コクー子!

36歳。都内でとある企業の課長職で、マネジメントと会社の間で揺れ動く日々。 変わり者の…

コクー子!

36歳。都内でとある企業の課長職で、マネジメントと会社の間で揺れ動く日々。 変わり者の夫とふたり暮らし 主に日記メインで、20代や30代でキャリアに悩む誰かにとって癒しになるような 気づきやことばも残していきたい

最近の記事

職場の中で創発を意識するためにマネージャーがやるべきこと

そもそも、創発とは「風が吹けば桶屋が儲かる」理論に近い皆さんは、「風が吹けば桶屋が儲かる」という話を聞いたことがありますか?これは、一見関係なさそうな事象が連鎖的に起こり、結果的に思いがけない成果を生み出すという例えです。 例えば、風が吹けば洗濯物が乾きやすくなり、洗濯物が乾けば人々は外出しやすくなります。外出する人が増えれば、お祭りなどのイベントが盛んになり、結果的に桶屋が儲かるというわけです。 このように、個々のメンバーが独立して行動しながらも、互いに影響を与え合

    • ゆる『モーニングページ』で心の汚物が流れた気がする

      今年からモーニングページを始めました モーニングページとは毎朝起きたら、心に思いつく言葉をノートに書くだけで 自分が本当にやりたかったことが見つかるという習慣 すでに効果を実感されている方もたくさんおられる様子 これまで、さまざまな朝習慣を試しては挫折してきましたが これは久々に「やって良かった!」と思える朝習慣になっています 朝日記を書くってすごく気持ちいい なぜ、書くだけで気持ちいいのか 理由を考えてみたのですが ①気を使ったり遠慮して、心から思ったことを言え

      • 真面目な人ほど、事実の解釈力を身につけよう

        課長になって2年 何度も部下と面談をしてきた 真面目な人も、いい加減な人もいるが 私は「真面目な人」が好きだ でも、真面目な人ほど 自分自身を許すことができず、仕事に追い込まれてしまう時がある 「真面目にやってきたのに報われない」 思い詰めて自分を責めたり、周りに対し棘のある言葉を使ってしまう そんな時ほど「もったいない」と思う時はない だから真面目な人ほど、事実の解釈力は必要だと思う 例えば、新卒で営業に配属され、 真面目に1年間頑張ってきたけれど目標未達になっ

        • 承認欲求は、自分を知らないメタ認知不足のせい

          会社の元後輩と食事に出かけた。 彼女は会社を辞めた時よりも生き生きと、充実した転職先のこと教えてくれた。 彼女の転職先はとあるファンコミュニティの運営だった。 彼女が動画をアップしたりSNSに投稿するたびに たくさんの反応が返ってくるらしい。 自分がやった仕事に喜んでくれる人がいる。 その事実を知らせるSNSからの通知音は鳴り止まない。 それが何よりも彼女の心を満たしてくれるらしかった。 彼女の話を聞きながら、 私自身が承認欲求を求めなくなっていたことに気づいた。 3、

        職場の中で創発を意識するためにマネージャーがやるべきこと