そういえば「死」って何なんだ???part2

毎日投稿すると決めたから投稿する、日付変わったけどこれは昨日の分

以前カエルの死の話をしましたが

ATPが完全になくなった状態が死ではないかと

それで調べたところ
従来の死の基準を適応して考えると

死んだあと、呼吸止まる

全組織に酸素が供給されない

ATPの好気的産生できない

解糖でATP作り乳酸ができる

pH下がって解糖すらできなくなる
かつ
筋肉中のアクチンとミオシンが固く結合

ATPがなくなる
かつ
死後硬直

筋肉のタンパク質が酵素によって分解されることで筋肉が弛緩する

排便が起こる

細胞死

みたいな流れらしいです

死は段階的で、どこからどこまでを死とみなすかは人のさじ加減な感じがします

お医者さんは呼吸と拍動と瞳孔で判断します、これを死と捉えるのが一般的ですが

死をどう定義するかは人の勝手だと個人的には思う(もちろん法律ではお医者さんの基準に従うけど)ので、私なりの死の基準を定義してみたいなと思いました

これはまだまだ続きます、多分

それでは

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2019/5/21にnote始めました 現役理系女子大生 マイペースに日記とか考えたこととか投稿します
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。