見出し画像

ニューモダンローズ研究② 〜工程1の折り筋を抜いてみた〜

佐藤ローズの中でも難度が高い「ニューモダンローズ」。
中心を美しく仕上げるために、先日から色々な折り方を試しているところです。
(前回:2019/08/27)

今日の検証は、「折り筋の省略」。
前回の「折り筋の追加」の逆パターンを試してみました。

引き続き、テキスト「一枚の紙から作るバラの折り紙」と見比べながらお読みくださいませ。

❶正五角形…ではなかった!?
❷「尖り」を排除してみた
❸外側とのバランスが課題

♦︎♦︎♦︎

❶正五角形…ではなかった!?
ちょっと気になったので、紙をカットした直後に定規を当ててみました。

辺の中点からカドまでの距離を測ってみると…

最小7.5cm、最大7.7cm。
ズレとるやないかーい!

テキストに載っている五角形カットは、紙を重ねたまま切るので、紙の厚みのぶんだけ誤差が出るんですよね。
しかし、正方形をギリギリまで大きく使える、とても効率のいい切り方です。
しかも、圧倒的に早い。

これくらいの誤差なら、作りながらカバーできるので、大目に見ることにします。

❷「尖り」を排除してみた
前回は工程4の後に、テキストにない折り筋を入れることで、内側の尖りを強調させました。

今回は逆に、工程1の折り筋を省いて、「尖り」をなくしてみました。

少々まとめづらいのですが、花びらを収束させた直後の形は、きれいな丸型になります。

前回のハッキリとした星形と比べると、かなり柔らかい印象に。

ゆるやかな曲線をキープするのに気を使いますが、何とか均等にまとめることができました。

❸外側とのバランスが課題
ちょうど紙のカド、外側から3番目の花びらにご注目ください。

内側を徹底的に丸くしたので、こちらも丸くしようと思ったのですが、どうしても不自然な形になってしまいます。

やはり、ここは紙をつまんで尖らせるのがベストなようです。

(とはいえ、今回は少しゆるめに仕上げました)

前回の尖らせ方とうまく組み合わせて、バランスのいい形を模索したいと思います。

♦︎♦︎♦︎

というわけで、今日の検証は「丸型」でございました。

実は、次のタマも仕込み中。
「求心中割り折り」の形に、ちょっと細工をしてみようと思います。

失敗したら…それはそれで記事にしましょう。
でも、頑張ってチャレンジしますよ!
今後もお付き合いいただければ幸いです\(^o^)/

#黒いバラ #blackrose #ニューモダンローズ #newmodernrose #佐藤ローズ #satorose #バラ #rose #origamirose #おりがみ #origami #paperwork #折り紙 #折り紙作品 #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。