月次資金繰り表のエクスポートの効率的な使い方
見出し画像

月次資金繰り表のエクスポートの効率的な使い方

資金繰り管理システムmilestone公式

みなさんこんにちは、株式会社HIFASです。

今回は、「月次資金繰り表のエクスポート」のご紹介と、効率的な使い方について書いていきます。

月次資金繰り表のエクスポート機能について

まず、「月次資金繰り表のエクスポート」の機能を簡単にご説明します。

スクリーンショット 2021-11-12 11.50.35

月次資金繰り表のエクスポートは、PDFとcsvで出力できます。
エクスポートする際、取引先の表示の有無が選択できます。
PDFでの1回の出力は最大12ヶ月分となっており、csvでの出力は最大10年分となっております。

効率的な使い方について

csvで出力した場合、出力後にお好みで編集が可能です。
金融機関等が指定している資金繰り表のフォーマットがある場合は、csv出力後に、作成したい形の資金繰り表に編集することができます。

手順

①出力したい期間を指定する
②csvで出力し、取引先の表示を「有」にする
③出力したcsvを編集する

csv出力後に取引先を編集したり、表示順を入れ替えたり、行を削除することもできますので、作成したい資金繰り表が完成します。


スクリーンショット 2021-11-12 11.58.49


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!!
資金繰り管理システムmilestone公式
株式会社HIFASが提供する資金繰り管理システムmilestoneの公式ブログです。 代表である公認会計士姫野省吾のブログはこちらにお引越ししました。 →https://himeblo.com/