見出し画像

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』に心惹かれる理由を考えてみた

嵌まりました…

ここ数日、amazon primeで『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を観まくっていて、楽しんでいます。太川陽介・蛭子能収のレギュラーコンビにマドンナ役の女性ゲストが加わった三人が、ローカル路線バスだけを乗り継ぎ、三泊四日で目的地を目指すテレビ東京の人気番組でした。

2007年10月放送の第1回から2017年1月の第25回まで放送され、現在amazon primeでは、第3回(函館駅~宗谷岬)、第5回(日光駅~松島普賢堂)、第7回(青森港~万代シティバスセンター)、第8回(三条大橋~出雲大社)、第9回(出雲市駅~枕崎)、第10回(徳島駅~鳴門)、第12回(松坂駅~松本城)、第15回(米沢~大間崎)、第19回(京橋~兼六園)の8回分と台湾編の映画が見放題になっています。

嵌まった理由を考えてみた

私が、この番組にすっかり嵌まってしまった理由を考えてみました。

● 不便が設計されている
● 出演者のキャラクターが魅力的である
● 予定外に振り掛かる苦難と喜びの連続に共感する
● 立ち寄った街の観光情報も楽しめる
● 路線バスの旅は、人生そのものだと感じる

それぞれについて、考えてみます。

不便が設計されている

ローカル路線バスの旅には、以下のルールが存在します。

ルール①
移動は原則としてローカル路線バスのみを使用。高速バス、タクシー、鉄道、飛行機、船、自転車、ヒッチハイクなど、他の交通機関の利用は禁止!
ルール②
目的地へ向かうルートは自分たちで決める。情報収集でインターネットを利用することは禁止!紙の地図や時刻表、案内所や地元の人からの情報のみ使用OK。
ルール③
3泊4日で指定の目的地にゴールすること。旅はすべてガチンコ。ルートだけでなく、撮影交渉も自分たちで行う。
    ー 番組サイトから引用

インターネットでの情報収集が禁止なので、紙の地図と現地で出会う人たちからの情報が頼り。あえて不便な制約を作って、現地で出会う人たちとふれあうしかないよう工夫されています。

出演者のキャラクターが魅力的

行き当たりばったりの旅なので、出演者のキャラクターやアドリブ対応力が大きく影響します。

機転が利くリーダーの太川さんと自由奔放でゲスキャラの蛭子さんの凸凹コンビが秀逸で、本当にいい味を出しています。この二人だからこそ出せる面白さが充満しています。ナレーションを担当する山田キートンさんもいい感じで盛り上げサポート役に徹しています。

まず、二人共に本当の意味での悲壮感がないのがいい。根っこに明るさがあるので、予想外の苦難に直面した時の困った表情やあてが外れて怒った時の表情に観る側が共感できて、ついつい応援したくなってしまいます。毎回変わるマドンナもキャラクターは様々ですが、この二人のやり取りに引きづられて、良いアクセントを提供しているように感じます。

私は完全に蛭子さんタイプで、同行者をイラっとさせる自由過ぎる言動や行動をしがちです。自身の姿を蛭子さんに投影しながら観てしまいます。太川さんは引率者・保護者の役割がぴったりで頼もしい。番組を引き締め、バラエティとして成立させているのは太川さんです。彼が一日の旅を終えてビールを美味そうに飲む姿にはほっこりさせられます。

予定外に振り掛かる苦難と喜びの連続に共感

苦難といっても命に関わるようなシリアスなものではないので、視聴者も一緒に耐えようと思えます。この旅のルールでは、路線バスが途絶えている区間は、徒歩でクリアしなければなりません。炎天下や土砂降りの雨や強風や大雪の中を、自分も一緒に歩いているような気分になります。

逆に、見事な風景に出会ったり、親切で温かい人たちに助けられたり、目標を達成して喜んだり、に思わず共感してしまいます。

編集の仕方も巧いのでしょう。旅の途中のエピソードが程よく、バランスよく詰め込まれています。

立ち寄った街の観光情報も楽しめる

バスの乗り継ぎの合間に訪れる待ち時間の過ごし方にもこの旅の魅力があります。ローカルバスが効率良く繋がることは稀なので、次のバスまで数時間待つこともザラです。

景勝地ばかりではなく、偶然立ち寄る店や町並みがいい感じです。自分の知らなかった日本を発見する楽しみがあります。自分の意図しない場所で意図せず過ごすことこそ、贅沢な時間だと感じます。

路線バスの旅は、人生そのもの

最大の魅力は、路線バスの旅が人生そのものと感じさせてくれることです。

人生という旅は、どんなルートを辿っても、最後は死という最終目的地に辿り着きます。どんな人でもこの世に生まれ落ちた瞬間に必ず訪れる死へと向かって、与えられた残り時間を減らす旅に問答無用で踏み出します。

生きていく過程で、幾つかの目的地を目指します。自分で設定した目的地も他人に設定された目的地もあるでしょう。そこへ辿り着くためのルートや歩み方は、自分で決められる場合も、決められない場合もあるでしょう。

私は、人生後半戦はローカル路線バスを乗り継ぐような生き方でいいと考えています。たとえ、乗り継ぎが悪くて、何時間も、何日も、何ヶ月も、何年も同じ場所に止まることになったとしても、その待ち時間すら愉しめるようにしたいです。

設計図や時刻表は参考にしても、自分なりに工夫したり、流れに身を任せたり、寄り道したり、も大切にしたい。この番組に嵌るのは、私の人生の歩き方の理想に近いものを感じるからかもしれません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると大変励みになります。自分の綴る文章が少しでも読んでいただける方の日々の潤いになれば嬉しいです。

とても嬉しいです! ありがとうございます。
10
1968年兵庫県生まれ、横浜市在住の家族を愛する元会社員です。50代を迎え、二毛作人生へ移行します。『人生後半戦を愉しむ』為の気づきや思考を掘り下げていきます。

こちらでもピックアップされています

Markover 50の旅
Markover 50の旅
  • 61本

世界、日本を旅した思い出を綴ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。