竹熊健太郎

文筆家・編集家の竹熊健太郎です。

竹熊健太郎

文筆家・編集家の竹熊健太郎です。

マガジン

  • 【カルト】竹熊健太郎メルカリ解説文集

    竹熊健太郎メルカリ解説文集の中から「カルトムービー」「変な映画」をセレクトしました。

  • 【外国映画】竹熊健太郎メルカリ解説文集セレクト

    竹熊健太郎メルカリ解説文集の中から「戦争映画」をセレクトしました。

  • 【SF・ファンタジー・ホラー】竹熊健太郎メルカリ解説文集

    SF・ファンタジー・ホラー映画についてはこのマガジンです。

  • 【メイン】竹熊健太郎メルカリDVD解説文集

    私のメルカリへは次のリンクをクリックしてください。 https://jp.mercari.com/user/profile/771237917 私はDVDコレクションを手放す決意を固め、メルカリに出品することにしました。ところが解説文が毎回長くなったのでnoteにも転載します。 メルカリの規約でAmazonアフィリエイトコードを貼った外部リンクを飛ばすことができないので、こちらではAmazonリンクのみで、メルカリにnoteへのリンクは貼りません。 ノートで紹介する映像作品には基本的にアマゾンの売り場のリンクを貼っていますが、ノートの仕様とアマゾンリンクの相性が悪いのか、うまく画像が出ないで、文字のみのリンクもあります。しかしリンクは生きていますので、クリックすれば売り場に飛ぶことができます。

  • 【ドキュメンタリー・伝記】竹熊健太郎メルカリDVD解説文集

    ドキュメンタリーと伝記・実録もの。

最近の記事

【完全攻略】「アンドレイ・タルコフスキー全作品セット」【すべてBlu-ray美品】

世界映画の至宝、旧ソビエトの映画監督 アンドレイ・タルコフスキーが生涯に遺した長篇映画全8作品、全てBlu-rayで集めたものを放出します。 タルコフスキーのBlu-rayBOXに「タルコフスキー傑作選」がありますが、それには「ストーカー」以降の晩年の3作品が入っていません。今回の出品はBOXの不足を補う完全コンプリートになります。すべて私が購入して保管していたものです。 開始金額は1万円スタートのオークションになります。 作品タイトルは以下の通り。 ●「ローラー

    • 【淀川長治生誕100年記念】「淀川長治 映画史」第1集 〜第6集全巻セット

      1995年に英国BBCが6回にわたって放送した、映画史の非常に良く出来たドキュメンタリーの日本版DVD。タイトルやジャケットには淀川長治の名前が大きく出ていますが、淀川長治は日本版の総監修を引き受けたものの、高齢で病に倒れており、1998年に89歳で世を去りました。 つまり、このDVDは淀川長治最後の仕事ということになります。同じIVCが出していた映画クラシックのDVDには淀長さんの名解説が付いていましたが、「映画史」にはそれは付いておらず、事実上の名義貸しに近かったと思い

      • 【狂気のホームドラマ】石井聰亙「逆噴射家族」【原作小林よしのり】

        石井聰亙が1984年に発表した破壊的ホームドラマ。レンタル落ちですが、背焼けもなく、比較的綺麗な状態です。再生も問題ないことを確認していますが、所詮はレンタル品ですのでその点はお含みおき下さい。 その後HDリマスターBlu-ray盤が出ましたが、これは最初に出たDVDのバージョンです。画質も、そのつもりでご覧下さい。 タイトルの「逆噴射」とは、映画が公開された2年前に発生した日本航空350便墜落事故から来ています。羽田空港に着いた旅客機が着陸寸前に機長が発狂し、マニュアル

        • 【石井聰亙】「アジアの逆襲・指圧王者」【レンタル落ちDVDだが美品】

          石井聰亙が1983年に制作したサイバーパンクSF短篇「アジアの逆襲」と、1989年制作「指圧王者」のカップリングDVD。レンタル落ちですが、ジャケットや盤に変なシールは貼って無く、背も棚晒しになったような色褪せも無く、かなり状態が良い盤です。もしかするとレンタル専用で作られたが店頭には出なかったものかもしれません。再生にも全く問題ありませんでした。 「アジアの逆襲」は大作「爆裂都市」の次に撮られた短編で、日本のサイバーパンクSF映画としてはかなり早い作品だと思います。この前

        【完全攻略】「アンドレイ・タルコフスキー全作品セット」【すべてBlu-ray美品】

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 【カルト】竹熊健太郎メルカリ解説文集
          竹熊健太郎
        • 【外国映画】竹熊健太郎メルカリ解説文集セレクト
          竹熊健太郎
        • 【SF・ファンタジー・ホラー】竹熊健太郎メルカリ解説文集
          竹熊健太郎
        • 【メイン】竹熊健太郎メルカリDVD解説文集
          竹熊健太郎
        • 【ドキュメンタリー・伝記】竹熊健太郎メルカリDVD解説文集
          竹熊健太郎
        • 【ギャグ・コメディ】竹熊健太郎メルカリDVD解説文集
          竹熊健太郎

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【大友克洋原作】石井聰亙「シャッフル」【傑作短篇】

          石井聰亙が「狂い咲きサンダーロード」の翌年に制作した短篇「シャッフル」です。16ミリによるモノクロ映画ですが撮影が見事で、映画作りに自信を付けた頃の作品と言えます。33分という短い時間をフルに使って冒頭から最後まで刑事から逃げる犯人(主人公)の「走り」をひたすらに捉えた映像で構成されています。 映画は主人公が自分の髪を剃ってモヒカン刈りにする場面から始まります。そして銃に弾を込める。カットバックで愛人との痴話喧嘩が挿入され、愛人を殺し、そして街の路地で刑事に発見され、後は刑

          【大友克洋原作】石井聰亙「シャッフル」【傑作短篇】

          【石井聰亙】「突撃!博多愚連隊」【最後の8ミリ大作】

          石井聰亙の「高校大パニック8ミリ版」がホップだとすると、「狂い咲きサンダーロード」がジャンプ、その中間の「ステップ」にあたる作品がこの「突撃!博多愚連隊」になるのかもしれません。 処女短編「高校大パニック(8ミリ版)」が学生映画としては破格の注目を集め、日活によって商業リメイクされたことは、日本のサブカルチャー史における一つの事件でした。 しかし現実は、映画会社の話題作りで、現場では終始「お客さん」扱い。実権は共同監督だったベテラン監督の澤田幸弘が握っていたのです。結

          【石井聰亙】「突撃!博多愚連隊」【最後の8ミリ大作】

          【石井聰亙処女作】『高校大パニック』+『1/880000の孤独』【セル版DVD】

          レンタル落ちではありません。石井聰亙監督の処女作「高校大パニック」(1976)のセル版DVD。2作目の「88万分の1の孤独」(1977)と同時収録。いずれも今やほぼ絶滅した8ミリフィルムによる撮影で、70年代から80年代に自主映画を作っていた人間には非常に懐かしい質感の映画です。 石井聰亙監督は1976年に日大芸術学部に入学し、直後に自主映画サークル狂映舎を設立しました。第一弾作品が上映時間15分の8ミリ短編「高校大パニック」です。 作品時間が短いため、プロットは単純。あ

          【石井聰亙処女作】『高校大パニック』+『1/880000の孤独』【セル版DVD】

          地球防衛軍/本多猪四郎 (監督) 佐原健二志村喬白川由美

          言わずと知れた「地球防衛軍」であります。モゲラが出てくる「地球防衛軍」であります。水野久美の宇宙人ルックが有名な「地球防衛軍」であります。 監督は本田猪四郎で特撮が円谷英二、「ゴジラ」の名コンビが本格宇宙SFを作りました。音楽も伊福部昭です。 原作の丘美丈二郎は当時仙台の自衛隊基地に所属していた本物の自衛官でした。この企画が「地球防衛軍」であることから自衛隊の専守防衛の理念に合致するとして原作を引き受けました。そのためか、東宝特撮映画の中では歴代もっとも多い3個中隊が動員

          地球防衛軍/本多猪四郎 (監督) 佐原健二志村喬白川由美

          【ゾンビの家元】ジョージ・A・ロメロ「リビングデッドシリーズ」Blu-ray6枚セット

          ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ」3部作・新3部作(リビングデッド・シリーズ)Blu-ray6枚セットです。「死霊のえじき」とランド、ダイヤリー、サバイバルの新3部作は中古で入手しましたが、全て再生に問題はなく、盤面も良好です。 今回メルカリにはこの値段で出しますが、「いいね」の付き具合を見て値段を下げていきます。3回下げて売れないようなら、ヤフオクでまとめて1000円出品しますので、そうなったらそうなったでご期待下さい。ヤフオク出品する際は竹熊のTwitterとFacebo

          【ゾンビの家元】ジョージ・A・ロメロ「リビングデッドシリーズ」Blu-ray6枚セット

          ブニュエル+ダリ「アンダルシアの犬」(Blu-ray)「黄金時代」(DVD)

          ルイス・ブニュエルとサルバドール・ダリの合作「アンダルシアの犬」(Blu-ray)「黄金時代」(DVD)2枚セットです。どちらにとっても映画の処女作で、ルイス・ブニュエルはこの後長い間映画監督として活躍しました。 どちらも販売はIVC。「アンダルシアの犬」は各社から廉価盤DVDが出ていますが、このBlu-ray盤は日本で出ている中では最高の画質で、1960年にブニュエル監修の下に製作されたサウンド版です。このような古い映画をここまでの高画質、しかも公式の音楽付きで観るのは初

          ブニュエル+ダリ「アンダルシアの犬」(Blu-ray)「黄金時代」(DVD)

          【日本初のTVアニメシリーズ】「鉄腕アトム・ベストセレクション」DVD全6巻揃

          手塚治虫の虫プロダクション製作、日本のTVアニメシリーズ第1号「鉄腕アトムベストセレクション」DVD全6巻揃です。 第1巻「誕生編」は1963年1月1日に放送された第1話「アトム誕生の巻」、第37話「ウランちゃんの巻」第93話「コバルトの巻」が収録されてます。 第2巻「ロボット編」は第82話「ロボット競技大会の巻」第116話「史上最大のロボットの巻(前編)」第117話「史上最大のロボットの巻(後編)」を収録。 第3巻「宇宙編」は第10話「イワンの馬鹿の巻」第56話「地球

          【日本初のTVアニメシリーズ】「鉄腕アトム・ベストセレクション」DVD全6巻揃

          【毒毒ビューティ水野久美】本多猪四郎「マタンゴ」('63東宝)【東宝特撮カルト】

          今2023年の元旦11時ですが、先ほど水野久美の誕生日が1月1日だと知り、慌ててこの解説文を書いています。なんとか0時までに投稿できるといいのですが。 東宝特撮映画史上最大のカルト大作と言えば「ノストラダムスの大予言」とこの「マタンゴ」ではないでしょうか。「ノルトラダムス」は諸般の事情で封印され、ソフトが市場に出ることはないのですが、「マタンゴ」はその種の大人の事情とは関係ありませんので、普通に見ることができます。 ヨットに乗って外洋に出た若者たちが嵐で遭難して名前も知ら

          【毒毒ビューティ水野久美】本多猪四郎「マタンゴ」('63東宝)【東宝特撮カルト】

          【ノーラン出世作】クリストファー・ノーラン「メメント」('00米)

          この映画、最初に観た時「面白い」という印象を持ちましたが、「何がなんだか分からない」という感想でした。こういう作品は「つまりもう一度観ろ」ということだな、と思ったので、再見しましたがやはりよく分かりませんでした。 ただ「どうやら時間が逆行しているな」と思ったのですが、普通に進行しているようでもあり、どういう構造をしてるんだろう? と思ってネットで調べたところ、やはりストーリーの終わりから始まりに向かって進行する構造の映画であることが分かりました。 この作品、白黒画面のパー

          【ノーラン出世作】クリストファー・ノーラン「メメント」('00米)

          【ブレラン最後の放出】「ブレードランナーファイナルカット UHD」【新品未開封】

          私が所有している「ブレードランナー」の最後の一枚、「ブレードランナーファイナルカット 4k ウルトラHD」盤を放出します。しかも未開封新品です! ブレランは過去「通常盤」「ディレクターズカット」「最終版(ファイナルカット)」と何枚も出品しましたが、これで最後になります。 正直、開封して画質を確かめたい衝動に駆られてますが、ブレランは映画館で何回も観ているし、今後も新しいバージョンが出る可能性がある(8kなど)ので、思い切って未開封のまま出品することにしました。 内容につ

          【ブレラン最後の放出】「ブレードランナーファイナルカット UHD」【新品未開封】

          アンドレイ・タルコフスキー「ストーカー」('79ソ連)〈2枚組〉DVD

          ソビエトの映画監督アンドレイ・タルコフスキーの「ストーカー」です。Blu-rayとダブりで持っているので、今回はIVCから出たDVDを出品します。Blu-ray盤もいずれ出しますが、おそらくタルコフスキー全作品のBlu-rayとともにまとめ売りしますので、かなり高額な出品になります。「ストーカー」だけ欲しい方は、今回のチャンスをお見逃しなく。 タルコフスキーは1966年に歴史大作「アンドレレイの受難」を完成しましたが、作品中の主人公が国家から弾圧される様が婉曲的なソビエト批

          アンドレイ・タルコフスキー「ストーカー」('79ソ連)〈2枚組〉DVD

          【映画芸術の到達点】溝口健二「雨月物語 4Kデジタル復元版」('53大映)

          溝口健二が1953年に発表した「雨月物語」です。主演は森雅之、京マチ子、田中絹代。撮影は人間国宝級の名カメラマン宮川一夫です。上田秋成の「雨月物語」のうち「浅茅が宿」「蛇性の淫」を元に、モーパッサンの「勲章」を加えて川口松太郎が小説化し、依田義賢が脚本化しました。 琵琶湖北岸の同じ村に暮らす陶工の源十郎(森雅之)と妻の宮木(田中絹代)、源十郎の弟の藤兵衛(小沢栄)と妻の阿濵(水戸光子)。 近くの長浜を羽柴秀吉の軍勢が占領して賑わっていると聞いた藤十郎は、町で一儲けを考えま

          【映画芸術の到達点】溝口健二「雨月物語 4Kデジタル復元版」('53大映)