見出し画像

恋のお墓をつくりましょう

「普段、家ではタバコを吸わないから、外で吸うときは重いやつを吸う。体に悪いことばっかりしてるよ、俺」

知らないパッケージのタバコの箱から取り出したタバコの煙を吐き出し、うつむきながらただ微笑んだ人を、わたしはずっと好きだった。


好きだという感覚は、錯覚に近いものだといつも思う。たった一瞬の笑顔で、たった一言で、心が動かされるとそれを恋だと思う。でもその先には幸福があるとは限らない。

その恋のようなものも、不毛すぎて何の形にもならなかった。自分ばかり心を燃やして、相手の無邪気な姿に嫉妬したり心を病んだりして、いつも自己嫌悪を重ねていた。

わたしの気持ちはいつもドロドロして、全く素敵なものなんかじゃなかった。

それでも好きだった。相手が何を思っているか知ることはできなくても、ひとつひとつの思い出を、わたしは心の中から捨て去ることなんてできない。


だから、恋のお墓をつくりましょう。


無理矢理あきらめるでもなく、玉砕しに行って自分を傷つけるでもなく、ただ記憶を大切に地面に埋めましょう。地面の中で眠る恋のことを時々思い出して胸が痛んだら、そっとお花を供えましょう。

恋のお墓に行けば、記憶の中の人に会うことができる。そっと手を合わせたら、眠っている恋も、自分も、きっと安らかな姿になっていくから。

このテキストはここまでで全ての投げ銭スタイルです〜!気に入ってくださったらわたしのおやつ代にさせていただきたいので、100円チャリンといただけると嬉しいです(^ω^)スキ、コメント、サポート、シェアも嬉しいです♪

この続きをみるには

この続き: 0文字

恋のお墓をつくりましょう

マスブチミナコ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ぜひ、わたしのギターケースにコインをください。自分の歌を歌います。

歌います!
113
生きづらい猫好きアーティスト。強い好奇心からの思考がメインウェポン。 https://www.instagram.com/vinaninne