美濃加茂茶舗

日常に、小休止を。 慌ただしい毎日の中で 気づけばずっと「ON」になっていませんか。 ほんの数分の「小」休止が、次に進む原動力になります。 美濃加茂茶舗が提案するのは大きな休みではなく、 ON/OFFを切り替えるための「小」休止。 お茶は、現代人がうまく休むための道具です。

美濃加茂茶舗

日常に、小休止を。 慌ただしい毎日の中で 気づけばずっと「ON」になっていませんか。 ほんの数分の「小」休止が、次に進む原動力になります。 美濃加茂茶舗が提案するのは大きな休みではなく、 ON/OFFを切り替えるための「小」休止。 お茶は、現代人がうまく休むための道具です。

    マガジン

    • 美濃加茂茶舗マガジン

      2021年にマガジンタイトルを「三年鳴かず飛ばず」にリニューアル|働き方や消費行動において新しい価値観が広まってきた中で、読んでくれるみなさんと一緒に、この時代を生き抜くヒントを見つけられる連載にしていきたいです。ご意見・ご感想、お待ちしております。

    • お茶のこと、お店のこと、ブランドのこと

      美濃加茂茶舗のこと、お茶のことをお伝えしていきます。チャプターで飲んで欲しいおすすめのお茶もご紹介しています◎

    • コラボレーション

      ステキなブランドさんとのコラボレーション企画などについて。

    ストア

    • 商品の画像

      CHAPTER[チャプター]訳あり品①|CHAPTER[チャプター]「クレイベージュ(焼成時の色変化強め/ロゴ印字なし)」リモートワーク時代の100年使える湯のみ(専用箱付き)

      ==========数量限定で「訳あり品」の販売を開始します==========リモートワーク時代の100年使える湯のみ[チャプター]は、素材や製法の特性上、仕上がりに個体差が出やすい商品ですが、釉薬を施さず、土の風合いをそのまま活かした「クレイベージュ」は、特に個体差が出やすくなっております。今回販売するこの「訳あり品①」は、土を高温で焼き締めた際に起こる化学反応で、1、2枚目の商品写真のように黒い筋のような色の変化が強く現れたものです。「チャプターご購入に関する注意事項」のページ( https://minocamo-chaho.shop/items/601b95cc6e84d543c96cc491)でもご案内しているように、通常販売商品の中にも、同様に色味の個体差が発生している製品がありますが、「訳あり品」は、特に焼成時の色変化が強く現れているため、製造時の検品段階で、次のロゴ転写の工程が行われる前に廃棄予定となっていた製品でした。そのため、訳あり品では、ロゴが印字されていない状態での販売となっております。※訳あり価格として通常の20%OFFでの販売になります。※訳あり品は常にあるわけではなく、一定量生産すると数%の割合で発生するものなので、不定期でのご案内となります※個体差が現れている箇所、程度は製品ごとに異なります。※※こちらの商品は「訳あり品」につき、注意事項等をご確認の上、購入をご検討ください。返品対応はできません※※==========「訳あり品」の販売に至った理由==========焼き物は、一度焼いてしまうと土に還すことがことができません。販売に至らなかったものは廃棄されることになります。割れたり歪んでしまい、本来の用途で使用することが危険だったり難しいケースならまだしも、見た目に少し気になる点があるだけで使用上の問題が無いのであれば、それを許容してくれるお客様に販売したいと考えました。資源の枯渇が問題視される焼き物業界において、限り在る資源を使わせていただくブランドとして、微力ではありますが、製造上必ず発生してしまう「訳あり品」を販売することで廃棄量を少しでも減らすことができればと思います。賛同、ご理解いただける場合は、ご検討くださいますと幸いです。==========商品名の理由==========一般的に、このような商品は「B品」「欠陥品」と呼ばれることが多いと思います。しかし、この商品は欠陥があるわけではなく、あくまで"訳があって"販売を見送っていたケースであるため、その意図が伝わりやすい「訳あり品」という商品名で販売します。※「訳あり品」の中でも、色の変化が現れている箇所や程度には、個体差があります。そのため、気になる方は、事前にご確認いただけるよう、お届け予定の商品の写真をお送りいたしますので、ご希望の方は、商品ページ最下部の[このアイテムについて問い合わせる]からお問い合わせくださいませ。▼チャプターご購入に関する注意事項https://minocamo-chaho.shop/items/601b95cc6e84d543c96cc491==========いい仕事は、いい「一区切り」から。リモートワーク時代の100年使える湯のみ==========▼[チャプター]紹介ページ(美濃加茂茶舗のHPに遷移します)https://mchaho.com/chapter働き方に大きな変化が起きた2020年。リモートワークへの対応を余儀なくされる中で私たちの日常から移動する機会が激減しました。家庭から仕事場へ、プロジェクトからプロジェクトへ。当たり前に行なっていた移動が失われることで、アイデアを思いついたりヒントを得られるようないい「一区切り」が少なくなったのではないでしょうか。私たち美濃加茂茶舗は、暮らしやお仕事のシーンにいい「一区切り」をもたらす新しい習慣の一つとして日本茶を飲む行為を取り入れるられるよう、リモートワーク時代の新しい湯のみ[チャプター]を開発しました。>>>>>>>>>>>>>>>What is CHAPTER>>>>>>>>>>>>>>>▶一人分の煎茶を、デスクで飲む。その行為に最適な形を作りました蓋を開け、湯を注ぐ。茶葉を入れ、蒸らす。茶葉を取り出し、香りを楽しみながら飲む。これら一連の流れをスムーズに行える最小限の要素は何かを探り、たどり着いたのが「計量できる湯のみと、茶葉を置ける蓋」という構成でした。▶新しい時代の道具らしさと湯のみとしてのスタンダードさを両立機能性から導き出された 2 つの要素を、和にも洋にも、どんな空間にも馴染むミニマルな佇まいに落とし込みました。蓋を閉めた時には、新しい時代の道具として。蓋 を開けたときには、誰もが見たことのある湯のみとして。2つの佇まいが、日本茶を身近なものにします。▶素地なのに汚れず頑丈、湯量も測れる。100年使える多治見締め丸朝製陶所が誇る高温処理製法“多治見締め”により、素地のままでも頑丈さや汚れへの強さを実現しました。また、素地だからこそ実現できたエッジ加工により、内側には湯の適量位置が測れるラインが入っています。>>>>>>>>>>>>>>>“多治見締め”とは?>>>>>>>>>>>>>>>▶業務用食器の耐久性を実現する焼成方法“多治見締め”窯の中の酸素が足りない状態で1,300度の高温で焼き締める「還元焼成」の技術が、丸朝製陶所が誇る“多治見締め(たじみじめ)”です。一方、一般的に雑貨店などで売られている家庭用食器は「酸化焼成」で作られたもの。汚れにくさや強度は大きく異なります。還元焼成はコストも手間もかかりますが、どんな要望にも応えるOEMの世界一を目指す丸朝製陶所だからこそ採用している手法です。▶“多治見締め”のために選ばれた土今回使用したのは、還元焼成の良さを活かすために選ばれた良質な土。さらに、この土を密度高く、遊びがないように成形する技術があってはじめて多治見締めが実現します。[チャプター]は厳選された土、丸朝製陶所の職人による成形技術、そして多治見締めの掛け合わせが生んだプロダクトです。内側に釉薬をかけず素地の風合いを生かしたままこの耐久性を持つ湯のみを作れるメーカーは、今の日本にはほぼありません。>>>>>>>>>>>>>>>Produced by・・・>>>>>>>>>>>>>>>▶日常の道具を作り続けるクリエイティブユニット【 TENT】https://tent1000.com/index.html集中ばかりではなく、休憩したり雑談したり、ほっと一区切りしたときにこそ良いアイデアが生まれがちです。[チャプター]は、TENT が本当に欲しいと思える「アイデアを生み出すための日本茶」そして「日本茶のある仕事場の風景」の実現を目指しました。▶創業100年以上の老舗 岐阜県多治見市【丸朝製陶所】https://www.maruasa.jp/『カップ』を手にするあなたに幸せと喜びを提供する。をコンセプトに、マグカップ・コーヒー・ティーカップ&ソーサーを主体に業務用からブランド食器まで幅広く製造している磁器メーカー。一般的な焼き物以上の精度が求められる[チャプター]の製造は丸朝製陶所だ からこそ実現できました。▶クレイベージュ内も外も一周まるごと素地の、 ”多治見締め” を体現した存在。使い込むほどに表面のエイジングを楽しめます>>>>>>>>>>>>>>>詳細>>>>>>>>>>>>>>>・チャプター専用箱に入った状態でお届けします・湯量:約180ml(内側のラインまで注いだとき)・材質:磁器(吸水性がない)・電子レンジ/食洗機の使用可(※) ※食洗機の中で食器同士がぶつかり傷つく可能性はございます・オーブンは200℃まで使用可【注意事項】※焼き物の特性上、表面の細かい点やキズ、色の濃淡、釉薬の厚みが一定でない、若干のガタつきや歪み等が生じる可能性があります。また、本商品は密閉性はありません。※個体差が生じることをご了承の上、ご注文下さい。※クレイベージュは釉薬を施していない素地そのままの風合いを楽しめるカラーです。高温で焼き締める際に素材の中の鉄分が反応し、黒やオレンジなどの色がところどころに出現することがございます。出現範囲が大きいものなどは検品にて排除していますが、気になる際はお申し付け下さい。可能な範囲で交換対応を検討させていただきます。
      ¥3,503
      美濃加茂茶舗|日本茶専門店
    • 商品の画像

      CHAPTER[チャプター]訳あり品②「クリアグレー(釉薬欠け)」リモートワーク時代の100年使える湯のみ(専用箱付き)

      ==========数量限定で「訳あり品」の販売を開始します==========リモートワーク時代の100年使える湯のみ[チャプター]は、素材や製法の特性上、仕上がりに個体差が出やすい商品です。こちらの訳あり品②は、釉薬を施す際に釉薬がかかりきらなかった部分があり、わずかに素地の部分が残っている商品です。(該当箇所は、2、3枚目の商品画像をご確認ください)「チャプターご購入に関する注意事項」のページでもご案内しているように、通常販売商品の中にも、同様に個体差が発生している製品もありますが、「訳あり品」は、特に個体差が強く現れているため、検品段階で廃棄予定となっていた製品でした。その中から使用上の問題がなく、製品としての耐久性も損なわれていないものだけを「訳あり品」として販売しております。※訳あり価格として通常の20%OFFでの販売になります。※訳あり品は常にあるわけではなく、一定量生産すると数%の割合で発生するものなので、不定期でのご案内となります※個体差が現れている箇所、程度は製品ごとに異なります。※※こちらの商品は「訳あり品」につき、注意事項等をご確認の上、購入をご検討ください。返品対応はできません※※==========「訳あり品」の販売に至った理由==========焼き物は、一度焼いてしまうと土に還すことがことができません。販売に至らなかったものは廃棄されることになります。割れたり歪んでしまい、本来の用途で使用することが危険だったり難しいケースならまだしも、見た目に少し気になる点があるだけで使用上の問題が無いのであれば、それを許容してくれるお客様に販売したいと考えました。資源の枯渇が問題視される焼き物業界において、限り在る資源を使わせていただくブランドとして、微力ではありますが、製造上必ず発生してしまう「訳あり品」を販売することで廃棄量を少しでも減らすことができればと思います。賛同、ご理解いただける場合は、ご検討くださいますと幸いです。==========商品名の理由==========一般的に、このような商品は「B品」「欠陥品」と呼ばれることが多いと思います。しかし、この商品は欠陥があるわけではなく、あくまで"訳があって"販売を見送っていたケースであるため、その意図が伝わりやすい「訳あり品」という商品名で販売します。※「訳あり品」の中でも、釉薬の欠けが現れている箇所や程度には、個体差があります。そのため、気になる方は、事前にご確認いただけるよう、お届け予定の商品の写真をお送りいたしますので、ご希望の方は、商品ページ最下部の[このアイテムについて問い合わせる]からお問い合わせくださいませ。※※こちらの商品は「訳あり品」につき、注意事項等をご確認の上、購入をご検討ください。返品対応はできません※※▼チャプターご購入に関する注意事項https://minocamo-chaho.shop/items/601b95cc6e84d543c96cc491==========いい仕事は、いい「一区切り」から。リモートワーク時代の100年使える湯のみ==========▼[チャプター]紹介ページ(美濃加茂茶舗のHPに遷移します)https://mchaho.com/chapter働き方に大きな変化が起きた2020年。リモートワークへの対応を余儀なくされる中で私たちの日常から移動する機会が激減しました。家庭から仕事場へ、プロジェクトからプロジェクトへ。当たり前に行なっていた移動が失われることで、アイデアを思いついたりヒントを得られるようないい「一区切り」が少なくなったのではないでしょうか。私たち美濃加茂茶舗は、暮らしやお仕事のシーンにいい「一区切り」をもたらす新しい習慣の一つとして日本茶を飲む行為を取り入れるられるよう、リモートワーク時代の新しい湯のみ[チャプター]を開発しました。>>>>>>>>>>>>>>>What is CHAPTER>>>>>>>>>>>>>>>▶一人分の煎茶を、デスクで飲む。その行為に最適な形を作りました蓋を開け、湯を注ぐ。茶葉を入れ、蒸らす。茶葉を取り出し、香りを楽しみながら飲む。これら一連の流れをスムーズに行える最小限の要素は何かを探り、たどり着いたのが「計量できる湯のみと、茶葉を置ける蓋」という構成でした。▶新しい時代の道具らしさと湯のみとしてのスタンダードさを両立機能性から導き出された 2 つの要素を、和にも洋にも、どんな空間にも馴染むミニマルな佇まいに落とし込みました。蓋を閉めた時には、新しい時代の道具として。蓋 を開けたときには、誰もが見たことのある湯のみとして。2つの佇まいが、日本茶を身近なものにします。▶素地なのに汚れず頑丈、湯量も測れる。100年使える多治見締め丸朝製陶所が誇る高温処理製法“多治見締め”により、素地のままでも頑丈さや汚れへの強さを実現しました。また、素地だからこそ実現できたエッジ加工により、内側には湯の適量位置が測れるラインが入っています。>>>>>>>>>>>>>>>“多治見締め”とは?>>>>>>>>>>>>>>>▶業務用食器の耐久性を実現する焼成方法“多治見締め”窯の中の酸素が足りない状態で1,300度の高温で焼き締める「還元焼成」の技術が、丸朝製陶所が誇る“多治見締め(たじみじめ)”です。一方、一般的に雑貨店などで売られている家庭用食器は「酸化焼成」で作られたもの。汚れにくさや強度は大きく異なります。還元焼成はコストも手間もかかりますが、どんな要望にも応えるOEMの世界一を目指す丸朝製陶所だからこそ採用している手法です。▶“多治見締め”のために選ばれた土今回使用したのは、還元焼成の良さを活かすために選ばれた良質な土。さらに、この土を密度高く、遊びがないように成形する技術があってはじめて多治見締めが実現します。[チャプター]は厳選された土、丸朝製陶所の職人による成形技術、そして多治見締めの掛け合わせが生んだプロダクトです。内側に釉薬をかけず素地の風合いを生かしたままこの耐久性を持つ湯のみを作れるメーカーは、今の日本にはほぼありません。>>>>>>>>>>>>>>>Produced by・・・>>>>>>>>>>>>>>>▶日常の道具を作り続けるクリエイティブユニット【 TENT】https://tent1000.com/index.html集中ばかりではなく、休憩したり雑談したり、ほっと一区切りしたときにこそ良いアイデアが生まれがちです。[チャプター]は、TENT が本当に欲しいと思える「アイデアを生み出すための日本茶」そして「日本茶のある仕事場の風景」の実現を目指しました。▶創業100年以上の老舗 岐阜県多治見市【丸朝製陶所】https://www.maruasa.jp/『カップ』を手にするあなたに幸せと喜びを提供する。をコンセプトに、マグカップ・コーヒー・ティーカップ&ソーサーを主体に業務用からブランド食器まで幅広く製造している磁器メーカー。一般的な焼き物以上の精度が求められる[チャプター]の製造は丸朝製陶所だ からこそ実現できました。▶クリアグレーこの土と透明釉薬の掛け合わせでしか生まれない、このプロダクトならではのカラー。外側の磁器らしい艶感と、内側の素地のコントラストが魅力>>>>>>>>>>>>>>>詳細>>>>>>>>>>>>>>>・チャプター専用箱に入った状態でお届けします・表面はロゴあり/裏面はロゴなし・湯量:約180ml(内側のラインまで注いだとき)・材質:磁器(吸水性がない)・電子レンジ/食洗機の使用可(※) ※食洗機の中で食器同士がぶつかり傷つく可能性はございます・オーブンは200℃まで使用可【注意事項】※焼き物の特性上、表面の細かい点やキズ、色の濃淡、釉薬の厚みが一定でない、若干のガタつきや歪み等が生じる可能性があります。また、本商品は密閉性はありません。※個体差が生じることをご了承の上、ご注文下さい。※クレイベージュは釉薬を施していない素地そのままの風合いを楽しめるカラーです。高温で焼き締める際に素材の中の鉄分が反応し、黒やオレンジなどの色がところどころに出現することがございます。出現範囲が大きいものなどは検品にて排除していますが、気になる際はお申し付け下さい。可能な範囲で交換対応を検討させていただきます。
      ¥3,503
      美濃加茂茶舗|日本茶専門店
    • 商品の画像

      CHAPTER[チャプター]訳あり品①|CHAPTER[チャプター]「クレイベージュ(焼成時の色変化強め/ロゴ印字なし)」リモートワーク時代の100年使える湯のみ(専用箱付き)

      ==========数量限定で「訳あり品」の販売を開始します==========リモートワーク時代の100年使える湯のみ[チャプター]は、素材や製法の特性上、仕上がりに個体差が出やすい商品ですが、釉薬を施さず、土の風合いをそのまま活かした「クレイベージュ」は、特に個体差が出やすくなっております。今回販売するこの「訳あり品①」は、土を高温で焼き締めた際に起こる化学反応で、1、2枚目の商品写真のように黒い筋のような色の変化が強く現れたものです。「チャプターご購入に関する注意事項」のページ( https://minocamo-chaho.shop/items/601b95cc6e84d543c96cc491)でもご案内しているように、通常販売商品の中にも、同様に色味の個体差が発生している製品がありますが、「訳あり品」は、特に焼成時の色変化が強く現れているため、製造時の検品段階で、次のロゴ転写の工程が行われる前に廃棄予定となっていた製品でした。そのため、訳あり品では、ロゴが印字されていない状態での販売となっております。※訳あり価格として通常の20%OFFでの販売になります。※訳あり品は常にあるわけではなく、一定量生産すると数%の割合で発生するものなので、不定期でのご案内となります※個体差が現れている箇所、程度は製品ごとに異なります。※※こちらの商品は「訳あり品」につき、注意事項等をご確認の上、購入をご検討ください。返品対応はできません※※==========「訳あり品」の販売に至った理由==========焼き物は、一度焼いてしまうと土に還すことがことができません。販売に至らなかったものは廃棄されることになります。割れたり歪んでしまい、本来の用途で使用することが危険だったり難しいケースならまだしも、見た目に少し気になる点があるだけで使用上の問題が無いのであれば、それを許容してくれるお客様に販売したいと考えました。資源の枯渇が問題視される焼き物業界において、限り在る資源を使わせていただくブランドとして、微力ではありますが、製造上必ず発生してしまう「訳あり品」を販売することで廃棄量を少しでも減らすことができればと思います。賛同、ご理解いただける場合は、ご検討くださいますと幸いです。==========商品名の理由==========一般的に、このような商品は「B品」「欠陥品」と呼ばれることが多いと思います。しかし、この商品は欠陥があるわけではなく、あくまで"訳があって"販売を見送っていたケースであるため、その意図が伝わりやすい「訳あり品」という商品名で販売します。※「訳あり品」の中でも、色の変化が現れている箇所や程度には、個体差があります。そのため、気になる方は、事前にご確認いただけるよう、お届け予定の商品の写真をお送りいたしますので、ご希望の方は、商品ページ最下部の[このアイテムについて問い合わせる]からお問い合わせくださいませ。▼チャプターご購入に関する注意事項https://minocamo-chaho.shop/items/601b95cc6e84d543c96cc491==========いい仕事は、いい「一区切り」から。リモートワーク時代の100年使える湯のみ==========▼[チャプター]紹介ページ(美濃加茂茶舗のHPに遷移します)https://mchaho.com/chapter働き方に大きな変化が起きた2020年。リモートワークへの対応を余儀なくされる中で私たちの日常から移動する機会が激減しました。家庭から仕事場へ、プロジェクトからプロジェクトへ。当たり前に行なっていた移動が失われることで、アイデアを思いついたりヒントを得られるようないい「一区切り」が少なくなったのではないでしょうか。私たち美濃加茂茶舗は、暮らしやお仕事のシーンにいい「一区切り」をもたらす新しい習慣の一つとして日本茶を飲む行為を取り入れるられるよう、リモートワーク時代の新しい湯のみ[チャプター]を開発しました。>>>>>>>>>>>>>>>What is CHAPTER>>>>>>>>>>>>>>>▶一人分の煎茶を、デスクで飲む。その行為に最適な形を作りました蓋を開け、湯を注ぐ。茶葉を入れ、蒸らす。茶葉を取り出し、香りを楽しみながら飲む。これら一連の流れをスムーズに行える最小限の要素は何かを探り、たどり着いたのが「計量できる湯のみと、茶葉を置ける蓋」という構成でした。▶新しい時代の道具らしさと湯のみとしてのスタンダードさを両立機能性から導き出された 2 つの要素を、和にも洋にも、どんな空間にも馴染むミニマルな佇まいに落とし込みました。蓋を閉めた時には、新しい時代の道具として。蓋 を開けたときには、誰もが見たことのある湯のみとして。2つの佇まいが、日本茶を身近なものにします。▶素地なのに汚れず頑丈、湯量も測れる。100年使える多治見締め丸朝製陶所が誇る高温処理製法“多治見締め”により、素地のままでも頑丈さや汚れへの強さを実現しました。また、素地だからこそ実現できたエッジ加工により、内側には湯の適量位置が測れるラインが入っています。>>>>>>>>>>>>>>>“多治見締め”とは?>>>>>>>>>>>>>>>▶業務用食器の耐久性を実現する焼成方法“多治見締め”窯の中の酸素が足りない状態で1,300度の高温で焼き締める「還元焼成」の技術が、丸朝製陶所が誇る“多治見締め(たじみじめ)”です。一方、一般的に雑貨店などで売られている家庭用食器は「酸化焼成」で作られたもの。汚れにくさや強度は大きく異なります。還元焼成はコストも手間もかかりますが、どんな要望にも応えるOEMの世界一を目指す丸朝製陶所だからこそ採用している手法です。▶“多治見締め”のために選ばれた土今回使用したのは、還元焼成の良さを活かすために選ばれた良質な土。さらに、この土を密度高く、遊びがないように成形する技術があってはじめて多治見締めが実現します。[チャプター]は厳選された土、丸朝製陶所の職人による成形技術、そして多治見締めの掛け合わせが生んだプロダクトです。内側に釉薬をかけず素地の風合いを生かしたままこの耐久性を持つ湯のみを作れるメーカーは、今の日本にはほぼありません。>>>>>>>>>>>>>>>Produced by・・・>>>>>>>>>>>>>>>▶日常の道具を作り続けるクリエイティブユニット【 TENT】https://tent1000.com/index.html集中ばかりではなく、休憩したり雑談したり、ほっと一区切りしたときにこそ良いアイデアが生まれがちです。[チャプター]は、TENT が本当に欲しいと思える「アイデアを生み出すための日本茶」そして「日本茶のある仕事場の風景」の実現を目指しました。▶創業100年以上の老舗 岐阜県多治見市【丸朝製陶所】https://www.maruasa.jp/『カップ』を手にするあなたに幸せと喜びを提供する。をコンセプトに、マグカップ・コーヒー・ティーカップ&ソーサーを主体に業務用からブランド食器まで幅広く製造している磁器メーカー。一般的な焼き物以上の精度が求められる[チャプター]の製造は丸朝製陶所だ からこそ実現できました。▶クレイベージュ内も外も一周まるごと素地の、 ”多治見締め” を体現した存在。使い込むほどに表面のエイジングを楽しめます>>>>>>>>>>>>>>>詳細>>>>>>>>>>>>>>>・チャプター専用箱に入った状態でお届けします・湯量:約180ml(内側のラインまで注いだとき)・材質:磁器(吸水性がない)・電子レンジ/食洗機の使用可(※) ※食洗機の中で食器同士がぶつかり傷つく可能性はございます・オーブンは200℃まで使用可【注意事項】※焼き物の特性上、表面の細かい点やキズ、色の濃淡、釉薬の厚みが一定でない、若干のガタつきや歪み等が生じる可能性があります。また、本商品は密閉性はありません。※個体差が生じることをご了承の上、ご注文下さい。※クレイベージュは釉薬を施していない素地そのままの風合いを楽しめるカラーです。高温で焼き締める際に素材の中の鉄分が反応し、黒やオレンジなどの色がところどころに出現することがございます。出現範囲が大きいものなどは検品にて排除していますが、気になる際はお申し付け下さい。可能な範囲で交換対応を検討させていただきます。
      ¥3,503
      美濃加茂茶舗|日本茶専門店
    • 商品の画像

      CHAPTER[チャプター]訳あり品②「クリアグレー(釉薬欠け)」リモートワーク時代の100年使える湯のみ(専用箱付き)

      ==========数量限定で「訳あり品」の販売を開始します==========リモートワーク時代の100年使える湯のみ[チャプター]は、素材や製法の特性上、仕上がりに個体差が出やすい商品です。こちらの訳あり品②は、釉薬を施す際に釉薬がかかりきらなかった部分があり、わずかに素地の部分が残っている商品です。(該当箇所は、2、3枚目の商品画像をご確認ください)「チャプターご購入に関する注意事項」のページでもご案内しているように、通常販売商品の中にも、同様に個体差が発生している製品もありますが、「訳あり品」は、特に個体差が強く現れているため、検品段階で廃棄予定となっていた製品でした。その中から使用上の問題がなく、製品としての耐久性も損なわれていないものだけを「訳あり品」として販売しております。※訳あり価格として通常の20%OFFでの販売になります。※訳あり品は常にあるわけではなく、一定量生産すると数%の割合で発生するものなので、不定期でのご案内となります※個体差が現れている箇所、程度は製品ごとに異なります。※※こちらの商品は「訳あり品」につき、注意事項等をご確認の上、購入をご検討ください。返品対応はできません※※==========「訳あり品」の販売に至った理由==========焼き物は、一度焼いてしまうと土に還すことがことができません。販売に至らなかったものは廃棄されることになります。割れたり歪んでしまい、本来の用途で使用することが危険だったり難しいケースならまだしも、見た目に少し気になる点があるだけで使用上の問題が無いのであれば、それを許容してくれるお客様に販売したいと考えました。資源の枯渇が問題視される焼き物業界において、限り在る資源を使わせていただくブランドとして、微力ではありますが、製造上必ず発生してしまう「訳あり品」を販売することで廃棄量を少しでも減らすことができればと思います。賛同、ご理解いただける場合は、ご検討くださいますと幸いです。==========商品名の理由==========一般的に、このような商品は「B品」「欠陥品」と呼ばれることが多いと思います。しかし、この商品は欠陥があるわけではなく、あくまで"訳があって"販売を見送っていたケースであるため、その意図が伝わりやすい「訳あり品」という商品名で販売します。※「訳あり品」の中でも、釉薬の欠けが現れている箇所や程度には、個体差があります。そのため、気になる方は、事前にご確認いただけるよう、お届け予定の商品の写真をお送りいたしますので、ご希望の方は、商品ページ最下部の[このアイテムについて問い合わせる]からお問い合わせくださいませ。※※こちらの商品は「訳あり品」につき、注意事項等をご確認の上、購入をご検討ください。返品対応はできません※※▼チャプターご購入に関する注意事項https://minocamo-chaho.shop/items/601b95cc6e84d543c96cc491==========いい仕事は、いい「一区切り」から。リモートワーク時代の100年使える湯のみ==========▼[チャプター]紹介ページ(美濃加茂茶舗のHPに遷移します)https://mchaho.com/chapter働き方に大きな変化が起きた2020年。リモートワークへの対応を余儀なくされる中で私たちの日常から移動する機会が激減しました。家庭から仕事場へ、プロジェクトからプロジェクトへ。当たり前に行なっていた移動が失われることで、アイデアを思いついたりヒントを得られるようないい「一区切り」が少なくなったのではないでしょうか。私たち美濃加茂茶舗は、暮らしやお仕事のシーンにいい「一区切り」をもたらす新しい習慣の一つとして日本茶を飲む行為を取り入れるられるよう、リモートワーク時代の新しい湯のみ[チャプター]を開発しました。>>>>>>>>>>>>>>>What is CHAPTER>>>>>>>>>>>>>>>▶一人分の煎茶を、デスクで飲む。その行為に最適な形を作りました蓋を開け、湯を注ぐ。茶葉を入れ、蒸らす。茶葉を取り出し、香りを楽しみながら飲む。これら一連の流れをスムーズに行える最小限の要素は何かを探り、たどり着いたのが「計量できる湯のみと、茶葉を置ける蓋」という構成でした。▶新しい時代の道具らしさと湯のみとしてのスタンダードさを両立機能性から導き出された 2 つの要素を、和にも洋にも、どんな空間にも馴染むミニマルな佇まいに落とし込みました。蓋を閉めた時には、新しい時代の道具として。蓋 を開けたときには、誰もが見たことのある湯のみとして。2つの佇まいが、日本茶を身近なものにします。▶素地なのに汚れず頑丈、湯量も測れる。100年使える多治見締め丸朝製陶所が誇る高温処理製法“多治見締め”により、素地のままでも頑丈さや汚れへの強さを実現しました。また、素地だからこそ実現できたエッジ加工により、内側には湯の適量位置が測れるラインが入っています。>>>>>>>>>>>>>>>“多治見締め”とは?>>>>>>>>>>>>>>>▶業務用食器の耐久性を実現する焼成方法“多治見締め”窯の中の酸素が足りない状態で1,300度の高温で焼き締める「還元焼成」の技術が、丸朝製陶所が誇る“多治見締め(たじみじめ)”です。一方、一般的に雑貨店などで売られている家庭用食器は「酸化焼成」で作られたもの。汚れにくさや強度は大きく異なります。還元焼成はコストも手間もかかりますが、どんな要望にも応えるOEMの世界一を目指す丸朝製陶所だからこそ採用している手法です。▶“多治見締め”のために選ばれた土今回使用したのは、還元焼成の良さを活かすために選ばれた良質な土。さらに、この土を密度高く、遊びがないように成形する技術があってはじめて多治見締めが実現します。[チャプター]は厳選された土、丸朝製陶所の職人による成形技術、そして多治見締めの掛け合わせが生んだプロダクトです。内側に釉薬をかけず素地の風合いを生かしたままこの耐久性を持つ湯のみを作れるメーカーは、今の日本にはほぼありません。>>>>>>>>>>>>>>>Produced by・・・>>>>>>>>>>>>>>>▶日常の道具を作り続けるクリエイティブユニット【 TENT】https://tent1000.com/index.html集中ばかりではなく、休憩したり雑談したり、ほっと一区切りしたときにこそ良いアイデアが生まれがちです。[チャプター]は、TENT が本当に欲しいと思える「アイデアを生み出すための日本茶」そして「日本茶のある仕事場の風景」の実現を目指しました。▶創業100年以上の老舗 岐阜県多治見市【丸朝製陶所】https://www.maruasa.jp/『カップ』を手にするあなたに幸せと喜びを提供する。をコンセプトに、マグカップ・コーヒー・ティーカップ&ソーサーを主体に業務用からブランド食器まで幅広く製造している磁器メーカー。一般的な焼き物以上の精度が求められる[チャプター]の製造は丸朝製陶所だ からこそ実現できました。▶クリアグレーこの土と透明釉薬の掛け合わせでしか生まれない、このプロダクトならではのカラー。外側の磁器らしい艶感と、内側の素地のコントラストが魅力>>>>>>>>>>>>>>>詳細>>>>>>>>>>>>>>>・チャプター専用箱に入った状態でお届けします・表面はロゴあり/裏面はロゴなし・湯量:約180ml(内側のラインまで注いだとき)・材質:磁器(吸水性がない)・電子レンジ/食洗機の使用可(※) ※食洗機の中で食器同士がぶつかり傷つく可能性はございます・オーブンは200℃まで使用可【注意事項】※焼き物の特性上、表面の細かい点やキズ、色の濃淡、釉薬の厚みが一定でない、若干のガタつきや歪み等が生じる可能性があります。また、本商品は密閉性はありません。※個体差が生じることをご了承の上、ご注文下さい。※クレイベージュは釉薬を施していない素地そのままの風合いを楽しめるカラーです。高温で焼き締める際に素材の中の鉄分が反応し、黒やオレンジなどの色がところどころに出現することがございます。出現範囲が大きいものなどは検品にて排除していますが、気になる際はお申し付け下さい。可能な範囲で交換対応を検討させていただきます。
      ¥3,503
      美濃加茂茶舗|日本茶専門店
    • もっとみる

    最近の記事

    • 固定された記事

    廃業危機の最中に継いだ家業。僕らは、カップで人の願いを叶える世界一になる〈前編〉|丸朝製陶所 松原圭士郎さん

    こんにちは、美濃加茂茶舗です。 ———成功したと言われている人たちにも、“飛ぶまでの三年"があったはず。 美濃加茂茶舗マガジン「三年、鳴かず飛ばず」は、ゲストの鳴かず飛ばず時代の考え方や過ごし方についてお聞きし、今を生きるヒントを見つけていく連載です。 今回のゲストは、美濃加茂茶舗のオリジナルプロダクトである100年使える湯のみCHAPTER[チャプター]を製造していただいている丸朝製陶所の代表 松原さんです。(前編・後編に分けてお届けします) ▲リモートワーク時代の

    スキ
    157
      • ひとりでも戦える。そんな強い「個」が集まった組織でありたい〈後編〉|MAISONETTE Inc. 山本雄平さん

        こんにちは。美濃加茂茶舗です。 美濃加茂茶舗マガジン「三年鳴かず飛ばず」。今回のゲストは「メゾネット」代表の山本雄平さんです。前編では、起業のきっかけやメゾネットらしさについて、山本さんが物事を判断するときの基準などをお聞きしました。 後編は、メゾネットの組織論や、失敗の捉え方についてです。 聞き手は、美濃加茂茶舗の伊藤と松下です。 あとちょっと良くするために。喜んでもらうために。納得するまでやり続ける人たちの集まり伊藤:メゾネットの特徴として「諦めない」というワード

        スキ
        148
        • ひとりでも戦える。そんな強い「個」が集まった組織でありたい〈前編〉|MAISONETTE Inc. 山本雄平さん

          こんにちは、美濃加茂茶舗です。 ———成功したと言われている人たちにも、“飛ぶまでの三年"があったはず。 美濃加茂茶舗マガジン「三年、鳴かず飛ばず」は、ゲストの鳴かず飛ばず時代の考え方や過ごし方についてお聞きし、今を生きるヒントを見つけていく連載です。 今回のゲストは、星ヶ丘の「TT” a Little Knowledge Store(トド アリトル ナレッジ ストア)」や栄の「maison YWE(メゾン イー)」など人気の飲食店を経営するとともに、スタイリングや撮影

          スキ
          33
          • 「美濃加茂茶舗便り」を始めました。月替りの定期便でお届けしたお茶の解説に加え、知っておきたいお茶の豆知識などをご紹介しています

            ・茶葉の定期便 ・ティーバッグの定期便 には、毎月の東白川村の様子を知っていただき、村を訪れたような気分を味わっていただけたらと思い、月替りで「今月の景色」ポストカードを同封しています。 10月号からは、さらに「美濃加茂茶舗便り」もお届けすることになりました。 「美濃加茂茶舗便り」では、定期便でお届けしたお茶の内容に加え、日本茶の知っておきたい豆知識などをご紹介していきます。 ※TBの定期便と茶葉の定期便ではお届け内容が異なるため、一部内容も異なっています。 10

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 美濃加茂茶舗マガジン
            美濃加茂茶舗
          • お茶のこと、お店のこと、ブランドのこと
            美濃加茂茶舗
          • コラボレーション
            美濃加茂茶舗
          • 美濃加茂茶舗のオリジナルプロダクト
            美濃加茂茶舗
          • イベントレポート
            美濃加茂茶舗

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【申し込みは11/3(水)まで】定期便11月号|東白川村と三重県産の異なる特徴の「かぶせ茶」飲み比べセット

            美濃加茂茶舗店長であり日本茶インストラクターが選ぶ茶葉を月替りでお届けする美濃加茂茶舗のお茶の定期便(茶葉タイプ)。 / 11月号は 岐阜県東白川村と三重県四日市市水沢(すいざわ)町の 個性の異なる2種類の「かぶせ茶」をお届けします \ (1)11月にお届けする茶葉のご紹介  11月は、美濃加茂茶舗のお茶が栽培される岐阜県東白川村と、「かぶせ茶」の生産量が日本一を誇る三重県四日市市水沢町(すいざわちょう)で栽培された2種類の「かぶせ茶」をお届けします。 🍵かぶせ

            【茶葉の定期便】10月号からサービス内容をリニューアル!入会特典として、お申し込み初月は「WORKERS'BOX」に梱包してお届け

            / 茶葉の定期便【10月号】から! 新規お申し込みの方向け入会特典が始まります  \ ==================== 入会特典として、お申し込み初月は デスクを整理して仕事に集中できるワークツール「WORKERS'BOX」に 梱包してお届けすることになりました ==================== 10月号の締切は、10/6(水)です。 茶葉の定期便 リニューアル内容について こんにちは 美濃加茂茶舗です。 美濃加茂茶舗おすすめの茶葉を毎

            スキ
            2

            廃業危機の最中に継いだ家業。僕らは、カップで人の願いを叶える世界一になる〈後編〉|丸朝製陶所 松原圭士郎さん

            こんにちは。美濃加茂茶舗です。 美濃加茂茶舗マガジン「三年鳴かず飛ばず」。今回のゲストは丸朝製陶所 代表の松原さんです。前編では、焼き物が好きではなかった松原さんが、どうして家業を継ぎ、倒産の危機にあった会社をどのように立て直してきたかをお伺いしました。 後編は、丸朝製陶所の特長を生かしたプロダクト[チャプター]開発のお話と、「MADE IN TAJIMI」に込めた思いについてお伝えします。 松原圭士郎さん|丸朝製陶所 4代目社長/グローバルカップディレクター/コーヒー

            スキ
            106

            淹れる温度でお茶の味わいはどう変化する?日本茶の成分や効能について

            こんにちは。美濃加茂茶舗の伊藤です。 美濃加茂茶舗では、月に一度、名古屋にあるオリジナル家具のショールーム&インテリアショップ「エイトタウン」で日本茶ワークショップを開催しています。 ワークショップは、毎月テーマを変えて実施しています。5月は「温度で味わいが変わる日本茶を楽しむワークショップ」と題し、淹れる温度で変化するお茶の味わいと、日本茶の成分・効能についてご紹介しました。 今回のnoteでは、5月に開催したワークショップの内容をまとめてご紹介していきます。 講師

            スキ
            9

            想いなら、海を越えられる。| 海外にも、日本茶で仕事にいい「一区切り」を。 [チャプター]2度目のクラファンを始めます

            訪日できない海外の方に日本のプロダクトと想いを届けるプラットフォーム「Japan Tomorrow」で、クラウドファンディングを開始しました。昨年Makuakeでリリースしたリモートワーク時代の100年使える湯のみ[チャプター]を、今度は海外へ届けるプロジェクトです。 美濃加茂茶舗の国内向けオンラインショップでは通常配送対応ができていない、アメリカやヨーロッパを含む海外への配送を、このクラファンにて承ります。 海外にお住まいのお知り合いが居たら、ご紹介いただけたら嬉しいで

            スキ
            5

            設立一周年。感謝の気持ちを「煎茶×ハーブ」に込めて。|美濃加茂茶舗のお茶の定期便4月号

            3月27日に、美濃加茂茶舗は独立して一周年を迎えました。たくさんの人に応援していただきこの日を迎えられたこと、感謝申し上げます。 一周年の感謝の気持ちをなにか伝えられないかと考え、毎月定期便をご利用いただいている皆さまに、いつもとは一味違った美濃加茂茶舗を楽しんでいただけたらと初めてのハーブティーをお届けすることに致しました。 今日はこの一年の振り返りと、2021年度最初の商品となる「煎茶×ハーブ」に込めた想いをお伝えします。 丁寧に伝えられるスピードで無理のない商品展

            スキ
            127

            挫折が紡ぐ、自分だけのストーリー|伊藤園 角野賢一(後編)

            こんにちは。美濃加茂茶舗です。 テーマをリニューアルした美濃加茂茶舗マガジン。「三年鳴かず飛ばず」初回のゲストは伊藤園の角野さんです。前編では角野さんが感じた挫折や、その中で「面白い」と感じたきっかけについてお聞きしました。 後編では角野さん流の「面白い」を、さらに深掘っていきます。 角野賢一さん|株式会社伊藤園 広告宣伝部 デジタルコミュニケーション室 2001年株式会社伊藤園に入社、2005年に海外研修生として1年間NYに赴任。
その後、日本に帰国し、国際部、経営企

            スキ
            163

            挫折が紡ぐ、自分だけのストーリー|伊藤園 角野 賢一(前編)

            こんにちは。美濃加茂茶舗です。 ちょうど一年前に最後の更新をしてから止まっていた美濃加茂茶舗マガジン。この度、再始動致します。これまでのマガジンは「違いを面白がる人」をテーマに、店長の伊藤が人生の先輩のもとを訪れ、読者のみなさんと一緒に「本物」を考えて行く連載をしてきました。 しかし、2020年の春、美濃加茂茶舗は独立。インタビューでお会いした皆さんから「本物」について教えてもらっていた伊藤は店長から代表になり、自身のブランドとして美濃加茂茶舗を運営する立場となりました。

            スキ
            79

            配送時の外箱を、デスクで使える収納ボックスに。働く人のための日本茶定期便『WORKERS'Break』始まります

            こんにちは。美濃加茂茶舗です🍵 2020年もあと数日で終了ですね。色々あった一年でした。本当にお疲れさまでした! 今年は皆さん少なからず、働き方が変化したのではないでしょうか?在宅ワークの環境を整えるために良い椅子やライトを買ったり、おうち時間のためのサブスクを始めたなんて人もいらっしゃると思います。 そんな在宅ワーク推進中の人に使って欲しい商品を、元旦から予約販売します。デスク周りの環境を整え、心と体も整える定期便。その名も『WORKERS'Break』です! ※今

            スキ
            12

            美濃加茂茶舗のお茶の時間_〈清ざね茶園〉_深蒸し煎茶「姫椿」

            日本茶を暮らしや仕事中の習慣にしてもらうための日本茶情報をお届けする番組「美濃加茂茶舗のお茶の時間」。音声配信アプリのstand.fmにてお届けしております。お茶を片手にゆるっと聞いていただけたらと思います。 第10回_〈清ざね茶園〉_深蒸し煎茶「姫椿」 第10回目に紹介するのは、鹿児島県で主に深蒸しのお茶を生産している「清ざね茶園」さんの深蒸し茶「姫椿」です。 「姫椿」は昨年の『日本茶アワード』で最高位であるプラチナ賞を受賞したお茶のひとつ。昨年は「さえみどり」という

            スキ
            2

            2020年のXmasギフトは“内側”に目を向けて。〈Foo Tokyo×美濃加茂茶舗〉が提案する冬の夜の小休止。

            11月27日(金)から販売開始となった、Foo Tokyo(フートウキョウ)と美濃加茂茶舗のコラボギフト「リラックス ホーム ギフト」。 ▼ホリデーコレクションのページはこちら 今回Foo Tokyoとのコラボギフトを販売するのは全3ブランド。菅原工芸硝子、ジョンマスターオーガニック、そして美濃加茂茶舗です。 リラックス ホーム ギフト に込めた想いと共に、今回のコラボレーションに至った経緯や、ブランドとしての共通点について、Foo Tokyo代表の桑原 真明さんと美濃

            スキ
            14

            美濃加茂茶舗のお茶の時間_〈平岡園〉_三富紅茶 ティーバッグ

            日本茶を暮らしや仕事中の習慣にしてもらうための日本茶情報をお届けする番組「美濃加茂茶舗のお茶の時間」。音声配信アプリのstand.fmにてお届けしております。お茶を片手にゆるっと聞いていただけたらと思います。 Makuakeでのクラウドファンディングを応援していただいた皆さま、ありがとうございました! これまでは、クラファンに合わせて美味しいティーバッグのお茶をご紹介してきましたが、今後は茶葉・ティーバッグに限らず、全国の美味しいお茶をご紹介していきます! 第9回_〈平岡

            スキ
            2