Kieli
[カレリア民話] ばあさんと鍋(AKKA I KATTILA)
見出し画像

[カレリア民話] ばあさんと鍋(AKKA I KATTILA)

Kieli

ばあさんと鍋

はるか昔、じいさんとばあさんが暮らしていました。彼らには釜鍋が1つと、とてもみすぼらしい小屋があるだけでした。じいさんが亡くなりました。ばあさんと鍋が残りました。ばあさんはお粥が欲しくなりました。ばあさんが扉から出ようとすると、鍋が叫びました。
―オイラを(使いに)行かせておくれよ!

鍋は出発すると転がり、金持ちの家の前に転がりこみました。そこへ(その家の)夫、妻、使用人が草刈りから戻ってきました。彼らはお粥を作ろうとしましたが、鍋がありませんでした。おじいさんは大声で言いました。
―鍋が門の前にあるぞ、鍋が捨てられている!

それから妻は鍋を取りあげると、お粥を作り始めました。鍋がテーブルの上に置かれました。彼らは食器を用意はじめました。鍋はテーブルから跳びおり、自分の家の門の前へと転がっていくと、ばあさんに言いました。
―門を開けておくれよ!

ばあさんは門を開けました。鍋をテーブルに乗せ、お粥をとってお皿に移すと、鍋をつかみ洗って、ペチカの炉口前に置きました。それから、ばあさんは言いました。
―バターが欲しいね。

ふたたび鍋はバターを探しに行かされました。鍋は出発すると、ふたたび門の前へと転がっていきました。そこでは年をとったおばあさんが、バターをかき混ぜていました。おばあさんはバターをかき混ぜていましたが、それを入れるものがありませんでした。それからおばあさんは、食器を借りに隣の家へ行こうとしました。すると、門の前に鍋があるのを見つけました。その鍋を取りあげ、その中にバターを入れました。おばあさんはバターを洗い(水分を絞り出し)、塩を加え、テーブルの上に置きました。鍋はふたたび跳びおり、自分の門のところまで去っていくと、ばあさんに叫びました。
ー門を開けておくれよ!

ばあさんは、お粥をバターとあわせて食べると、(鍋を)かまどに上がって言いました。
―夫が欲しいね。

鍋は転がり出ていきました。転がって、転がって、堆肥置場に転がってきました。そこへおじいさんがやって来るのを見ました。おじいさんは鍋があるのを見ると、鍋にクソをしに行きました。おじいさんが鍋にクソを出そうとしたとき、鍋はおじいさんのお尻をつかまえました。鍋は転がり、おじいさんは叫びました。鍋は自分の家の門の前まで転がると、ふたたびばあさんに向かって叫びました。
―門を開けておくれよ!

ばあさんは、鍋の中のおじいさんを見ました。それからおじいさんに向かって言いました。
―さあ、かまどに上がっておいで。

AKKA I KATTILA

Elettih muinoin ukko da akka. Heilä oli yksi kattila da pirtti paha-paha. Ukko kuoli. Akka da kattila d'iäd'ih eloh. Akalla rubezi himottamah huttuo. Akka läksi ovešta, kattila karjuu:
- Anna mie lähen!

Kattila läksi, vieröy, vieröy toizen bohatan talon edeh. Sieldä tuldih niitolda ukko, akka da kazakat. Ruvettih huttuo keittämäh, heilä kattiloa ei ni ollu. Ukko rubezi huhuomah:
- Kattila on veräjän ieššä, ragaičetta kattiloida!

Siidä akka otti kattilah, rubei huttuo keittämäh. Noššettin kattila stolalla. Ruvettih ašteida panomah. Kattila hyppäzi stolalda da rubezi vierörnäh oman veräjän edeh. Karjuu akalla:
- Avua veräjät!

Akka avazi veräjän. Nošti kattilan stolalla, otti hutun, piäšti aštieh, otti kattilan, pezi da pani hingalolla...
Siidä akka šanou:
- Himottau voida.

Tuaš kattilan työndäy voida eččimäh. Kattila läksi da vieri tuaš veräjän edeh. Sielä vanha akka voida kolauttau. Akka voin kolautti, ei ole ni mihi piäštyä. Siidä läksi toizesta talosta aštetta kyžymäh. Kaččou - kattila on veräjän ieššä, ottau žen kattilan da voin piäštäy ših kattilah. Akka pezi voin da šuolazi, pani šiidä stolalla. Kattila hyppäzi tuaš da läksi vierömäh oman veräjän luo. Karjuu akalla:
- Avua veräjä!

Akka šöi huttuo voin keralla, nouzi kiugoalla da šanou:
- Ukkuo himottau.

Kattila läksi vierömäh. Vieri, vieri vierahalla šittatungivolla. Kaččou, tulou ukko ulloš. Ukko kaččou, täššä on kattila, pidäy kattilah ulloštauduo. Hiän kun rubezi kattilah šittumah, kattila i puuttu peržieh. Kattila vierömäh, ukko karjumah. Kattila vieri oman veräjän ed'eh. Akallah tuaš karjuu:
- Avua veräjät, akka!

Kaččou-ukko kattilašša. Siidä šanou akka ukolla:
- Nouže poigeš kiugualla.

単語

huttu [名] 粥, オートミール
niitto [名] 草刈り場, 刈取り
rakaija [動] 投げる, 放り出す, 身を投げる, 飛び出す
kolavuttoa [動] カタカタ音を立てる, 打ちつける, 撹拌する
suolata [動] 塩漬けにする, 塩をきかせる
šitta [名] 肥料
tunkivo [名] 倒すこと, 堆積, 山, ゴミ捨て場
ulostuo [動] 排泄しに行く, 排泄する, 大便をする
šittuo [動] 排泄する, 大便をする
perše [名] お尻

出典

所蔵:ロシア科学アカデミー カレリア学術研究所(KarRC RAS)
採取地:ケミ地区のポドゥジェミエ村
採取年:1934年
AT 591

日本語出版物

日本語での出版物は見当たりません。

つぶやき

あはは、変な話ですねぇ。お尻まるだしで転がるおじいさん・・・想像したくはありませんが、民話ならではの描写です。

主人公を「ばあさん」、連れてこられた男性を「おじいさん」と訳していますが、「妻」、「夫」と訳すこともできる語なので年齢幅は広いですし、そこまでお年寄りではないでしょう。

最後のばあさんのセリフはとっても意味深です。
「かまどの上」は、かまど(ペチカ)の温もりを生かした寝台スペースですから、つまり・・・お誘いしているわけですね。

話型591「泥棒鍋」にあたる話ですが、魔法的要素は薄く、暮らしの中の願望がこめられている気がします。

>> KARJALAN RAHVAHAN SUARNAT(カレリア民話)- もくじ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Passipo! Kiitoš! ありがとうございます!
Kieli
自分の基盤であるフィンランド,憧れやまないカレリア。多くの伝統を共有しながらも,その伝統が異なる方向へと新たに「創造」されていく双方文化から目が離せません。しばらくは主にカレリア語独学記録,カレリア民話の和訳、ときどき伝統楽器カンテレやカレリアの音楽について綴っていきます。