なぜ笑顔の仕事をしようと思ったか・・・
見出し画像

なぜ笑顔の仕事をしようと思ったか・・・

仙台みちヨガ

私は3つの頃からアトピーです。
30歳過ぎて悪化して
脱ステロイド治療に踏み切りますが
更に悪化し、顔も体もボロボロになりました。

脱ステを初めてすぐ、目しか動かなくなりました。

少し動くだけで顔や身体から浸水液が出てしまうんです。

浸水液が出ると、それはもう痒くて痒くて・・・

真夏に暖房をつけてガクガク震えるほど自律神経も狂い、
仕事も出来なくなってしまいました。

そんな日々が5年間続き、先の見えない状況に流石に気持ちが落ち込み

友人に相談。

彼女の勧めで東京の皮膚科医と出会い治療をガラッと変え、薬と運動療法を始め回復しました。


東京の皮膚科医に初めて会った時
『正直、こんなに酷い人に初めて会いました。5年も良くがんばりましたね。』と言われました。


そして、こんな事も言われました。


『もっと驚いたのは、こんなに酷い状態なのに気持ちが前向きな事に驚きました。普通、ここまで酷いと、メンタルがやられてしまうのですが…』と。

皮膚が崩壊し5年間、目しか動かなくて、年中不眠状態で、掻いても掻いても襲ってくる痒みとの闘いの中で泣きながら、でも希望を持ち続けられたのは



母の笑顔でした。



毎晩夜中に起こされて私の背中を力一杯ゴシゴシ掻いてくれて
皮膚がびっしりついたシーツを毎日毎日取り替えてくれて
ご飯もマクロビやヴィーガンを取り入れてくれて素材も厳選してくれて
部屋との往復で(私の部屋が二階なので)
6キロ痩せてもダイエットになったといってくれて
顔も誰だかわからないくらいぐちゃぐちゃになった私を

『大丈夫、大丈夫』と笑顔で支えてくれました。

私は母の笑顔があったから

がんばれた。

そう確信しました。


笑顔って想像以上のパワーを持っていると思います。
私も母のように笑顔を大切に生きようと思いました。

治療も順調に進み
3ヶ月ほどで『普通の生活』ができるようになりました。

東京の皮膚科医に「ヨガもいいよ。」と言われ、ヨガを習い始めます。

初めてのヨガ体験で
驚いたのは呼吸が浅い!!
深い呼吸が全然出来ない、苦しい!!
と感じました。

それからほぼ毎日通い、数ヶ月後
深い呼吸が出来た瞬間、体の中の『巡り』を感じました。


気持ちいい✨


体と向き合う事の大切さを実感し

ヨガインストラクター養成スクールに通いインストラクターになりました。

その一年後、顔ヨガとの出会いがあり
迷いなくインストラクターの資格を取りにいきました。

というのも、笑顔の大切さをずっと感じていたからです。


顔が動くと心も動く
心が動くと顔も動く


どっちが先だっていいんじゃないか?
むしろ、心を変えるのは時間がかかるけど、

顔からアプローチする方が

明るく楽しく前向きに、早く心の変化も感じられるのではないか。

表面(化粧など)をなんとかするのではなく

まずは

「根本的な土台を磨く。」


しかもやり方を覚えたら

『一生自分でメンテナンスしてあげられる』

凄く良い!!と思いました。


表情が豊かになると
心も豊かになる。


はじめは自分のためだけでもいい。


でも、母のように自分ではなく


「相手のために笑顔をギフトする人」が

沢山増えていったらすごいよなぁ〜✨


そして何より、世の中の人が顔に自信をもって


キラキラした笑顔で生きれたら人間関係ももっと良くなるし


一生に一度の人生をより楽しく生きられますよね。


そんな想いでこの仕事をしています。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい!ありがとうございますー♡
仙台みちヨガ
『あなたの笑顔が人生を変える』 アトピーで苦しんだ5年間、ぐちゃぐちゃになった顔を毎日みて『もう社会に戻れないかも』と本気で思った。どん底から奇跡の出会いで復帰して気付いた事がある。『母の笑顔』に支えられていたこと。笑顔はあなたと誰かを幸せにする最高のサプリメント♡