bliss

さきほど、香水についてのツイートを見て思い出した話。

2009年、社員旅行があって、沖縄に行った。

その会社は体育会系で、基本的にはみんな仲が良かったから、初日の宴会でやばい上司が隣に座った以外は全部楽しい旅行だった。巨大なヘビを首に巻いたり、ドライブしたり、美ら海水族館に行ったりと、ただただ遊んだ。

さて、そんな旅行が終わり、空港で免税店を見ていたときのこと。

bliss

という単語を目にして足が止まった。

それは、SALVATORE FERRAGAMOのIncantoシリーズの香水。その時期に発売が開始されたのか比較的大きくコーナーが展開されていた。

この言葉には「至福」とか「最上の幸福」という意味がある。私がもっとも好きな英単語だ。あまり聞きなれない人もいるかもしれない。有名なところでいくと、マイケルジャクソンのHeal the Worldの歌詞に、In this bliss we cannnot feel Fear of dreadて部分がある。小室哲哉がプロデュースしたdosの曲でmore kissというものがあるんだけど、そのカップリング曲のタイトルも"bliss"だった。

好きな曲にも使われている、好きな言葉の名前を冠した香水に興味を持ったのでテスターを使ってみた。

トップはユズ、クムクァット、アップル。
ミドルはフリージア、ウォーター・リリー、ワイルド・ローズ。
ラストはムスク、サンダルウッド、シダーウッド。

ベリーなどの甘い香りは得意ではないのだけど、これは好きな香りだった。最上の幸福を身にまとえたら幸せなことだなと、その場で購入。

これもまた私にとっては、 #人生を変えた出会い  だと思っている。

それから約10年、ずっと、それを使っている。仕事に行くときはつけないし出かけるときも忘れるし、インカントシリーズのボディミストが発売になってて(香りは別)そちらも気に入ってるので、そちらをつけることも多いから、使用頻度はかなり少ない。というのも、もうすでに廃盤となっているため、まず探すのが大変なのだ。見つけたとしても、高値になっている。そんなわけで購入当時のようには使えなくなった。

その会社もすでに退職し、人間関係も大きく変わった。

あのころも、つらいことが多かったけど楽しかった。でも、今も、つらいことはあるけれど、幸せだなと感じることの多い日々だなと思っている。「このうえなく幸せ」と感じることは当時より増えたかもしれない。

幸せって結局は自分次第だ。自分が決めるしかない。同じような環境にいても人によって感じかたは違うから。

私はよくネガティブだといわれるし、実際他人と比べるとそうかもしれない。だからこそ、ちいさな、ひとつひとつの幸せを大切にしているつもりでいる。時の流れと共に、何もかもが、どんどん変わっていく。そういう日々の中で、いま、幸せだと感じるもの、好きだと感じるものを、常に大事にしていけたらいいなと、心から願っている。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
7
フリーライターです。 noteは気楽に書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。