松井秀之
炭水化物ダイエットという迷信はいかに広まったのか。「1日5合食べても太らない江戸時代」と「1日1合食べても太る現代人」
見出し画像

炭水化物ダイエットという迷信はいかに広まったのか。「1日5合食べても太らない江戸時代」と「1日1合食べても太る現代人」

松井秀之


「米を食べると太る」と言われますが本当なのでしょうか?

「農林水産省」の資料によると

日本人の米の年間消費量
1962年118kg→2015年54.6kg

と約50年で米を食べる量が半減しています。



具体的に数値を見ていくと
2015年の日本人の米の年間消費量は54.6kg

54.6kg=54,600g

2015年の現代人の1日の米の消費量
54600g÷12ヶ月÷30日=150g/日

つまり、1日あたり150gです。

米1合=150gなので
(精米状態:ご飯を炊いていない状態)


2015年の現代人は1日1合の米を食べていることになります。

江戸時代の人は1日5合の米を食べていましたが肥満体型ではありません。


現代人は1日1合の米でも太ります。

「米を食べたら太る」は嘘です。

なのに、なぜ「炭水化物ダイエット」が流行っているのでしょうか?

ダイエットで痩せてしまったら、ダイエットビジネスができなくなるからです。

ダイエットを求める顧客を減らさないためには

程よく痩せて、痩せる見込み、希望を持たせること
もし、痩せるダイエットだとしても長続きしない一時的なものが望ましいです。

そしたら、また新しいダイエット法に食いついてくるリピーターになってくれるからです。

ダイエットビジネスは思ったより大きいです。

糖質OFF
脂肪を燃焼する健康食品 
ジム 
ヨガなど


その人の好みに応じたありとあらゆるダイエットビジネス、商品が展開されています。

テレビ、雑誌、ネット、街中を歩いていても「ダイエット広告」を目にしない日はないのではないでしょうか。

みんな、そんなに「痩せたい」という願望が強いのでしょうか。

なぜ、そこまでして痩せたいのか
綺麗になりたいからでしょうか
異性に好かれたいからでしょうか
太っている自分は嫌だからでしょうか。

ここで言いたいのは「太っていてもOK」ということではなくて
なぜ、ここまで人は痩せたい衝動に掻き立てられているのか
痩せたいといけないという「強迫観念」にも似た感情を抱くかということです。

テレビに出るスラっとしたモデルさんがキレイ。

太ったら、病気になりやすい

甘いものを食べたら太るぞ

太ることは悪いことだ

甘いものを食べるのは悪いことだ

と、いつの間にか洗脳されていませんか?


頭を使えば甘いものを体は欲します。

頭を使えば糖分を消費しているからです。

糖分は脳にとっての唯一のエネルギーです。

甘いものを食べて太る人は、
脳も体も動かさず
エネルギーを消費しきれなかった分が脂肪となって太っていくからです。

甘い食べ物や米などの炭水化物は「糖分」です。

炭水化物抜きダイエットをすると確かに痩せます。

なぜなら脳内のエネルギーとなる糖分がなくなり、体が命の危険を感じ、
体内の脂肪を燃焼させて、エネルギーに変換しているからです。


脂肪を燃焼できているから良いことだと思われるかもしれませんが、これは危険な状態です。

脳に糖分のエネルギーがない状態というのは、脳が働かない思考停止状態です。

https://abeseika.co.jp/topics/detail/11


これはダイエットビジネスをする人にとっては好都合です。

頭がボーっとしている人は騙しやすい状態なので、
ダイエット方法だけではなく、美容品も健康食品も買ってくれる顧客になります。

ここまでの話を聞いて、思い当たる節がある人がいるかと思います。

脳を動かせば、
太ることも、騙されることもないのです。

しかも頭を使うことはタダです。お金がかかりません。

頭を使えば太らないというのはビジネスにはなりませんし、
ダイエットビジネスをする人にとっても営業妨害になるので煙たいです。

だから儲けたい人は思うのです

「頭を使わずボーッと生きてくれ」
「痩せるかもという淡い期待を持たせてあげるから、これからもお金を使ってくれ」と。

もし健全な方法で痩せるには「頭を使う」

それだけで良いんです。シンプルです。

ただ頭を使うと言っても、どう使えば良いか分からず、戸惑うかと思います。

こちらのYouTube動画では「脳」の正しい使い方が紹介されています。


もうこれ以上「これならラクして痩せる」と言った甘いセールストークに騙されたくない人は必見です。

脳を正しく使えば、太らないし、騙されないし、脳も正常に働くので悩むことがなくなり、身も心もキレイになります。そういった女性の体験談があります。ぜひご覧になってください。





脳を正しく使うことは、決してラクなことではありません。

それでも脳の使い方を知りたい人に

最後に一言言いたいと思います。

「騙されたと思って、あなたの脳をつかってください。脳を使えば使うほど、あなたの人生はキレイになりますから」

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

---追記(2021年6月13日)---
糖分を取らないと、
血糖値が下がます。

血糖値が下がると
空腹を感じます。

すると食べ過ぎてしまいます。

http://www.xn--n8j4fi6707a9nd.jp.net/kininaru/kuuhuku.php

なので、砂糖を飲み物に溶かして飲むと、血糖値が下がらず、空腹を感じません。

しかも砂糖は糖分なので、もっと脳を使っていくことができます。

その事がRAPT理論+αのサイトで明らかになりました!

ぜひコチラもご覧になって下さい。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
松井秀之
世界を救うヒーローを目指している29歳Uber配達員です。Twitterとブログでも活動中なのでよろしくお願いします。 ⇒https://potofu.me/honnoippo RAPT理論+α ⇒http://rapt-plusalpha.com/