見出し画像

2020年2月 鹿児島本屋巡り 2

2軒目

レトロフトチトセ内の古書リゼットを後にし、次の本屋目当てに街をぶらり。今回の行程では市電をそこそこ利用するために車内で1日券を買ってあります。600円で市バス・市電・カゴシマシティビューに乗り放題というかなりお得なきっぷ(2日目に1000円分以上は使ってます)なので、市電乗らなくても(天文館行くなら絶対乗ると思いますし、観光地行くにもカゴシマシティビューか市バスは乗ると思うので)、使わない手はないです。

ふらっと5分ほど歩いて次の本屋へ。

画像1

ブックスパーチ 外観

今回2軒目はブックスパーチ。トマルビルというビルの1Fの内、手前側にある本屋です。奥には食事ができる店もあるので、食事の後に本を見るのもいいかもしれません。スペース的にそこまで量がないので、正直あまり棚はなぁ、と思ってましたがかなりいい本が揃っていました。郷土本もしっかり置いてあるのは個人的に嬉しいです。レジ向かいの棚を軽く見ていたら、ミシマ社。これは直ができる版元だから仕入れは難しくなさそう。書肆侃侃房の本。ここも直で仕入れできるのかも(福岡のajiro、行ってみたいです...)。『アルテリ』も揃っている。『アルテリ』と伽鹿舎の本を見ると、九州に来たって感じがしますね。特に伽鹿舎の本(一昨年辺りまでに発刊してた本は熊本と虎ノ門で全部購入済。『世界のすべての朝は』の特装版、ほんと装幀がいいです...)。『多田尋子小説集 体温』(書肆汽水域)、これはここ数ヶ月都内とかの本屋で話題になっている本。こちらでも見れるとは。。。『タコの心身問題』(みすず書房)。定価販売でしたし新刊。みすず書房の本を仕入れているとは...話を伺うと取次と直の組み合わせで新刊仕入れも行っている模様。この規模なのでやはり買い切りでしょう(棚を見てて使っているのは子どもの文化普及協会か八木書店の2択までは絞れてました)。その辺の話も聞きつつ、ここでも丸善での古書市の話をしてもらう。今回の鹿児島遠征、本命は「つばめ文庫」でしたが、遠征初日は南さつま市でイベント出店のため、行くことができず...次回の課題です。

ついつい本屋やっている人に「どうして本屋やろうと思ったのですか」という質問をしてしまいますが、快く答えていただけたのはホッとしました。


今回買った本

今回買った本は『オリエント・エクスプレス物語』(中央公論新社)と『古書礼賛』(青弓社)の2冊。もしかすると『古書礼賛』はダブリを買ってしまったかも。


2020/03/11夜追記

上に書いた本、別の所で買ってました。2日目に行った本屋で買った本なので、とりあえずはここに書いておきますが、訂正版も書いておきます。

【以下訂正】

今回買った本は『中国やきもの紀行 景徳鎮』(平凡社)と『書誌学の回廊』(日本経済新聞社)の2冊。焼き物ネタの本も徐々に集まってきました。個人的に青磁は好きな部類なので、もう少し勉強しておきたいものです。


今回話題に載せた本は↓


版元伽鹿舎は↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
5
都内4箇所で間借り本屋をやりながら国内外の本屋を目当てに旅行する人。本屋に関する本、出版流通に関する本を蒐集中。 2019年SFC修行で無事PLT取得で解脱。