文系大学院教授

私立大学ビジネススクール教授・公認会計士・英国エジンバラ大学名誉教授・英国ケント大学名誉教授・博士(商学) 30代まではドメスティックな会計学研究者。40代に入って専門を公共ガバナンスに変更。研究対象とアプローチも100%海外にシフト。院生には英語を求めるけれど自分は英語は下手😅

文系博士課程後期課程2:指導教授を探す

 博士課程後期課程のへの進学目的が何であるにしても、少なくとも三年間は研究に集中することになるわけですから、指導教授が進学希望者の研究内容について理解をして効果…

文系博士課程後期課程1:進学するのは誰

 学部を卒業したら博士課程前期課程に進学し、修士の学位を取得したら、今度は博士課程後期課程に進学する。後期課程の標準修業年限を修了したときには27歳。こうしたある…

ビジネススクールの学び4:成長から分配

 ケイト・ラワース先生の『ドーナッツ経済』は、経済学という学問が、成長を支える学問体系から、分配や社会的公正・地球環境保全を企図する学問体系への転換を求めている…

ビジネススクールの学び3:医療経営

 私が勤務するビジネススクールには医療経営のプログラムがあります。医療のマネジメントに関係するプログラムを有する大学院は少なくありませんが、ビジネススクールの一…

文系大学教授になる7:指導教授

 社会人が博士の学位を取得するケースが非常に増えてきました。そのまま、実務家として企業や官庁その他で活躍されるだけでなく、博士学位取得をきっかけに、大学教員とし…

文系大学教授になる6:業績

 博士学位を取得するだけでは、大学の常勤ポストを得ることは相当に困難です。18歳人口は激減して、地方の私立大学のなかには収容定員を大幅に割り込む大学も少なくありま…