string name; cin >> name;

そこら辺によくいるソフトウェアエンジニア。 高校時代にプログラミングを始め、バイト時代に紙情報のシステム化を立案・実装した後未経験でエンジニアになり、システム、携帯ゲーム会社を経てアメリカの大学院に留学。CSのMaster(修士)をしてフリーランスをした後AI/ロボット業界へ。

string name; cin >> name;

そこら辺によくいるソフトウェアエンジニア。 高校時代にプログラミングを始め、バイト時代に紙情報のシステム化を立案・実装した後未経験でエンジニアになり、システム、携帯ゲーム会社を経てアメリカの大学院に留学。CSのMaster(修士)をしてフリーランスをした後AI/ロボット業界へ。

    最近の記事

    お前は何者か

    内容が重めになってきて(海外大学のコースカタログから図を作りつつ、履修していないコース含めコースの英語ページを読みながらサマリー作るとか)更新滞ってしまっています。こちらプロフピン留め用というか、かっちりした記事ばかりになると筆が遅くなってしまうので軽めの記事も混ぜて行こうと思います。例えば、初心者のよくある悩み、勉強に何のコードを書けばいいかわからない、など。 まずはプロフィール用のお前は誰だ記事です。エンジニアとして為になる話としての情報量はあまりないです。どんな人が書

    スキ
    1
      • コンピュータサイエンス学習マップ2

        前回はコンピュータサイエンス学習マップとして、大学1~2年で習う科目と前提となる科目(数学含む)を紹介しました。 今回はより専門的な知識が必要となる学部3年生で習う科目とその前提科目を紹介します。専門領域に入ってくるので、自分の興味のある専門領域に進むのにどういう勉強をすべきか、ということの参考になれば幸いです。量が一気に増えてるのでちょっと細かく区切ります。 また、個人的に引っ越しの準備や、CourseraのMachine Learningの受講(無料&復習)をしている

        スキ
        15
        • コンピュータサイエンス学習マップ

          前回と前々回で日本ではSI業界とWeb業界ばかりがクローズアップされる(未経験出身が多くプレイヤーの多いフィールドなのもあると思う)ものの、もっとソフトウェアエンジニアの活躍の場はあるし、認知度の高い"汎用的な領域"でなく"専門領域"に面白さを感じる人もいるのでは?というような話を書き、補足記事で学位の有無での選択肢を触れました。 今回は専門領域で最低限求められるコンピュータサイエンス(以下CS)の基礎知識、および実際の仕事に繋がる専門領域のそれぞれの学術分野の科目について

          スキ
          37
          • Computer Scienceの学位がなくてできる仕事・求められる仕事

            現在、Computer Scienceの技術分野と前提知識をまとめた記事の学士版を書いてますが、割込みで前回の補足記事です。前回、IT業界マップとして知識と記憶を中心に書かせて頂きましたが、日本で主流なSI業界とWeb業界以外があまり見えてないから漏れ多そうと思ってたところ、Courseraに良い記事があったので、それを基に、その日本語版、として書かせて頂きます。前回書いたのは下記の記事です。 今回の元ネタの記事 今回の記事は前回の補足と下記の記事+αです。CSや近い専攻

            スキ
            38

            IT業界の業界マップ

            SI業界やWebサービスばかりが取り上げられますが、ソフトウェアエンジニアが活躍できる場はたくさんあります。今回は色々な業界を歩いた経験とコンピュータサイエンスの修士までで学んだ知識から簡単に色んな業界を紹介したいと思います。 ご報告ですが、サポートを受けてしまいました。すごく嬉しく励みになり、記事書かなきゃなという気持ちになりました。ありがとうございます! 正直、コメント拒否のための課金500円位は月にサポート頂けると励みになるというか、マイナスをあまりに計上するような

            スキ
            43

            なろう系インフルエンサーが教えてくれないIT業界のお金の話

            で、今回はみんな大好きお金の話です。ただし、かなりIT業界のお金の実態がインフルエンサーのせいでねじ曲がっているように感じるので、「教えてくれない」とさせて頂きました。すぐにフリーになってる人が多いので知らないだけかも知れない。あくまで経験の範囲内なのはご容赦ください。皆さんのキャリアプランの参考になれば幸いです。なろう系に関しては、おそらくその中で一番技術力のあるであろう人について下記の記事を書きました。 はじめに読者の想定 基本的にはプログラムを書くソフトウェアエンジ

            スキ
            28

            まだエンジニアポートフォリオに消耗してるの?

            なろう系インフルエンサーでトップの実力を持つ勝又さんの記事を↓で書きましたが、ポートフォリオを使った未経験エンジニア志望者への情弱ビジネスに関する懸念です。本人がそう思ってるかはわかりませんが、個人的に情弱ビジネスに相当すると考えています。勝又さんのちょっとずれた認識にツッコミ入れてましたが、ちょっとポートフォリオを使ったビジネスはたちが悪いと思ったため、分けて書きます。 ポートフォリオ商法 おそらく某まともに就職してない方の作ったプログラミングスクールがポートフォリオブ

            スキ
            16

            なろう系インフルエンサーの話

            勝又健太さんが何やら香ばしい匂いを発していたので、ちょっと突っ込んでおこうかと。彼はとがった専門家ではなくトレンドを触りまくるジェネラリスト系のようなので(自認している通り浅く広く技術を作る側、というより使う側だと思います)、見えてないだけ、だと信じたいが。すごく意欲的な印象だったのですが、この数年はちょっと様子がおかしく、若干目に余る感じになってきたので取り上げさせていただきます。 なお、この記事は本人の発言や記事をもとにした当方の解釈であり、実際の本人の考えはわかりませ

            スキ
            27

            友人がプログラミングスクールからバイトを目指してる話

            以前hatenaに書いてましたが、モチベーション上がらず、こちらに技術系記事だけ移行することにしました。と言っても、アフィリエイトとか付いてるやつのサイトの情報信用できなくない(金目的では)?の意識がかなり強いので有料記事は売りません。気が向いた人が投げ銭してくれたら書く気出るかな、程度。所詮文章は素人なので。また、技術系と言っても技術自体の記事は自分の発信用サイト(自作実験CMS)でやって、ここは主に技術界隈の胡散臭い人達への警鐘的なジェネラル寄りな感じです。以前のとこは技

            スキ
            39