見出し画像

丸新グループが、災害時に地域で担う役割は?新潟県村上市で、合同訓練に参加!

こんにちは!丸新グループ・note担当のタッキーです。

丸新グループは、LPガス・物流サービス・生活関連事業など、8つの事業を展開し、地域の皆さまにとって欠かせない生活インフラを支援しています。

丸新グループの事業領域です。

今回は、丸新グループが災害時に地域で果たす役割について、2つの事例をご紹介します。丸新グループ9社のうち、サービスステーションを展開する『株式会社 ムラネン』LPガスを扱う『株式会社 丸新』が舞台です。

・ ・ ・


■新潟県は『車社会』。通学で使う人も多い?

新潟県にご縁のある学生の皆さんなら、「新潟は全国有数の車社会だよね」と言われれば、「確かに、そうだよね」とうなずく方も多いのでは?

恋人・友人とカフェに行ったり、映画を見たり。程よく都会、程よく田舎な新潟県は、車があれば何かと便利。今回は、車を使う人には特に身近なサービスステーション(以下、SS)が舞台です。

■『住民拠点SS』って、知ってる?

普段からSSを利用する人でも、『住民拠点SS』の存在をご存じの方は、あまり多くはないかもしれません。

(株)ムラネン(※)のSSは、その『住民拠点SS』に指定されています。災害時、消防や自衛隊などの緊急車両に優先的に給油する役割を担っています。

※『株式会社 ムラネン』とは
丸新グループ9社のうちの1社。新潟県村上市に拠点を構え、LPガス供給やサービスステーション、保険、コインランドリーなど、地域の暮らしに身近な商品を扱っています。村上市出身なら、ご存知かも!?

■地域社会で、重要な役割を担うSS

住民拠点SSには、自家発電機が常備されています。
災害に伴う停電時、スタッフは通常電源から自家発電機に切り替え、緊急車両や地域住民に継続的に給油がでるようにトレーニングされています。

発電機の使用訓練の様子

その一環として、(株)ムラネンで災害時対応訓練を開催!外部の専門家や消防、近隣市町村の住民拠点SSが参加しました。

参加者は、専門家の指揮のもと、災害時のオペレーション(電源切替、二次災害防止対応、緊急車輌の導線確保と給油等)を実地で行い、手順や注意点を入念に確認していました!

今回の訓練想定です
・地震発生(震度6) ※津波なし
・停電、断水
・固定回線及び携帯回線は不通(メールのみ通信可)

災害時対応実地訓練(訓練シナリオ)

当日は消防車両も参加したほか、地元新聞2社も取材に入るなど、そこそこの規模でした。専門家からは、過去の災害事例を踏まえた実践的なアドバイスをお聞きし、訓練後も講義形式でポイントを再確認しました。

停電中(訓練)のため、看板も消灯中です

今回は、社内報制作の一環で見学しましたが、普段は見逃しがちなポイントに気づかされ、「訓練はやっておくべき」と実感。月並みですが、この一言に尽きます。

皆さんが、日常生活で何気なく利用するSS。実はその中に、特別な役割を地域社会で担うSSがあること、知ってもらえました?この機会に、身近な住民拠点SSを把握しておくといいかも!?

▼住民拠点SSは、ここで探せます。

■メディア掲載!コインランドリーの未来像

続いては、(株)丸新(※)です。災害に強いLPガスを供給している会社ですが、実はもう一つの顔として、コインランドリーも経営しています。

※『株式会社 丸新』とは?
丸新グループ9社のうちの1社。飲食店や工場、住宅やアパートまで広くLPガスを供給する【ストック型】のビジネスモデルです。

このコインランドリーの未来像について、(株)丸新が新聞取材を受けたので、掲載された内容を一部抜粋してご紹介します!

新聞掲載されました。

今は一般的なコインランドリーとして利用されていますが、将来的には「発電機や炊き出しセットを備蓄し、災害時に地域の皆様に役立つ場所にしたい」とのこと。

まだ構想段階ですが、これは実現させたいですね!世の中のために、自分が会社を動かす手応えを感じられるのも、社会人の面白みかも。

▼SDGsを後押し!(株)丸新の取り組み

▼(株)丸新の新入社員インタビュー

■事業化に秘められた ”いぶし銀”の願い

「LPガスの供給会社が、なぜコインランドリーを経営するの?」と思われるかもしれないので、事業化までの道のりを少し深堀りします。

最近の店舗は、クリーニング店と比べて遜色ない性能の洗濯機や乾燥機があります。LPガスは、そこで使われるお湯や熱風を作り出すために使用されています。

つまり、コインランドリーからの安定収益とLPガスの出荷量UPが期待できるという意味で、既存事業との相乗効果を発揮できるわけです!もともとの手堅いビジネスモデルを発展させた、とも言えます。

新潟県ではコインランドリーが次々と出店していますが、ブームに先駆けて私たちが立ち上げた1号店が、上越市にあります。この事業化を仕掛けたのは、営業一筋のベテラン役員でした。

「地域のお客様の役に立ち、次世代に引き継げる会社の基盤づくりを」

この強い思いが事業化の背景にあり、苦心の末にようやく実現しました。嬉しいことに、今では他県からも同業者が見学に来られるほどの繁盛店に!

新しいことにチャレンジする姿勢は、丸新グループ創業者の影響かも!?また、従業員を大切に思う気持ちは、私たちの経営基本理念そのものです!

▼創業者のベンチャー・スピリッツ

▼『従業員の幸福』が第一!経営基本理念をご紹介

今回は、丸新グループの地域インフラ事業はこんなところで役に立っているよ!というお話でした。学生の皆さんの目に触れる機会が少ない業界だから、今これを読んでくれた貴方はちょっと得したかも!(笑)


■LPガス×物流×建築!魅力満載の採用HP

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。25卒、26卒の皆さんは、インターン先を探している頃でしょうか?

▼丸新グループの1day仕事体験は、こちら!

新潟の企業情報を集めているなら、リクルートサイトをご覧ください!LPガス以外にも、新潟県内で働ける職種があります!3つの業界の魅力を、コンパクトに凝縮!

▼丸新グループのリクルートサイトです!

■おまけ(笑)。オータムセール開催中!

新潟市内2店舗(中木戸店、新松崎店)、新発田市内1店舗(新栄町店)、燕市1店舗(県央吉田店)で、11月17日よりオータムセール開催中!
こうしたイベント企画も、(株)丸新のお仕事のひとつです。
※終了しました(11/30追記)。

丸新グループは、学生の皆さんの目に触れる機会は少ないかも知れませんが、意外と身近なところで暮らしに役立っています。期間中、ぜひご利用ください(笑)。

この記事が参加している募集

みんなの防災ガイド

防災いまできること