中沢光昭

㈱リヴァイタライゼーション 代表。経営者として業績低迷企業の再建・変革実績多数。また事業承継の受け手として小規模事業会社を所有。著書に『経営計画はなぜうまくいかないのか?』『事業承継による、中小企業を売却するときの基本』『会社員が一生モノの“実のある仕事”を創る方法』などがある。
    • 事業承継による、中小企業を売却するときの基本
      事業承継による、中小企業を売却するときの基本
      • 14本

      事業承継問題などで会社を売却しよう・他の人に引き継いでもらおうと考えた時に、売り手にとっては初めてのことでも、買い手や仲介会社にとっては経験値のあることが大半です。 情報格差があることで売り手側が一方的な損をしてしまうことを避けるために、売却を考え始めた場合に知っておくべき基本情報をまとめてあります。

    • 経営計画はなぜうまくいかないのか
      経営計画はなぜうまくいかないのか
      • 17本

      計画策定について、抽象的な「あるべき論」を読んでも、自社の個別事情に照らし合わせようとすると、「うちは特殊だから」といって途中で閉じてしまうことが多いと思います。本書では失敗パターンを示し、本来の考え方の大枠も示すことで、反面教師として使っていただきたいと思います。計画をどのように作っていくのがいいのか、運用していくのがいいのか、計画作成のプロセスにおいて間違った方向に進んでいないかを確認するネタ帳になれれば幸いです。

    • 会社員が一生モノの“実のある仕事”を創る方法
      会社員が一生モノの“実のある仕事”を創る方法
      • 21本

      事業承継問題を抱える会社を個人で引き継ぐ方法の基本的なことを網羅します。買うか否かの最大の基準は「自分が一生楽しめそうか否か」です。人生100年時代に、自分の興味のある仕事を一生確保しましょう。

ブログを統合していきます

自社ホームページの作成に伴い、そのサイト内のブログに移行していきます。 と言いながら、noteの方がアクセス数が多そうでもありますので、また舞い戻ってくるかもしれま…

中小企業のM&Aにおけるデューデリジェンス

2020年5月に執筆した㈱経営承継支援様のサイト内のコラム「M&Aの流儀」は、売却する会社のオーナーを読者対象としたコラムになっています。実は当初勘違いして、買い手側の…

100

アジアの空港からの移動手段の格差感を乗り越えて…

アジアに出張に行くと、格差ってものを感じます。あ、暮らしている人たちのではなくて、出張者のという意味です。 良い会社の人は、必ず現地スタッフなのか取引先なのかが…

学問のすすめ

私は昭和の人間なので、いまだにNewsPicksよりも、日経ビジネス・東洋経済・週刊ダイヤモンドを紙を読んでしまっています。これがまた重たいんですよね。でも可愛い?みた…

クラフトビールを安く楽しむ方法

今年1年を振り返った時に、地味にはやったものの1つに、クラフトビールがあるのかと思います。厳密には違う定義のようですが、地ビールとも呼ばれます。  大量生産大量販…

アメフトと暴走経営者

日大のアメフトの問題で連日メディアがにぎわっていますね。  だいたいにおいて監督が悪いとなっていますが、本来は、監督を雇って権力を持たせて放置してしまっている人…