マツオカミキ

自分らしく、楽しく生きるのがモットー。考えるのと書くのが仕事。ここでは「書く」について更新しています。著書『心をいやす2人キャンプ』芸術新聞社より発売中。
    • はじめての出版までの道のり
      はじめての出版までの道のり
      • 11本
      • ¥500

      まったくの未経験から「書くこと」を仕事にするようになった自分が、はじめての本を出すまでの話。もう二度とないかもしれないし、せっかくなので書き残しておきます。ノウハウというよりは、記録です。「本を出すことが気になる」「本づくりってどんな感じなんだろう」と思っている方、良かったらどうぞ!【3月23日『心をいやす2人キャンプ』芸術新聞社より発売】

    • フリーライターになるまでの葛藤の日々
      フリーライターになるまでの葛藤の日々
      • 21本
      • ¥500

      未経験からフリーライターになるまでの葛藤を書いたコラム20本のつめあわせマガジンです。フリーランスだからこその悩み、クラウドソーシングを使っていて思うこと、SNSを使う時に考えていることなど、自分の経験談&ノウハウも含めつつ、基本はエッセイ的なアレです。公の場に書けない本音を書きます。 【20本更新済み、新規更新はありません】

    • 4年目ライターのWebに関する問題提起
      4年目ライターのWebに関する問題提起
      • 11本
      • ¥500

      ライター4年目に突入し、Webとかメディアについて、もう一度しっかり考えたくなりました。その考える過程を「問題提起」として10本の考察文にまとめたいと思います。エッセイよりはちょっと固くて、かといって「こうすべき」みたいなモノではなく「わたしはこう考えてみた」という感じ。合計10本を3月の水曜日&木曜日に配信します!

    • ウラバナシ月報【2019年1-4月号】
      ウラバナシ月報【2019年1-4月号】
      • 13本
      • ¥500

      ブログやTwitterには書けないことをコソっと話す場所。ライター業やその他活動のウラバナシ、今動いている&これからやる企画を、まずシェアしたいな。マツオカのウラバナシが知りたい方向け。最低月2~3回更新。こちらを1回ご購入いただければ、1~3月までのnoteは全部読めます。

    • 取材ライターの頭の中
      取材ライターの頭の中
      • 13本
      • ¥1,800

      どうやって取材記事を書いているのか?マツオカミキの場合を、まとめました。全10回。セミナー1回分ぐらいのボリューミーなマガジンです。

著書をはじめて発売してみて【10】

いよいよこの連載も、このnoteでさいごです。 最終回では、発売日前後の話や、本づくり全体を通して感じたことなどをまとめます。 ――― ここから有料となります。 単…

250

ついに入稿!最後が一番大変だった話【9】

2020年1月、続々と書籍レイアウトが送られてきて、いよいよ終盤。 個人的には、最後の1カ月が一番大変でした…! ――― ここから有料となります。 単記事でも購入でき…

250

書籍レイアウトや著者プロフィールの話【8】

3月19日、『心をいやす2人キャンプ』発売しました! 本日(20日)から、早いところでは書店に並んでいるようです。 わたしの方で把握している取扱店は、こちら。 ・丸…

250

原稿の仕上げと告知・書店営業の話【7】

2019年11月に初稿をだいたい書き終わり、12月には仕上げ作業を。 1章ずつ書いている間は、全体が見えないのでとても不安だったんです。 ようやく初稿をすべて書き終えて…

250

書籍の挿絵や写真は、どうするの?【6】

今回の本づくりのなかで、最も心配だったのが「挿絵」と「写真」でした。 というのも。 どちらも自分で用意することになっていたのですが… ――― ここから有料となり…

250

原稿執筆中のあれこれ【5】

8月に書籍の執筆を開始し、初稿を書き終えたのが11月。今回は、その間の話を。 執筆の作業は、普段から使っているGoogleドキュメントで。 普段のWeb記事執筆もWordやGoog…

250