経営計画はなぜうまくいかないのか

17
記事

⑤最低限の負荷で最大限の効果を生み出す計画なんて存在するのか?

このマガジン「経営計画はなぜうまくいかないのか?」のもととなる書籍を書いたきっかけは、ある会社の経営企画部長からの相談でした。計画を作るときに...

④の12;計画に対するコミットメントを引き出す仕組みがない

計画を出して内容を確認するときには「頑張ります!」とは言うものの、会議室を一歩出れば「ふう、終わった」となる会社は多いです。

100

④の11;販売、在庫、生産、設備投資、資金、人員の計画連動が甘い

当たり前ではありますが、モノがよく売れれば、モノはたくさん用意しなければなりません。製造や小売であれば仕入れる資金も必要ですし、追加設備も必要...

100

④の10;KPIが細かくて多すぎて、運用できない

10年ほど前から「見える化」という言葉が生まれました。もともと概念はあったのですが、言葉としてわかりやいことで一気に広まったように記憶しています...

200

④の9;フォームとルールに依存する

会社組織が成長して大きくなるほど、管理業務が増えて来るのが通例です。成長している会社というのは当然資金的にも余裕が出ますので、管理系部門を始め...

100

④の8;計画を立てるという「手段」が「目的」となる

あくまでも立てた目標に向かってアクションを実行し、結果を出すことが目的であったはずです。

100

④の7;予算枠の過度な重視

体質の古い会社、大きな会社やきちんとした会社において見られるのが、何かアクションを取ろうとし、それに費用がかかる場合において、「計画(予算)に...

100

④の6;社内(アップサイド計画)と社外(ベース計画)を使い分けない

「売り上げはまあ、来年も横ばいで」なんて言われたら、社員としても「あ、それでいいんだ」と捉え、奮起しないということは容易に想像ができます。

100

④の5;具体的ステップへの落とし込みが甘い

計画を考えるうえでは、まずは5-10年後にどうなりたいという目標が立ちます。それを受けて、3年後、1年後、半年後はどんな状態であるべきなのか、そのた...

200

④の4;現実を客観視しない

いくら具体性を持ったストーリーを立てても、よくよく見ると「そうなったらいいな」がそのまま文字になっている状態になっていることがあります。客単価...

200