見出し画像

中小企業向けのおすすめ【クラウド型 会計ソフト】徹底比較

企業の経理業務では、入金管理、出金管理共に1円のズレも許されません。ただ会計業務を正確に行っているつもりでも、どうしても誤差は出るもの。。。その度に誤差が出ているのはどこなのか?何時間も探すなんてこともしばしば。。。正しく帳簿付けを行うためには細心の注意と労力がかかるものです。
そんな会計業務をアシストする目的で作られたのが【会計ソフト】です。

今回は会計ソフトの中でも意外と多い【クラウド型】のサービスをいくつかピックアップして紹介していきます。

⑴ 自動で会計を軽くする【free(フリー)】

スクリーンショット 2020-03-15 12.52.19

2013年にリリースされて以降クラウド会計ソフトのトップシェアを持ちます。「簿記知識ゼロでも使える」がコンセプトで、自動仕分けや銀行口座やクレジットカードの利用明細取り込み機能で会計業務を効率化。ただ、やはり簿記知識がまったくのゼロでは使用は難しいでしょう。

⑵会計事務所が勧めたいクラウド会計ソフトNo.1!【MoneyForward(マネーフォワード)】

スクリーンショット 2020-03-15 12.53.44

クラウド会計ソフトといえば、先ほどあげたfreeかMFクラウドをあげるケースが多いと思います。クラウド会計ソフトとしては簿記スキル中級以上の人に好まれる製品です。データバックアップを3重に管理し堅牢なセキュリティによって保護されているため、企業の大切な会計データを保護することができます。

⑶【ネットde記帳】

スクリーンショット 2020-03-16 1.30.46

全国商工会連合会が提供するクラウド会計ソフトです。税理士視点で作られていることから、企業が導入するよりも税理士に人気の高い製品でしょう。商工会による経理業務のサポートが付帯する点が魅力。

⑷【フリーウェイ会計Pro】

スクリーンショット 2020-03-16 1.33.26

比較的低コストで導入できるクラウド会計ソフトです。機能は充実しているため、企業はもちろん税理士にも人気の高い製品。

⑸【弥生会計オンライン】

スクリーンショット 2020-03-16 1.34.37

弥生会計シリーズのクラウド版です。パッケージ製品と同様の機能を、パソコンへのインストール無しに導入できます。弥生会計特有のサポートサービスも充実しているので、初めて会計ソフトを導入する企業にもおすすめ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?会計ソフトと聞くとfreeかMFクラウド!というイメージの方も多かったのではないでしょうか?中には商工会のサポートがあったりするものもあり、企業のフェーズや現状の課題によって何を導入するか、参考にしてもらえたら嬉しいです。

Mer(メル)ではビジネスイネーブルメントを設計するのが大好きなメンバーが、なるべくコストを掛けないようにするためには?セキュリティ要件を高く保つためには?などクライアントのフェーズ毎のご要望に対して最適解を導き出し、スムーズに美しくビジネスを進めていくためにはどうすればいいのか?を模索し続けています。

株式会社Mer(メル)ではインサイドセールスの構築支援や社内DXの推進などのお手伝いを【チームシェアリング】という形で、ご支援させて頂いております。気になられた方は是非お気軽にご相談下さいませ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます😊!!
9
株式会社MerはNocode Creative & Business Development Companyです。 https://www.merinc.co.jp/               Mer LAB.では様々なツール、活用方法などをご紹介していきます。

こちらでもピックアップされています

Blog
Blog
  • 16本

Mer LAB.公式ブログバックナンバー

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。