松尾 憲幸

北海道生まれ。縁あって奄美大島で暮らしています。
    • まつお会議

      • 4本

      故郷、北海道のメルマガ「ほぼ週刊さろま」へ寄稿したものを、ここに保存しています。

    • 奄美の汀から

      • 32本

      北海道の地元のメルマガ「ほぼ週刊さろま」へ寄稿したものを保管しています。

    • 事務局長の万年筆

      • 50本

      メールマガジン「ほぼ週刊さろま」に寄稿したものを保管しています。

    • だから飼い主はやめられない

      • 38本

      メールマガジン「ほぼ週刊さろま」に寄稿したものを保管しています。

4 去り行く「昭和」- 「目指すだけ」の生き方から、一歩を踏みしめる生き方へ -

朝はテレビでNHKのニュースを流しながら食事や仕事の準備をする。その中で「沈む中流」と題する特集が組まれていた。「中流」とはもはや昭和の死語である。なんとも時代錯…

6時間前

3 壮大な避難訓練

 1月15日は土曜日だったが、仕事の納品が済み疲労困憊で夜9時には床に就いた。スマホがけたたましく鳴ったのはそれから3時間ほど後だった。津波が来ますと表示されたスマ…

5日前

2 島の人の優しさと、ヨソモノの直球と

奄美大島で新型コロナウィルスの感染者が爆発的に増えている。1月2日に1名が確認されてから倍々ゲームのように増え、8日には119名の新規感染者が確認された。感染者数の人…

13日前

1 新年

さて、2022年、令和4年、平成で言えば34年、昭和なら97年、大正だと111年。1月は和風月名で「睦月」。「正月は身分の上下なく、また老いも若きもお互いに往来して…

2週間前

32 日日是好日

これを書いているのは12月26日で、日本列島は強い寒気の影響で日本海側では大雪や暴風雪に警戒が必要ですと、ニュースではしきりに呼びかけている。こちら奄美の朝の気温は…

4週間前

31 予測不能なノート術(5)- 幸せのスイッチ -

ここまで、生活の中に「書く」行為を取り入れるひとつの方法として、バレットジャーナルについて語っている。バレットジャーナルはラピッドロギング(素早く書く)事と、毎…

1か月前