ラクニコ道をゆく

沖縄在住で千葉の機械メーカーの二代目社長。月の半分は沖縄、月の半分は千葉に暮らす自由な…

ラクニコ道をゆく

沖縄在住で千葉の機械メーカーの二代目社長。月の半分は沖縄、月の半分は千葉に暮らす自由なライフスタイル。豊かなラクニコ循環を生み出し、未来の子供たちに美しい地球のバトンを渡したい。自由にのびのび生きていこう。 私と娘の物語https://onl.la/UzzcqrZ発売中

マガジン

最近の記事

ぴろみん社長のひとりごと「相手をイラつかせない」

仕事をしてる人は 相手をイラつかせないことは すごく大事だと思う。 (仕事だけじゃないけど) コモンセンスは意識した方が 事件は起こりにくい。 コモンセンス🟰常識、良識 約束を守る。 レスポンスを早く。 この2つは超大事。 この2つができてる人は 信頼される。 この2つができてないと 相手がイラつくこと間違いなし。 イラつかせるような人と 仕事をしたい人はいないから。 一緒にいたい人もいないから。 イラつかせたら イラつかせられると 相場が決まっている。

    • ぴろみん社長のひとりごと「私の中の革命」

      私の中で革命が起こっている。 ここ7年くらいどうしてもできなかったことが できるようになったこと。 何よりやる気になったこと。 それはとても難しいと言われていて でもすごく効果があると。 まあ、ちっともできないわけでもないけど やる気が全然起きなくて 7年の時が過ぎた。 やる気になったのにはわけがある。 難しいことはやらないと決めたから。 簡単なことだけやると決めたから。 みんながやってる華麗な技を見るたびに あーー無理だーと思っていたところを 華麗な技をすっぱ

      • ぴろみん社長のひとりごと「単品が好き」

        私は単品が好き。 混ざってるものがあんまり好きじゃない。 例えば単品か。セットメニューか。 セットメニューはほぼ頼まない。 基本単品。単品をいくつか。 お得かどうかよりも 自分が好きな好きなものだけを選ぶタイプ。 例えば炒め物。 いろんなものが入ってないのがいい。 ブロッコリーならブロッコリー。 サヤエンドウならサヤエンドウ。 これは中国に行った時に、 野菜炒めがほとんど単品で それがとてもおいしかったから。 単品の方がそれそのものを味わえる。 いろんな

        • ぴろみん社長のひとりごと「意地っ張り!」

          私はすごく意地っ張り! (なところがある) 私はそこが割と好き。 ここぞというところで 意地っ張りでいるのは 気持ちいいことだから。 周りにどう思われようとも。 意地を張りたい自分をそのまま押す! 普段から意地を張っていると あんまり効果はない。 普段柔軟だからこそ 効き目があるというものだ。 何事もメリハリだなーと思う。

        ぴろみん社長のひとりごと「相手をイラつかせない」

        マガジン

        • ひろみん社長のつぶやき
          1,170本
        • 私とMG
          21本
        • 感動した話
          1本
        • ひろみん社長のひとりごと(読書)
          31本
        • ひろみん社長について
          38本
        • 私と息子のものがたり
          1本

        記事

          ぴろみん社長のひとりごと「どーでもいいこと」

          人生を楽しもうと思うなら、 どーでもいいことと 本当に大切なことの区別ができるといい。 なぜなら、それができるようになってきて 私はすごく生きやすくなったから。 生きやすくなる前 どーでもいいこと 2 本当に大切なこと 8 (というか、大切かどうかなんてわかっていなくて、大切なことのように戦っていたこと) 生きやすくなった頃 どーでもいいこと 8 本当に大切なこと 2 今 どーでもいいこと 999 本当に大切なこと 1 どーでもいいことで人と争ったりしないから

          ぴろみん社長のひとりごと「どーでもいいこと」

          ぴろみん社長のひとりごと「なんのために?」

          同じように動いているように見えても、 「なんのためにか」はそれぞれ違っていたりする。 いつもすごく献身的に周りのみんなのために やってくれる人がいる。 頑張りすぎていないかな?って。 自分のことを犠牲にしてないかなって。 ちょっと心配してた。 でも実はそれはしたくてしていたことで その方が自分が満足するためにやっていたことがわかって私は心底安心した。 タイプにもよるけど。 人のためが自分のためになる人と 自分のためが人のためになる人がいる。 同じようで全然違う。

          ぴろみん社長のひとりごと「なんのために?」

          ぴろみん社長のひとりごと「全自動洗濯機という選択」

          最近なぜか洗濯機の話になることがよくあって。 洗濯機が小さいとか、全自動がいいとか。 最近の全自動洗濯機は優秀とか。 私の全自動洗濯機歴は20年。 たぶんかなり早い方。 私がまだ家事とかをしていた頃(笑) 全自動洗濯機をもっていたのに 洗ったものを頑張って 干していた頃もあったのだけど。 なぜそうしていたかというと電気代が高いから 節約のために頑張っていた。 子供が1人の時はなんとかやれたけど 子供が2人になった時 そのまま頑張ったら気が狂う!!! とはっ

          ぴろみん社長のひとりごと「全自動洗濯機という選択」

          ぴろみん社長のひとりごと「ハプロNの生きる道」

          「夏のリアルDNAラボ 2024」 が開催されて参加してきました。 ハプロのタイプを知る70人が集う 世界で初めての会だとのこと。 自己探究マニアの私は DNAとか好きなんですよねー。 3年くらい前からのご縁。 今回のイベントの主催は 「DNA占い」の著者でもある木村恵美さんと エンパシーライティングの中野巧さん。 この本では質問に答えて 自分の型を推測できますが 正確に知るには実際にDNAを採取して 検査して結果をみます。 日本人は統一民族のようで 実は多様なD

          ぴろみん社長のひとりごと「ハプロNの生きる道」

          ぴろみん社長のひとりごと「私はいつでも本気」

          私はいつも本気。 本気でアレ。笑 本気だからこそポンコツ。 どこかに一点集中するがゆえ。 本気にならないことに時間を使うのが嫌。 人生の限られた時間を本気で過ごしたい。 本気になるからこそ見えなくなる部分もあるけど 本気でやれば見えてくるものがあるし 本気でやらなければ見えないものだらけ。 周りに本気な人がいないと 本気になりづらい人が一定数 (多めかも)いるけれど 本気の人が一人いればものごとは回っていく。 (当社比) 自分の本気に影響された人が 本気に

          ぴろみん社長のひとりごと「私はいつでも本気」

          ぴろみん社長のひとりごと「なぜご機嫌なのか」

          私は基本いつもご機嫌(当社比) なぜか。 基本健康→一番大事。 健康を大切にしてる。 ストレスなし→好きなことをしてる (課題は山ほどあるけれど) 周りにご機嫌な人が多い→これも重要 自分がご機嫌だと周りもご機嫌が増える。 人のせいにしない→疲れるだけ。 自分ができることに集中。 不機嫌になるならさっさとなる→長くやらない。 不機嫌な自分は好きではない。 そして不機嫌な人がいたとしても 自分は不機嫌にならない。 自分の機嫌は自分次第。 (自分のお天気は自分次第

          ぴろみん社長のひとりごと「なぜご機嫌なのか」

          ぴろみん社長のひとりごと「いい景色は目の薬」

          いい景色が好き。 絶景が好き。 いい景色は目の薬。 目が良くなりそう〜♪ いい景色の中でも自然の風景が好き。 広くて大きい景色が好き。 人工の景色なら遠くから見るのが好き。 高いところから観るのがいい。 いいインプットは いいアウトプットをうむ。 いいアウトプットをすると いいインプットがしたくなる。 いい景色は目の薬。 心にも効きそう。

          ぴろみん社長のひとりごと「いい景色は目の薬」

          ぴろみん社長のひとりごと「エンタメ力」

          今からすごく大事なのがエンタメ力 (エンタメりょく)だと思うんだけど。 エンタメと縁遠い私!くっそ〜! 小学生の時うちにテレビが無かったのも ひとつの原因かもしれない。 そもそもエンタメってなんだろう。 エンタメとは、人々を楽しませる娯楽やサービス、催し物などを指します。 エンタメの語源である英語、「entertainment」の訳を見てみると、歓待、もてなし、宴会、パーティー、娯楽、楽しみ、慰み、催し物、余興、演芸などを意味し、主に自分が楽しむ行為を意味しますが、

          ぴろみん社長のひとりごと「エンタメ力」

          ぴろみん社長のひとりごと「旅のすすめ」

          「社会人の教養は人本旅」 ライフネット生命を立ち上げ、立命館アジア太平洋大学(APU)学長をやっていたの出口治明さんが言っているけど、ほんとそうだなーと思う。 世界が広がる。 見識が広がる。 狭い世界で生きていて窮屈だと感じるなら じっとしていないで 人に会う! 本を読む! 旅に出る! 何かした方がいい。 本を読む。 一番簡単。 すぐその場でできる。 今はKindleもあるから 読みたい本はすぐ読める。 人に会う! 知らない人に会うのいいし 知ってる人と別

          ぴろみん社長のひとりごと「旅のすすめ」

          ぴろみん社長のひとりごと「未熟と幼稚」

          未塾は好きだけど 幼稚は嫌い。 未熟は待てばいい。 幼稚は待っててもダメ。 未熟は自分が未熟とわかってるけど 幼稚は自分が一番だと思ってたりして 偉そうにしてたりする。 偉そうにしてる人になんかいうと 怒られそうだから普通の人は なんにも言わない。 裸の王様になっちゃう。 えらい人ほどそうなりがちなので 気をつけたほうがいい。 人にえらいとか思われないように 気をつける!

          ぴろみん社長のひとりごと「未熟と幼稚」

          ぴろみん社長のひとりごと「やっぱりホンモノがいい」

          先日知り合いがイギリスに行ってきて その話を聞いていた。 イギリスから日本に帰ってきたら いろんなものがチャチク見えると。 歴史ある何百年何千年と続く 建物などを観てきたから? 長く人から大切にされるものはホンモノだ。 (と思っている) 日本にもたくさんのホンモノがある! たくさんたくさんある。 でも最近できたモノはどうだろう。 数百年して数千年して残っているだろうか。 あっという間に消えてしまいそう。 ホンモノを作る人になりたいものです。

          ぴろみん社長のひとりごと「やっぱりホンモノがいい」

          ぴろみん社長のひとりごと「遠慮と諦め」

          遠慮と諦めで生きてる人って割と多くない? 遠慮する前に、諦める前にやることがあるんじゃないかと思う。やれることがある。 と言えるのも、私も長年そうだったから。 とりあえず言ってみるとか とりあえず何かやってみるとか いくらでも諦めないでいい方法はある。 何も言わないで叶う確率は0%としたら とりあえず言ってみるだけで1%くらいにはなる。 下手するとさっさと叶う場合もあるし。 遠慮と諦めをデフォルトにしてるとしたら もったいない。 「遠慮と諦めという言葉は辞書に

          ぴろみん社長のひとりごと「遠慮と諦め」