花芯

中1女子、父のAVを見る|ネット時代の性教育と人権

素朴な小学生時代

 有名私立大学の文学部4年に在籍するキョウコ(仮名・21歳)。北関東の中規模都市の出身だ。長い髪を1つに束ねて、ナチュラルメイク。太目の眉が素朴な面影を残している。卒業後は金融関連の会社に就職する予定だ。
キョウコには地元に、高3から付き合っている彼氏がいる。遠距離恋愛を続けてもう3年以上。単独の相手との交際期間としては、今回取材した学生たちのなかで最も長い。育った地域は自然が多く、野を駆け回るような小学生時代を過ごしたという。

「割とのんびりしていたので、性的なメディアに触れることもあまりなかったですね。ベッドシーンがある少女漫画を回し読みするくらい。特に衝撃や嫌悪感はありませんでした」

中学校で性的環境が激変

 のどかな性的環境は、中学校へ上がると激変する。その公立中学には幅広い地区から生徒が集まり、荒れていた。不良の先輩が、キョウコに性的な情報を色々と教えてくれた。

「シックスナインとは、とか、そういう話をしていることが楽しかったですね。知っていることに優越感があったり。『ブラとパンツはお揃いじゃなきゃダメらしいよ』とか、先輩から得た知識を友達にひけらかすのが気分良かったです。性欲より好奇心ですね」

友人の父のAVを盗み見

 1年生のとき、友人が「家にお父さんが隠しているAVがあるんだ、見つけちゃった」と興奮した様子で言ってきた。みんなで見ようよ、とその子の自宅へ。両親が外出している隙に、女子だけで鑑賞会を開いた。

「うわー気持ち悪いな、と思いました。写真と違って動きとかもすごくリアルで。でもその行為が何を意味するのかは、ちゃんとはわかっていませんでした。みんなで『マジきもくない?』と言い合って、すぐ消しちゃった。その友人は、お父さんがAV持っていることがショックだったと思いますよ。だからこそ笑いにしちゃおう、みたいな。その事実を1人で隠し持つよりも、みんなに『お父さん気持ち悪いんだけど』と言って共有することで」

 児童虐待防止法は、子どもにポルノを見せることを「性的虐待」と定めている。いくら親が、我が子がアダルトサイトなどを見ていないか目を光らせていても、自分の所有物を見つけられてしまってはシャレにならない。家庭でのポルノ管理は厳重に。

★お知らせ★

渡辺真由子の研究・キャリア・生き方に関するセミナーやブログ情報を、メールマガジンでご案内します。

■渡辺真由子が直接語りかけます!全国で好評講演中。

trimmed徳島新聞20150802 - コピー

性リテ募集バナー

このコラムでは、メディアの性情報が子どもに与える影響と対策を、不定期に紹介していきます。「まとめて一気に読みたい!」という方は、電子書籍の『性情報リテラシー』をどうぞ☆

Amazon Kindle版

PDF版

このコラムの更新情報は下記からも受け取れます:

メールマガジン
Twitter
Facebook

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

執筆はロンリィな作業なので、「差し入れ」をサポート頂けると感激です☆ 執筆の友とするお菓子を買いに走ります!

ありがとうございます!励みになります☆
4
メディア研究者&ジャーナリスト。若者への赤裸々な取材を基に、メディアの性情報の実態や子どもへの影響、その問題点を明るみに出す。目指すは「ハッピーな性コミュニケーション」教育☆ 元テレビ局報道記者。著書に『性情報リテラシー』他多数 https://www.mayumedia.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。