見出し画像

多様な働き方の時代に求められるキャリア自律と、その支援事業を私が行う理由

皆さんこんにちは!ミートキャリアの代表喜多村です。

新年、明けましておめでとうございます。
2020年もミートキャリアをどうぞよろしくお願いいたします!

さて、週に1回公開しているミートキャリアのnoteですが、今回が今年一発目のnoteになります。

そこで、改めてミートキャリアってなんでキャリアカウンセリングをやっているの?なぜ今それって必要なの?をお話ししたいなと思います。

事業開始の背景

ミートキャリアはちょうど1年前の2019年1月に創業しました。当時はキャリアカウンセリングの事業そのものをやると決定していたわけではなかったのですが、家庭と仕事との両立というテーマで事業をしたいという思いが強くありました。

当時は、週3日や1日数時間で働きながらもしっかりキャリア形成したい方向けに業務委託案件の紹介などを行っていましたが、最近では最もニーズの高いキャリアカウンセリング事業を注力しています。当時、案件紹介をしながら試験的にキャリアカウンセリングを行っていたのですが、柔軟な働き方を望んでいる方々の多くがキャリアに迷っている状態のまま仕事探しを行っており、実は「今の職場で長く働きたいと思っているがどのようにすれば良いか分からなかった」や「仕事探しをする上での軸が定まらないがどうすればよいか?」といった相談をよく受けていたことが背景です。

そのため、週3日や1日数時間で働くなど自由度の高い働き方を実現する際には、下記のようなことを明確にしておくことが必要であり、それが今のキャリアカウンセリング事業につながっています。

・自分のどのスキルが強みで、それを活かしたい・伸ばしたいと答えられる
・全ての望みが叶う仕事はこの世に存在せず、自分自身が今何を大事にしたいのか

これらは一見非常にハードルが高いように見えるものですが、キャリアカウンセリングを行うとあっさり明確になったりします。
そうすると、求める働き方や仕事内容が明確になり、納得したキャリア形成ができると考えています。


キャリアカウンセリングっていうよりサポートする伴走者

実際、ミートキャリアではどのように行っているかを改めてお話します。カウンセリングと言うと、傾聴がメインと捉えられることが多いのですが、ミートキャリアでは新しい選択肢の提案やネクストアクションやマイルストンの整理まで行うことが多いです。ここが他のカウンセリングとも違い、こだわっている部分でもあります。

そのため、キャリアカウンセリングと言っても、むしろキャリアを伴走するキャリアサポーターに近いイメージです。

■ミートキャリアのカウンセリングサービス内容■

【どんな人が】人材業界や企業人事でカウンセリング経験のある30-40代の頼れるキャリアサポーター。出産育児を経験しているサポーターも多数。

【どんな人の】20代から40代の女性が多い。主にライフとの両立などの相談が多いですが、最近では男性もお申し込みがあります!

【どんな悩みを】転職前やフリーランス前のキャリア相談はもちろんですが、企業内で管理職になるべきか悩む方、育休復職後のキャリア形成に悩む方などの相談も。キャリアの定点観測に利用してくださる方もいらっしゃります!

【どうやって】カウンセリングではそれぞれの課題に合わせて、新しい選択肢の提案やネクストアクションの整理をすることでサポートを行います。終了後、テキストでフィードバックをさせていただきます。

今年は、育休明け復職のサポートや定期サポートプランなどのサービスラインナップを増やして展開していく予定です。

市場の変化

ここからは、ミートキャリアがキャリアカウンセリングをやっている理由を人材市場の変化と合わせてお伝えします。

昨今「副業」という言葉がメジャーになってきましたが、これまで終身雇用や週5フルタイム出社が常識だった働き方から、徐々に多様な働き方が広がりつつあります。

実際、2018年と2019年の1年間を比べても「副業や副収入を得ることを意識した活動」をする人は10%近く増えています

図表2

(参考:FNN PRIME「副業をしている人・したい人が約6割に急増!~公務員の副業には「社会奉仕」を求める声も~」


そしてまた、20-30代女性にその傾向が強いことも下記より伺うことが出来ます。

図表1


こうした副業といった働き方の変化は、今後の労働人口減少の背景から加速することが考えられ、週3日や1日数時間勤務といった働き方で、家庭+仕事や仕事+仕事の両立できるようになる等の大きなメリットがあります。

しかし、そこで必要になってくるのがキャリア自律です。

「では、週3日で働くとしたら、あなた何で(どんなスキルで)する?」と聞かれて答えられる人ってまだまだ少ないのではないでしょうか?

今までの終身雇用制度が一般的だった社会では、企業が従業員のキャリア形成を担い、その責任を持つことが当たり前でした。その求められたキャリアステップをしっかり全うすることが1番の評価につながることだったのです。

しかし今、副業やフリーランスと言った働き方が増え、今後も一人一企業に所属しない形が促進されていくのであれば、個人でキャリアの自律ができている必要があるのです。自分はどのようにキャリア形成していきたいか?どのスキルをどのように伸ばしていこうか?など、自分なりのプランを持っておく必要があるのです。

キャリアカウンセリングが今必要な理由はそこにあります。今後は、自分自身でキャリアを考え、ライフプランと合わせてどうキャリア設計していくかの考えを持っておく必要がありますだけれども、一人ではすぐ回答がでない、そんなときにぜひ使ってみてください。キャリアの定点観測に、いかがでしょうか?


と、まあ年始早々サービスについての話に花を咲かせてしまいましたが(笑)、2020年はオンラインでのキャリアカウンセリングだけではなく、イベントやオフラインの会も定期的に行い、他サービスプランも展開予定です✨ぜひぜひご期待ください!


本年もミートキャリアをどうぞよろしくお願いいたします!


meetcareerのご登録|キャリアカウンセリングはこちら


meetcareer(ミートキャリア)はライフステージに合った働き方を選択しつつキャリア形成を図りたいと考える方たちに向け、個別キャリアカウンセリングや、「自分の強みの見つけ方」「多様な働き方を考える」など様々なテーマのワークショップやセミナーを提供しています。
まずはmeetcareer(ミートキャリア)にご登録ください(登録無料)。

■企業の方へ
カウンセリングサービスにご関心のある企業様はこちら ( info@f-ruor.com 担当:喜多村)





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
仕事も家庭も楽しめる選択肢を提供したい!がんばります♡
6
【ライフステージに合った働き方を選択しながらキャリア形成するサポート📝】エージェントに行く前にカウンセリングでキャリアの壁打ちや棚卸しを💁‍♀️|転職前だけでなくキャリアの定期相談にも🌱|ご登録は https://www.meetcareer.net

こちらでもピックアップされています

CEO MESSAGE
CEO MESSAGE
  • 5本

meetcareer代表きたむらの起業の背景や想い。 まずはここからご覧ください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。