マガジンのカバー画像

ビートルズ初心者がマニアを黙らせるための最新ウンチク集

38
『音で読み解くビートルズ史』のチェックポイント、それは全曲バイブルに書けなかった「ミックス違いから見えてくるビートルズ史」です。 ブラウザで読めば普通のマガジン、拙作アプリFo… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

もしも伝記作家が音楽に詳しかったらシリーズ (いきなり最終回)

ジョージは1958年2月にクオリーメンのステージを見て、翌3月に加入する。

そして「B7を教えてもらう為にポールとバスで出向いていった」という逸話が生まれる。

つまりこの時点で彼らが知っていたコードはC,D,E,G,A(+D7,E7,G7,A7)くらいだったと思われる。これでもバディホリーを筆頭にレパートリーにできる曲はたくさんあった。

B7を手に入れたクオリーメンに何が起こったか?

ポー

もっとみる

Yesterdayオリジナル スコア

Yesterdayのためにマーティンとポールが書いたとされる楽譜を鳴らしてみました。
https://youtu.be/A2NqdrPJQkE

実際のレコードとは微妙に違うので、この後に手直しされているようです。

【雑学:ルイソンさんからハウレットさんへ】

音源比較で判る余計な情報、とは言え資料を利用する上では需要なポイントでもあるのですが。

マークルイソンさんの衝撃的な本「レコーディングセッションズ」が出版されて以来、ビートルズ研究は細部まで探求できるようになりました。
一方でその事が逆に記述間違い(つまりルイソンさんの弱点)を洗い出す事にも繋がりました。

同書では、転載したレコーディング記録(誤記は除く)、集められた関係者の証言、テープに残さ

もっとみる

番外編 『GET BACK』から『LET IT BE』へ

これは今夏に確かめたい仮説です。

史実を時系列で詰めて行くと、「69/12/5 ローリングストーンズがアルバム『LET IT BLEED』をリリース」がとても興味深いタイミングなのが分かります。

グリン・ジョンズが11月まで関わっていた同アルバムが、ビートルズの映画タイトル変更(『GET BACK』⇒『LET IT BE』)に影響した可能性は高そうに思えます。

何と言っても前タイトル曲Get

もっとみる

30.69年9月、ビートルズの解散が伏せられた理由は?

ビートルズの最後の1年間の重要人物にアレン・クライン(Allen Klein)がいます。楽曲制作に直接関与することはありませんでしたが、ビジネスマネージャーとしてリリース物をコントロールすることになります。

クラインはゲットバックセッションが行われていた1月下旬に登場しています。
グリン・ジョンズによると、ミーティングでジョンがクラインをマネージャーとする事を提案したのが始まりです。この時、ポー

もっとみる

29.ジョンの演奏をこっそりと直すマーティン

最初にジョン&ポールとマーティンの不思議な関係から触れます。これをどの程度「傾向」と捉えて良いのか分かりませんが、以下のような事例があります。

64年冬、Can't Buy Me LoveのサビからAメロに移る箇所のコードはマーティンが変更しました。
現代では誰でも知っているⅡm - Ⅴ - Ⅰ の進行ですが、当時のジョンとポールは理論に疎かった様子を窺わせます。
この時は師であるマーティンが作

もっとみる

28.グリン・ジョンズのアルバム『GET BACK』がボツになった時期は?

ゲットバックセッションでは大量のオールディーズが録音されていますが、これは他のアルバムセッションでも普通に行われていた制作風景と思われます。
撮影は1月に完了したものの、実質的な完成品は10曲ほどしかなくアルバム制作には曲不足でした。

グリン・ジョンズはアップルスタジオでの録音分でアルバムを作る事を提案しますが、ビートルズは新曲を追加する選択します。この結果2月〜4月にかけてレコーディングは継続

もっとみる

27.シングルGet Backを制作したのは誰?

今年の話題、ゲットバックセッションですが、情報があやふやなのが難点となっています。その主たる原因は記録の整備されているアビイロードを離れて作業した事です。
マーク・ルウィソーン氏はEMIの収支資料からレコーディング過程を掴もうとしたようです。

現在判明している情報の大半はブートレッグを根拠としています。それをどの程度信用するかは各自の判断ですが、少なくとも今夏にはオフィシャル情報が提供される事に

もっとみる

26.誰のためのBirthday?

68年9月18日、スタジオに一番乗りしていたポールはBirthdayのリフを弾いており、全員が揃うとその場で曲を書いてバッキング・トラックを録り終えました。
一旦、ポール宅に移動して映画を観て、戻ってきてから曲を仕上げたと言うのが公式情報です。

この時期に誕生日が一番近いのはジョンの10月9日ですが、ポールは「特に誰かの誕生日だったかどうかは思い出せない。」と語っています。一方でジョンは「50年

もっとみる

25.ホワイトアルバム収録曲の中で、曲の冒頭部分を後ろに繋いでエンディングにしたのはYer Blues と何?

Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey
この答えを出してもらうには「ビートルズで一番長い曲名は?」とする方が一般的で分かりやすいナゾナゾだと思います。
当初はFor(“Everybody's Got Something To Hide Except For Me And My Monkey”)が入っていたのでもっと長かった

もっとみる

24.Revolution vs Ob-La-Di, Ob-La-Da ジョンとポールのスピードアップ合戦、結末は?

Revolutionネタ3部作の完結編はシングルまでの紆余曲折です。

68年7月(?)のミュージックライフ誌が「ビートルズの新曲は『リヴォルーション』」と予告しています。
時期的にはRevolution 1だった可能性が高く、同時期(7月上旬)のB面候補となるとOb-La-Di, Ob-La-Daくらいでしょう。

リメイクを繰り返したOb-La-Di, Ob-La-Daですが、7/9にようやく

もっとみる

23.聴きたくないけどみんな大好きRevolution 9

「ベーシックトラックを使わなかった曲は?」と訊いたら突然難問になってしまいます。これもまた2年前に明らかになったばかりの事実です。

最初に知った情報こそ自分にとっての真実であり、高が音楽に真相はどうでも良くて楽しめたら充分、と考えるのは自然です。現代人は他にも考えなければならない事がたくさんあるのですから。
それでも面白さを使えたい、となるのがこの曲です。特にアーティスト志望の人には参考になるで

もっとみる