見出し画像

あの頃好きだった曲…『島唄』

本日のnoteは、歌詞の裏に込められたもう一つの物語の意味を知ることで別の思いを抱きながら聴くようになったTHE BOOMの『島唄』についてです。

深い意味を知らずにカラオケで熱唱していた頃

この曲(オリジナル・バージョン)が大ヒットしていた1993年、私は入社3年目の若手社員でした。この曲に出会ったのは、取引先の人と仕事終わりに飲みに行き、二次会にカラオケに行った際です。

当時から心の琴線に触れる素晴らしい楽曲だと思っていました。しばらくは、この曲の歌詞に秘められた悲しく深いもう一つの物語には全く気付かず、ラブソングだと信じ込んで、熱唱してきました。

当時、島唄=沖縄音楽というイメージでいたし、THE BOOMというバンドは沖縄出身だと信じ込んでいました。この曲を作った宮沢和史(山梨県甲府市出身)には「沖縄の人間でない人間が沖縄民謡の真似事をするなんてとんでもない」という批判もあったようです。

沖縄出身のアーティストには、安室奈美恵やスピードなど錚々たる面々がいますが、私は、この『島唄』こそ、沖縄音楽の認知度を高めた代表曲である、という印象を持っています。

後に、BEGIN(石垣島出身)やBEGINの『涙そうそう』をヒットさせた夏川りみ(石垣島出身)の楽曲が全国区でヒットする市場を開拓できた背景に、『島唄』の影響は確実にあったと思っています。

沖縄について知らないことが多過ぎる

私は太平洋戦争の沖縄戦で起こった悲劇を、知識としては知っていても、心の奥深いところで感じ取れていません。沖縄県民の中には、今も本土に対し、「沖縄は本土決戦を引き延ばす為の捨て石にされた」という拭い難い不信感が残っていると言われます。その思いは、これから先も完全に消えることはないものでしょう。

改めてこの曲の解説を読み返すと、軽々しく扱えない思いを感じます。

● 宮沢氏が、1991年に沖縄県の「ひめゆり平和祈念資料館」を初めて訪れた際、元ひめゆり学徒隊の老婆から沖縄戦の悲劇の話を聞き、衝撃を受けて制作した。
● 表面的には男女のラブソングの体裁を取りつつ、実際は沖縄戦での悲劇と平和への希望が唄われている。
● 琉球音階(レとラを使わない)が用いられているが、サビ前の「地下壕で自決した」との意味が込められた部分は西洋音階が使われている。「彼らを自決させたのは日本(本土)であり、そう考えたら琉球音階はとても使えないと思った」(宮沢談)
● 『千代に』『八千代に』が、君が代の歌詞に対応している。
ー Wikipedia他から引用

歌われ続けて欲しい曲

この曲は海外でも人気があると言われます。非常に嬉しいことです。何度聴いても色褪せないし、私の心の中に宿している何かを突かれ、前向きな気持ちになるのがわかります。

宮沢氏は、沖縄出身ではない自分がこの曲を歌うことに批判的な意見があることに傷つくこともあったが、今は歌い続けなければならない、という決意をされているようです。私はその決断を支持します。

時空を超えて、支持され続ける楽曲であって欲しいと思います。そして、沖縄戦の歴史も語り継がれて欲しいと思います。

この記事が参加している募集

私の勝負曲

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Markover 50 〜人生後半戦を愉しむ

サポートして頂けると大変励みになります。自分の綴る文章が少しでも読んでいただける方の日々の潤いになれば嬉しいです。

とても嬉しいです! ありがとうございます。
1968年兵庫県生まれ、横浜市在住の家族を愛する元会社員です。50代を迎え、二毛作人生へ移行します。『人生後半戦を愉しむ』為の気づきや思考を掘り下げていきます。