「書きたい」と「書ける」のジレンマ【1】

「やりたいこと」で生計を立てるのは難しいです。

楽しく仕事をするっていうのは、やりたいことだけをやるっていうこととは違います。

未経験ライターの場合、「やりたいこと」だけでは生計を立てられません。

しかしわたしは、「書きたいこと」もあきらめきれません。

「書きたいこと」を仕事として書けるようにするために、「書きたい」と「書ける」を区別した上で、手を打ってみました。

この続きをみるには

この続き: 1,830文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

未経験からフリーライターになるまでの葛藤を書いたコラム20本のつめあわせマガジンです。フリーランスだからこその悩み、クラウドソーシングを使…

または、記事単体で購入する

「書きたい」と「書ける」のジレンマ【1】

マツオカミキ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
マツオカミキ

スキもサポートも、とても嬉しいです!励みになります!

スキ、ありがとうございます!
10
自分らしく、楽しく生きるのがモットー。考えるのと書くのが仕事。ここでは「書く」について更新しています。著書『心をいやす2人キャンプ』芸術新聞社より発売中。