masukofish365

増子水景の益子です。 熱帯魚や水草を中心に取り上げております。 NOTEを使うのは初めてでうまく使いこなせたら嬉しいです。 ショップURL Yahoo店 https://store.shopping.yahoo.co.jp/mame-store/ Amazonでも販売中です。

masukofish365

増子水景の益子です。 熱帯魚や水草を中心に取り上げております。 NOTEを使うのは初めてでうまく使いこなせたら嬉しいです。 ショップURL Yahoo店 https://store.shopping.yahoo.co.jp/mame-store/ Amazonでも販売中です。

    マガジン

    • 増子水景のQ&A集

      株式会社MASUKOが展開する熱帯魚のWEB販売サービス「増子水景」に寄せらるお問合せに、代表責任者の益子が答えたアーカイブになります。 熱帯魚を飼育していて何かわからないことがあったら参考にしていただけると幸いです。 流通に関すること、飼育に関することについてまとめています。 益子自身もまだまだ勉強の身ですが、記事にすることで改めて勉強にさせていただいています。誤字脱字などもあるかと思いますが、暖かく見守っていただけますと幸いです。

    • 熱帯魚屋さんの雑談#01

      熱帯魚の飼育とは関係の無いことを書いています。

    • 熱帯魚トレカ“第一弾小型魚“

      現在企画作成中の熱帯魚トレカ第一弾小型魚の一覧です。 現在試作中のものです。 リリース予定はありませんが、数年かけてシリーズ化ラインナップを増やしていく予定です。 反響を見て企画を進めていきます。

    最近の記事

     【Q&A】ミドリフグ飼育に塩水は必要?

    Q:ミドリフグを飼育しています。今のところ純水で飼育しているのですが塩水って本当に必要なのでしょうか?淡水だと短命になってまうとも聞きます。詳しく教えて欲しいです。 A:塩水は必要だと思います。 ミドリフグは普段は東南アジア沿岸の汽水域に生息しているフグの仲間です。 ただ、時折淡水域にも現れることがあります。 これは体表についた寄生虫を落とすために淡水まで上がってくるのではないかとも言われています。 本来では川と海がぶつかる汽水域に順応している本種は、淡水よりも汽水の方が自

      • 雪の影響

        今日は関東でも雪が降り、うっすら積もりました。雪の多い地方にお住まいの方には信じられないと思いますが関東で雪が3センチも積もれば、交通に混乱が起こります。 渋滞とかそんな話ではなく、事故も多発します。人々に雪の耐性がないのです。 私は大学・社会人時代は岩手県、青森、秋田と10年近く住んでいたので、少しは雪の耐性が身についたつもりですが、いざ関東で雪が降ると、混乱に乗じてしまいます。 関東の雪は非常に厄介ですね。 本日は午後から雪。 雲行きが怪しいと運送業者の集荷量が制限され

        • 熱帯魚輸送に気をつけるポイント“保温の難しさ“

          こんばんは、本日仕事始めで事務作業に追われた為、今頃の更新になります。 頭をぼーっとさせながら書いているので、読みにくい点もあるかもしれません。先にお詫び申し上げます。 本題です。 関東は明日から冬本番で気温がグット下がると予報が出ております。 熱帯魚の輸送にもより気をつけなければなりません。 でも、熱帯魚の輸送ではそこまで難易度が高くない季節なのです。 実は、寒くなればなるほど、カイロの量を増やしても箱の中が暑くなりすぎず、魚にもダメージがいきにくいのです。 よくお客様か

          • 約30cmのフロントーサを2匹飼育しています。90cm水槽で2匹飼育することはできますか?

            フロントーサはアフリカンシクリッドの中では比較的温和な方で臆病な品種と言われていますが、90cm水槽で30cm2匹は厳しいと思います。 それだけ大きいと縄張り意識も相当強いと思いますので、どちらかが弱り果てるまで攻撃してしまう可能性があります。せめて120cm×45cm×45cmの水槽であれば、逃げ場を作ったりすることで、うまくいく可能性もあります。 また大きい水槽であれば10cm以上の別のアフリカンシクリッドを数匹入れることで縄張り意識が集中せずにバランスが取れる可能性があ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 増子水景のQ&A集
            masukofish365
          • 熱帯魚屋さんの雑談#01
            masukofish365
          • 熱帯魚トレカ“第一弾小型魚“
            masukofish365

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            熱帯魚トレカ“ネオンテトラ“

            熱帯魚トレカ“ミクロラスボラ・エリスロミクロン“

            熱帯魚トレカ“ミクロラスボラHANABI“

            【Q&A】キングコングパロットとパロットファイヤーシクリッドの違いについて

            Q:キングコングパロットと普通のパロットの違いって何ですか?どっちを買うか悩んでいます。また、なるべく赤い個体が希望なのですが、アドバイスがあればお願いします。 A:キングコングパロットとパロットファイヤーシクリッドは非常に似ていますが、明確な違いは成長後の大きさと、体型面での違いがあります。まずは成長後の大きさについてです。 キングコングパロットは最大で30cm程度まで成長する大型のシクリッドです。 パロットファイヤーシクリッドはネット調べると15cm〜30cmとかなりの

            【Q&A】ミクロラスボラ・ハナビが餌について

            Q:ミクロラスボラを飼育し始めて、しばらく経っても餌を食べてくれん体も痩せてしまい、非常に心配です。餌は乾燥ブラインを与えております。 A:嗜好性の高い生のブラインシュリンプであれば食べてくれると思いますが、成魚の餌としては栄養に偏りができてしまい、短命になったり病気になってしまったりします。 日本に流通しているハナビのほとんどが養殖の個体です。無理をしなくても人工飼料を食べてくれるはずですので、まずは小型魚用の飼を与えると良いかと思います。 また、調子を崩してしまうとその

            熱帯魚流通の現在と今後について

            2021年10月になりますが相変わらず熱帯魚の流通にコロナの影響が重くのしかかっております。それでも2020年よりは幾分マシになっております。 一部生体の仕入れ価格は上昇したままです。 また検疫に置き去りにされることもあり、死んでしまった個体の負担が販売価格にも影響している次第です。 世界的にワクチン摂取が進められ空輸の状況も去年よりは大分良くなっています。 ただ、運賃が落ち着くのはまだまだ先になりそうです。 流通が元通りに動くようになって、検疫などもスムーズに進むようになる