つお盆に乗せる。アレルギーを持つ児童がいる場合は、個別に対応する必

          ¥500〜

          #137 カフェテリア形式のメリットを考えてみる

          ¥500〜