弓削 徹『短い言葉を武器にする』@2019年12月フォレスト出版新刊

弓削 徹コピーライター、マーケティングコンサルタント。広告代理店を経て独立。ソニー、サントリー、IBM、JTなど2200社のCMからPOPまでの企画、コピーライティングを担当して売上拡大に貢献。著書に『キャッチコピーの極意』など。www.yugetoru.com

ブレインストーミングを成功させる方法

会議に参加した人がその場でアイデアを出し合うブレインストーミング、いわゆるブレストは広告会社などでは日常のことです。しかし、一般の会社ではなじみのない人も多いと...

都合の悪い事実を明かす

一般の会話において、親密度を深めるステップの1つに自己開示があります。自分のウィークポイントや過去の失敗、現在抱えている悩みなどを打ち明けることで、親しさの度合...

相手に選ばせる・決めさせる

たとえ部下であっても、頭ごなしの命令は通りづらい時代です。私自身が20代の頃を振り返っても、指示された仕事の理由や狙いを聞かないと動く気がしませんでした。  さら...

提案にネーミングすると注目される

キャッチコピーと似ているけれど、やはり違うのがネーミング。  商品やサービスにおいて、その特長や用途、メリットを端的なフレーズに煮つめたものであり、キャッチコピ...

相手にとってのメリットをゴールにする

顧客企業などに向けて商談やプレゼンをする場合、相手が期待する成果やメリットは明白であることがほとんどでしょう。  たとえば、「新商品の市場導入を成功させたい」「...

正面から否定せずに反論する

声が大きいだけの人の意見、あるいは現場感覚がなくなっているのに以前のように意見を押しつけてくる上司など、跳ね返さなければ誤った結論を導き出してしまう意見がありま...