「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【ヨーロッパ女一人旅】8カ国23都市を列車で移動する2ヶ月間のまとめ

Mai Hasegawa

今念願かなって2ヶ月間(一人旅は1ヶ月半)にわたる西ヨーロッパ周遊をしているところです。

いくつかのトピックに分けて、ヨーロッパ周遊に関するネタを自分の記録のためにも、そしてあわよくば誰かの参考になればいいかなという気持ちでnoteを更新しようと思います。

まず1本目は、今回の1ヶ月半の一人旅全体の振り返りです。どんな感じで旅行していたのか、治安や、お金、ライフスタイルについて書いています。

ちなみに私はまだ学生なので、できるだけお金はかけない旅を心がけました(とはいえめちゃくちゃお金はかかった笑)。

もっと節約しようと思えばできると思いますが、あくまでも"わたしの"一人旅という温かい目線で読んでいただけると嬉しいです😌


1.そもそも旅行に行こうと思った理由

高校三年生の時に、大学1~3年の間に単位を取り終えて、その期間にバイトなり何なりで貯金したお金を、大学4年生の時にしかできない経験に(ほぼ)全投資しよう!と決めていました。

最初は漠然としていたのですが、だんだん長期間の海外一人旅をしたいと思うように。

が、予定は未定。
単位を取り終えるどころか、コロナで海外旅行にもいけず何もかも予定は崩れ笑

ただプラスの意味で予定とは大きく異なったのは、コロナによって思ったよりも貯金できたこと。

そして、単位が足りなかった&就活を1年先延ばしにしたことで、またもや予定はプラスの方向にずれ、行けないと思っていた海外旅行にも情勢的に徐々に行けることに。(賛否あるかと思うが)

留年&就労を決めて、周りと1年の差がつくことが決まった時はブルーになったけど、全てはこのためだったのかと思えるぐらい、色んなことがプラスに転換しました🤣

ということで、念願かなってヨーロッパにいるというわけです笑

本当は東ヨーロッパの方が今後行く機会も少なそうだし…と思っていたのですが、これまたウクライナの件で東は何があるかわからないし。友達が何人か住んでいたり、留学してることとかも重なり西ヨーロッパに行くことを決めました。

個人的に自分探しの旅とか存在しないと思ってるので、旅の目的は娯楽です笑

よく言えば視野を広げるとか、教養を深めるとかですかね笑😅

まあ留学じゃないので、そんな真面目な目的は特にないです。とはいいつつ好奇心はだいぶ旺盛な方だと思うので、毎日あっちゃこっちゃ色んなところに行って楽しんでいます笑

娯楽の目的は果たしてる🥳


2.ざっくりとしたルート

ルートは友達と現地で会ったりする都合もあって、全く参考にならないと思いますが私のルートはこんな感じです。

イタリア
・ヴェネチア:友達の留学が終わる都合で一番最初に
・フィレンツェ:滞在中にボローニャに日帰り旅行)
・ローマ
・ミラノ

ドイツ
・ミュンヘン:ノイシュヴァンシュタイン城に行く目的
・フランクフルト
→フランクフルトは行く予定なかったんですが、この時期ミュンヘン空港とヒースロー空港がロストバゲージ多発とニュースになっていたので、リスクヘッジのためにフランクフルト経由でイギリスに行きました。

↓飛行機①

イギリス
・ロンドン:友達に会いに❤︎
・ブライトン:友達も1ヶ月滞在していた🥺

ベルギー
・ブリュッセル
→3日間いるには暇だったので…
 アントウェルペン(日帰り旅行)
 ブリュージュ→ゲント(日帰り旅行)

フランス
・パリ

スペイン
・バルセロナ
・コルドバ
 グラナダ(日帰り旅行)
 セビーリャ(日帰り旅行)
・マドリード

↓飛行機②

オランダ
・アムステルダム
(日帰りでどこかへ行くかも?)

最後はYoutubeの撮影でギリシャに行き、ギリシャから日本に帰ります!

最後なぜスペインからオランダという謎ルートを辿るかといいますと、オランダで一旦一人旅を終了した後、またイギリスに戻り撮影がそこから2週間ほど始まるからです・・🤫

これも念の為ヒースロー空港を避けるべく、オランダを一人旅最後の終着点にしました!オランダからまた電車でロンドンに行きます◎


3.旅行の概要

概要とは?という感じですが、友達に聞かれたことをまとめました笑

グラナダ(スペイン)にあるアルハンブラ宮殿:パルタル宮

・仕事について

リモートで仕事をする前提で今回旅行をしています。基本は朝めちゃくちゃ早く起きて昼過ぎまで仕事をしてから、午後は観光したり好きなことしてます。

全く迷惑かけていないかと言われると、YESとは言い切れませんが、いろんな方にサポートしてもらいながら実現できたことなのでとても感謝しています…😭アリガトウゴザイマス

・言語について

ヨーロッパはあんまり英語通じないとも聞いていたんですが、全然英語でいけてます。田舎の駅とかだと通じないですが、その時はGoogle先生に頼ってます👩‍🏫

英語でいけてますと言っても、留学経験もないし、会話は日常会話レベル🤣

まあでも、TOEIC750程度のザコレベルでも全然一人でなんとかなります笑 というかなってる。
言語が心配で…という悩みは全くいらない!挨拶とお礼と笑顔さえできればなんとかなると思います🫶🏼

ちなみに4年間やってたスペイン語は全く意味がありませんでした。(再履もしたのに…)

・荷物について

荷物はキャリーケース大きいの1つ。
あとは機内持ち込み用のリュックでずっと旅行しています。

・食事について

当初は基本自炊するつもりでいたんですが、キッチン付きのエアビを借りるほうがはるかに割高で…基本は外食、作ってもサラダ程度です。

ただオートファジーダイエット(16時間以上空腹時間を作る)を再開したので、食事回数は平均すると1日1.5回ぐらいです笑

・洗濯について

私トップスの面積は比較的小さめなので(笑)、トップスと下着は手洗いです。
ズボンやワンピースなどはコインランドリーかホテルにランドリーサービスがついていたら課金!

あとは今の時代とっても便利で、レジャー用のつけおき洗濯袋があるのでこれで大体済ませて、最終手段コインランドリーorランドリーサービスという形で洋服を洗濯してます◎

袋に洋服と洗剤を入れて振るだけで洗濯できる

4.治安について

もちろん日本が安全すぎる国なので、日本に比べたらどこの国も"治安悪い"という評価になってしまいますが、最低限対策をしていたからか今のところ危険な目には遭っていません。

当たり前だ!と思うかもしれませんが、私が気をつけていたことを箇条書きしておきます🤣

・私が気をつけていたこと

スリ対策
✓バッグはファスナー付き(上が開いていないもの)

✓クレジットカードはすべて財布に入れず分けておく(万が一すられた時のために)

✓道端で話しかけられても基本は無視(気を引く間にすられることが多いから)

✓目は合わせないようにする笑

✓夜間はできるだけ地下鉄には乗らない(集団ですられることもあるらしい)

✓外出するときでもスーツケースに鍵をかける

✓パスポートの提示を求められても拒むor逃げる笑

✓ズボンのポケットにケータイや財布は入れない

身の危険対策
✓堂々と(早く)歩く←一番大事かもしれない笑

✓事前にその地域のどこら辺が治安悪いかを調べておく

✓ひと気の少ない通りはなるべく通らない

✓暗くなってからは一人で街をふらふらしない

こんなところでしょうか・・
特にヨーロッパはスリ大国と言われているので、事前にスリの手口のパターンを調べ、どんなケースがあるかを頭に入れておいてました!

例えば、見たことはないけど、道で服をわざと汚されて、汚れてるよ?と教えてあげアタフタしてる間にすられるとか。そういうあり得ないようなパターンが調べると出てきます笑

絶対とは言えませんが、これを踏まえた上で堂々とスタスタ歩いていたら私は危険な目にも嫌な目にも遭ってないです!
特に女性の方で一人旅をする場合は、やりすぎかなってぐらい気をつけた方がいいかなと思います🤔

余談ですが今回の旅行の中で一番やばいと感じたのはフランクフルトでした。フランクフルトに着くまで事前に調べておらず、何も知らなかったのですが、駅に着いた瞬間にやばいかもと危機察知能力が働きました笑

そのあと調べたら、ドイツで一番治安が悪いということを知り笑

特に中央駅の周辺はホームレスが多く、22時を過ぎると麻薬取引が行われているらしいです。ある記事では大阪の西成地区と似ていると比喩されていました笑


5.お金のこと

最後に気になるお金の事情についてです。
まず前提今回の旅は基本全部自腹です😔笑

"基本"と言ったのは、「ヨーロッパに行くなら沢山いい経験をしてきなさい」と祖母からいくらか餞別をもらったのと、誕生日にモノの代わりに旅資金をもらったので、100%自腹ではないからです。

冒頭にも書いたように、大学4年生になったら惜しまず経験に投資しようと決めて貯金していたので、その貯金を切り崩しつつ、旅先でも仕事をしつつという感じでなんとか自腹で旅をすることができています…

ここからは具体的に私が何を節約して/節約しなかったのかを簡単に説明しますが、これはあくまで"わたしのの"ルールなのでふーん程度に流し見してくれればと思います☺️笑

お金がかかるポイントは大きく分けて、

・交通費
・宿泊費
・食費
・観光費(美術館や施設の入場料等)
・買い物

の5つに分けられるかなと。

買い物以外は必要不可欠で0にはできませんが、買い物に関しては人によりコントロール可能なところで、極端にいうと限りなく0にもできるので、上の4つについて私のやりくり法をお伝えします◎

・節約したところ

まず交通費。学生ということもあり時間はあるけどお金はない。なので、多少時間がかかっても安い交通手段を選びました。結果的に電車で6時間かかって国をまたぐことも何度かあったんですが、それも旅の醍醐味と思って車窓からの風景を楽しんでいました笑

あとは、仕事や大学の課題もあったので、意外と移動時間にいろんな作業をすることが結果よかったかなととも思っています。

そして食費。これは意識的に節約したというよりは、私が少し特殊なのですが…

ヨーロッパに来てからまたオートファジー(1日のうち16時間の空腹時間を作る)ダイエットを再開して、必然的に1日1食or2食なので3食食べる人よりは食費がかからないと思ってます。

2食の日でも、外食だとどうしても野菜不足になるので、1食はサラダを作るか既製のサラダを買うかで、外食するよりは節約できてたかなと思います笑 どうしても食べたいものは貴重な1日1食にあてていました。

最後に観光費。美術館や体験にかかるお金ですが、これはISICという国際学生証の存在を世界一周した先輩から教えてもらって、学割を使って節約しました。

美術館の入場料は大体¥1500~¥2000ぐらいですが、国際学生証の提示で無料または¥300~¥400ほどで入場できるので、意外と学割によって節約できたのでは?と思っています!

・節約しなかったところ

「節約したところ」のトピックと似たような内容になってしまいますが、それぞれ節約しなかったところをまとめます。

まずは食事に関して、その地域の郷土料理やそこでしか食べられないものに関しては多少高くても節約せず経験にお金を払うつもりで節約しませんでした。

そして一番かかったのが宿泊費ですが、当初は学生だしホステルに泊まることがあっても良いかなとも考えました。が、時差と共に仕事をする関係で一回深夜2時か3時にアラームを鳴らさなければいけない!と旅の初めに気づいて、他人と共同生活は無理だと察しました笑

これは人それぞれですが、私がビビりなところもあるのと、海外での安全はお金で買うみたいなこともあるので、贅沢なホテルではないですが最低限の安全が担保されたホテルを選んでいたので、安全面に関しては節約しませんでした。

大学1年生の時に行ったベトナムの部屋がまあ劣悪だったので、汚さと狭さは耐えられるんですが、安全面はどうしようもないので、特に女性一人で行く方はセキュリティ面は気をつけた方がいいかな…と思います!

インスタではキラキラ映え旅をしていますが、実際はホテルだけど写せないようなところに泊まってたりもしてます笑

最後に観光費について。国際学生証で学割を利用しつつも、お金がかかるからここに行くのは辞めようという意思決定はしないようにしてました!
自分が見たもの経験したことは人生の財産になると思って、高いなと思ったら9月から仕事頑張ろうと胸に刻んでましたw

・旅の資金について

旅行の資金は、どのぐらいかかるのか分からなかったのでとりあえず2ヶ月上限200万円を用意していて、200万超えなければいいやという気持ちで旅行しています…

「意外とそんなもんで行けるんだ!」
「え、もっと節約できるのに」
「学生のくせにお金かけすぎ」
いろんな意見あるかと思いますが、自腹なのとお財布事情は人それぞれなので、これもまたふーん程度に思ってコメントしないでください☺️笑

ヨーロッパ周遊も残すところ3週間ですが、爆買いをしない限り予算はオーバーしないかなというのが現状です。とはいえ、そんなにかけなくてももちろんヨーロッパ周遊できます!

ハイシーズンを避け、極論買い物もせず、ホステル(6人とかで一つの部屋に泊まるところ)に泊まる生活をすれば100万円もかからないんじゃないかなと思います。

ただ円安の影響もあり、どうやって切り詰めても今、夏にヨーロッパ周遊するのに100万以内は難しいんじゃないかな…というのが正直なところです。

何にお金をかけて何を我慢するのか、旅行もピンキリなので、私の予算を鵜呑みにせず自分に合ったプランを立てて、それにどのぐらいのお金がかかるのかは予め自分で計算するのがいいと思います◎

最後に

最後まで長い文章読んでいただき、ありがとうございます!こんな長い文章、久しぶりに書いた🤣

賛否両論色々あるとは思いますが、私は(まだ途中だけど)本当にやってよかったと思うし、もし悩んでいる人がいたらぜひ一人旅やってほしいと思います🫶🏼

いいね&拡散してくれたら嬉しいです〜〜!



この記事が参加している募集

私の遠征話

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Mai Hasegawa
9月まで本業は学生👩‍🎓 Instagramを主に、TikTokやYouTubeのディレクターをしています。新しい場所・コトが大好き。