名取 道治 Michihari NATORI

小説家。1997年鎌倉生。東大法卒。 道治 =「新たに道路を開くこと、またその人」(広辞苑) *土田康彦(日本を代表するヴェネツィアン・ガラス・アーティスト)『The Voice』「刊行に寄せて」執筆 仕事のご依頼:michihari.natori.note@gmail.com
固定された記事

わが覚悟をみよ (小説:1日31音更新)

 昨今の世は、不安の時代である。この不安は、ネット社会を反映した、現代人の動揺ではないか。ネット社会は「ふつうが何か」を可視化した。さらに、ふつうの人生にはどん…

絵具と血 (小説)

誰が誰だか分からない人混みに揉まれたい。 美大を中退して広告企業の企画部に勤める男は、痩せ細った身を抱いて目をつむった。ネットに住所を貼り、「誰でも可」と人間を…

岩なれども母なり (小説)

 母のいない私からすると、日本庭園の橋の手前にある、丸まった人のような花崗岩に、母というものが見えていた。この家を取り仕切る父の母、つまり、私の祖母に、服従を見…

秋葉原 後編 (小説)

 わたしたちは、地上に降りると、東京のはげしい日照りを浴びる。その日は、太陽から降りて来た自然光というより、ビルをつらねる電気街に乱反射した、上からも、下からも…

秋葉原 前編 (小説)

 君よ。アニメを観るか。観なくたって何ということはないさ。メイドカフェに行ったことがあるか。行かなくたって何ということはないさ。  しかし、アニメやメイドカフェ…

はねかえる声 (小説)

 私の今日の仕事は、官房長官会見を聴くことである。官房長官が何を言ったのか、記者からどんな質問があったのか、記録するのである。 「各位 本日午後の官房長官会見の…