スタートアップ2人目財務経理に期待する3つのこと
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

スタートアップ2人目財務経理に期待する3つのこと

iCAREに9月1日から2人目財務経理メンバーが入社します!

4月から採用活動を本格化させ、晴れて入社頂けることになり、それだけでも社会人経験約8年の中で初めて採用プロセスに関わった僕としては感慨深いものがあるのですが、ここから財務経理2人で頑張っていくにあたり、思うところを書いてみました!

実際は僕より優秀な方が入るので、「期待する」ということ自体がおこがましいのですが、一般的なナレッジとして他社の方から見たときにも汎用性あるのでは??と思い、書いてみようと思った次第です。

ちなみに僕は監査法人出身というバックグラウンドで、今後は僕が資金調達&経営企画周り、2人目が経理の現場叩き上げ的なメンバーで、経理全般を担当する構想です。

内部統制関係は一緒にやってこうよ!と思っています。


1.スピーディかつ正確な会計情報のレポーティング

これは1人目財務経理の僕の経理能力が低かったこと(悲しい)、及び記帳業務を税理士事務所にアウトソースしているという(有り難い)前提があります。

現在弊社では毎月第三火曜日に経営会議を行っており、そこで前月の数字を報告しているのですが、大体その1、2営業日前まで月次の数字は固まっていないことが多いです(お恥ずかしい)。

僕が入社してからは、そもそも正しく仕訳を切るということ以前に「正しくKPIを測定する」ことや「正しく請求書発行等の業務を回す」などの会計の一歩手前のところに注力するのが精一杯であったことから、経理機能の内製化が少し遅れてしまいました。

ここを内製化して、スピーディかつ正確にして、経理の「当たり前」を実現したいです。

僕が監査法人出身ということと、(手を動かせるという意味での)経理能力が低いということは直接的には関係無いですし、それはタダの言い訳ですが、やはり前職がバリバリの経理職であった方よりかは劣ることが少なくないですし、証券会社やIBD出身の方が初期メンバーの場合も同様なことが起こるケースはあるのではないでしょうか。

1人目で出来ればもちろん素晴らしいですが、逆に2人目経理までのメンバーでできればよいのでは??と自分のことを棚に上げて思ったりしています。

1人目財務経理をどのようなメンバーにするか、は語り合ってみたいです。笑

2.帳票類の管理

1で記載したこととかなり関係してきますが、発注書や納品書、及び請求書、加えて電帳法対応等も含めた適切な帳票管理は僕の切なる願いです。

あまり大きな声で言えないですが、これは1人財務経理が相当優秀&強いコミットで周囲を巻き込まないと不可能だと思っています。

1人で財務経理回してるけど、バッチリ出来てるぜって方がいたら本当にお話聞かせて頂きたいです(嫌味とかではなく心から)。

意外といるのかな。

逆に財務経理が2人揃った段階では、是が非でもここでコミットして取り組まないと、恐らく財務経理担当者が2人になった段階の会社はそれなりの規模になっていると思われることから、手遅れになるカウントダウンが始まろうとしていると思う、というのが僕の肌感覚です。

がんばります。

3.財務経理全般に関するディスカッション

財務経理領域において欠かせないもの一つがディスカッションだと思っています。

内部統制の構築や会計論点を潰す際に、一人で100点回答を出すことは基本不可能だと思っていて、ここは一定の知識を持った人同士のディスカッションが不可欠だと思っています。

これは前職の監査法人時代に痛感したことですが、他のバックグラウンドを持つ方が財務経理を担当される場合でも同様だと思います。

例えば「会計論点を潰す」と一言で言っても、考慮しないといけない点、影響が生じる範囲が広大な場合も少なくないです。

それを限られた時間の中でこなしていくためには議論を積み重ねるということが極めて重要で、その意味でも財務経理担当者が2人いる、ということはそのこと自体に非常に意味があることだと考えています。

財務経理領域と言っても、バックグラウンドの異なる2人が揃えば、恐らくお互いに強みと弱みはかなり違うことが一般的だと思います。

弊社は「監査法人 x 経理職人」というようなイメージです(多分)。

バックグラウンドは所詮一つの参考値ですが、分かりやすい、かつそれなりに傾向が出るのは事実だと思います。

良い掛け算を生んで、良い議論が出来る環境にしたいですね😊

まとめ

(完全にではないにしても)同一の領域を担当するメンバー2人いる、というのはそれだけで意味があるのは間違いないと思っていて、財務経理担当者が複数人いる他のスタートアップを見て羨ましく思うことも正直多々ありました。

2人でやっていくことの難しさもあるのかもしれませんが、1人より2人の方が楽しいはず!

まずは楽しみながら、経理の当たり前(本当は凄いこと)を徐々に実現できればと思います。

一方で、1人目財務経理もっと頑張れなかったのか、と思うと同時に、1人で財務経理やって総務も人事労務もやって、みたいな神様みたいなバックオフィスの方に会ってみたい気持ちが強くなりました。

そもそも財務経理2人も少ないぜ、ということで財務経理界隈のみならずバックオフィス界隈の方、コロナ禍なのであまり大きな声では言えないですが、めちゃくちゃ交流したいと思っているのでご連絡頂けると泣いて喜びます。

色々語り合いたいです。

細々とTwitterもやってますのでお願い致します。

https://twitter.com/match0304

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
伊予銀行→あずさ監査法人→iCARE / ヘルスケア / スタートアップ / 公認会計士 / 高知県出身 Twitter→ https://twitter.com/match0304