イタチ夫婦
コンテストを終えて
見出し画像

コンテストを終えて

イタチ夫婦

佐渡ビジネスコンテスト2022
30日のプレゼンテーション後
イタチ夫婦
2位を頂くことができました。

でーん

これは本当に応援、協力、支援、アドバイスを
頂きました皆様のおかげ。
そして移住先、虫崎のみんなが居たからこそ。
本当にありがとうございました。

イタチ♂頑張っています

このコンテストに出て
本当によかったなと思っています。
結果がよかったからではなく
ここからスタートをするタイミングで
たくさんの皆様に私たちが考えていることを

佐渡のみなさんにこれをやらせてください!
って聴いてもらえたこと。

メレパレカイコを説明するイタチ♂

そこに対して共感してくださる方が増え
こうしたら?とアドバイスくださる方が増え
ここ、一緒にやれるよ!と言う方増え。

応援してくれたみんなと

最初はイタチ夫婦、事業計画書も
住む場所も、佐渡のお友だちだって
佐渡のお仕事仲間だって
なーんにもなく、佐渡に着地したわけです。

イタチ夫婦海でぽつーんだったわけです。

ぽつーん

それが、いつのまにか
こんなに協力してくれる人が
増えてるやないかーい!
飛び上がりたい気持ちです。

一緒に喜んでくれる人も本当に増えました!

そして、イタチ夫婦♀は結婚式の仕事から
たくさんの結婚にまつわることをしてきて

今回のビジネススキームが
受け入れてもらえたことは
本当に、本当に感慨深いです。

プレゼンテーションをしたあと
婚活、男性だけじゃなく女性もしてほしい!
島の男女が島外に出てしまわないようにしてほしい
30.40代だけじゃなく20代からして欲しい!とか
市役所や漁業関係者、独身で出逢いを求めてる人
たくさんいるから紹介します!とか
友人、パートナー探してるの!とか
この部分、一緒に出来ますよ、とか。

たっくさんご意見・ご感想を頂きました。

この繋がり、声こそ
これからスタートするイタチ夫婦にとっては

宝です。

コンテスト当日の朝日
お母さんが握ってくれたオニギリ

身を引き締め、考えているだけでなく
形にしていきたいと思います。

引き続き、皆々様、ご一緒に。 
宜しくお願い致します。

帰るときの虫崎は雪
新潟に着いたら青空でした

イタチ夫婦♀

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
イタチ夫婦
イタチ夫婦。 セカンドライフチャレンジャー「タチ」と旅するウェディングプランナー「イケ」が新潟県佐渡島に移住。 イタチ夫婦の移住しなしな奮闘記。 移住までの道のり、移住後の生活 お店のこと、佐渡のこと、イベントやウェディングのこと、人生を創る全てを記します。