見出し画像

「いい写真」って何だろう。

この日、私は写真を撮った。

桜が満開で、
良く晴れた、
暖かい日だった。


でも、桜が散っていても、
雨でも、
雪でも、
寒い日でも、
写真を撮っただろう。



ただ、この日は、たまたまそういう日だった。

毎日、幼稚園に通う。
母は、弁当作りに送り迎え。


毎日、汗だくになって、へとへとになるまで大好きなサッカーをする。
それに付き合う母も汗だく。

日が暮れるまで、ボールを追いかける毎日。
母は、そんな息子を追いかける毎日。



この日、私は写真を撮った。
私の感情が動いたから、写真を撮った。


私を感動させたのは、

移ろい変わってしまう儚いものと、


季節が変わっても、
天気が変わっても、
記念日もそうじゃない日も、
変わらずそこにある普遍的なもの。


両方だった。


その両方が写っている写真が、
私にとっての「いい写真」なのかもしれない。



数年後、数十年後、
この写真を見てくれた時に、
「移ろうもの」と「変わらないもの」
両方を感じてもらえたら
とても嬉しい。


そんな写真を、
届けたい。



撮らせてくれてありがとう。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

29
写真家/保健室の先生。双極性障害をテーマにした作品「夜明け前」で、第14回名取洋之助写真賞奨励賞を受賞。家族写真、ポートレートも撮っています。現在は産休中。 お問い合わせはHPからお気軽にどうぞ。 HP▷ https://www.yadokarimisao.com/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。