見出し画像

25.「令和の白拍子」 番外編!ニコニコ超会議に出演させて頂く件について《超歌舞伎》

「令和の白拍子」こと、花柳まり草(はなやぎまりくさ)こと、まりちゃんです。

前回の記事で、無事に宝塚音楽学校に合格を果たしたまりちゃんの心境について書かせて頂きました。

というわけで、一旦ストーリーに区切りがつきましたので、今回は「番外編」とさせてください。

■まりちゃん、憧れの舞台に出ちゃいます

タイトルにもございます通り、2020年8月16日に、インターネット業界最大のお祭りイベントである「ニコニコ超会議」に出演させて頂きます‼️‼️

オタクまりちゃんの憧れ‼️ニコニコ超会議‼️

しかも演目は、中村獅童丈と初音ミクさんによる《超歌舞伎》‼️

リンクはこちら→→https://www.kabuki-bito.jp/news/6287/

インターネット上で歌舞伎がご覧になれます‼️
しかも、無料配信です‼️
『ニコニコ超会議』のラストを派手に飾ります‼️

コロナによって、「伝統芸能」と「映像」の距離感がかなり近くなりました昨今。
しかし、この《超歌舞伎》の試みは何年も前から始められ、研究を重ねた様々なノウハウが蓄積されております。
はじめにこの企画を作り、こうして形にされた皆様の、その先見の明と行動力に改めて尊敬の念を強くするばかりです。

一から舞台が出来上がっていく『現場』。
この空気感に身を置けたのはいつぶりでしょうか。
私自身、ワクワクしながら、そしてこうして舞台に立たせて頂けますことを本当にありがたく感じながら、お稽古をさせて頂いております。

16日の19時より、是非リアルタイムでご覧頂き、コメントを沢山入れてくださると嬉しいです。
少しですが、女流舞踊家四人で踊る場面もございますので、『まり草〜』と「コメント大向こう」でもかけてくださると超絶嬉しいです。
どうぞ皆様、ご視聴を宜しくお願い申し上げます🌸

超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜(なつまつりばん はなくらべせんぼんざくら)』
■8月16日(日)19時より生配信
■無料にてご覧いただけます
■リンクは以下よりお飛びください
https://www.kabuki-bito.jp/news/6287/

■からっぽ

さ、宣伝はここまで!ここからは、まりちゃんと「ニコニコ動画」の関わりについてお話しさせて下さい。

実はまりちゃん、ニコニコユーザーなのです。つまり、まりちゃんにとっては「ニコニコ超会議」に出演できるなんて、宝塚の舞台を踏んじゃう位にエポックメイキングな出来事なのです。

まりちゃんとニコニコ動画さんとの出会いは、ちょっと前に遡ります。

宝塚歌劇団をいろいろな理由で退団した後、まりちゃんには「宙ぶらりんの時期」がやってまいりました。退団後は大学進学を真っ先に考えておりましたので、改めて受験勉強を再開しておりましたが、退団は11月、受験に合格しても大学に入るのはその次の年の春。

つまり退団した11月から次の年の4月まで、まりちゃんは何者でもありませんでした

とりあえず、「タカラジェンヌ」という肩書から「失業者」という肩書になりました。

今のように「舞踊家」として活動できる見込みもその時は全くありませんでしたし(本当に0%でした)、そもそも舞台の世界に再び関われるかどうかも分かりませんでした。全てがまっさらな、白紙の状態に戻ってしまったのです。

受験勉強をし、読書をし、美術館などに足を運び、大好きなキアズマ珈琲に通い、お洒落をして過ごしました。でも、いつも、どこか空虚でした。

自分は社会と何も関わりを持てていない。何も出来ない。能力もない。何の資格もない。自分は誰にも必要とされていない。

そんな気持ちで過ごしていました。

美容院に行って、自分の話をするのもすごく嫌でした。実は、結構これが一番しんどかったかもしれません。

■オタクまりちゃんとニコニコ動画

そんな空っぽまりちゃんではありましたが、幼い頃はパソコンでチャットをするのが日課だったりしたこともあり、ネットサーフィンはよくしておりました。

そこで出会ったのが「ニコニコ動画」でした。

当時、私は声優の大塚明夫さんが大好きで、大塚さんの情報を集めていたのですが、「ニコニコ動画」には、大塚さんと声優の黒田崇矢さんとお二人でなさっているラジオ音源がアップされていました。

お二人のお話がとても面白く、私はニコニコ動画でその音源を聴くのが毎日の楽しみでした。お話の内容も、生き迷う若者の背中を押してくれるような・・・自身にとってはタイムリーな内容が多かったように思います。

そのラジオ放送だけではなく、私はニコニコさんで沢山の動画を見て過ごしました。ニコニコさんの中で流行っている「王道動画」的なものも拝見しましたし、「戦国BASARA」「犬夜叉」「ワンピース」「スーパーマリオ」・・・といったゲームやアニメのキャラクターを使った、視聴者さんによる創作動画も漁るように拝見しました。

自分の好きな世界にだけ浸り、ワクワクしながら動画を見る。

そこで過ごす時間は、もしかしたらですが、100%健康的で前向きなものではなかったかもしれません。夜更かしもしちゃうし、友達がいなくても、自分一人だけで成立してしまう空間ですし。

でも、閉じられたその時間と空間は、当時のからっぽまりちゃんにとっては癒しであり、避難場所でした。

そこでだけは、思いっきり笑ったり、「かっこいーー!!」とか叫んじゃったり。自分の「好き」という気持ちだけに真っ直ぐ向き合うことができました。

タカラジェンヌであることを放棄し、逃げ出した私みたいな人間は、社会から必要とされていない。何もできない私は、チャラチャラ遊んでばかりではいけない。楽しんではいけない。

そんな風に思って日々を過ごしていました。

でも、ニコニコ動画を見ている時は、社会的にどうとか、肩書がどうとか考えず、真っさらだった子供時代に戻ることができたのです。そこでは、誰にはばかることなく、誰かに遠慮することなく、心から自分の好きなことに向き合い、楽しむことができたのです。

逃げてもいいんだ。

自分の好きなことに向き合って、楽しめばいいんだ。

そんな風に少しだけ自分を許すことができる時間でした。

大学に入ってからは少しずつネットを見る時間が減っていきましたが、今から振り返ると、「ニコニコ動画タイム」があったからこそ、今の自分があるように思います。

ゆとりを持てなかったら、自分で自分を遊ばせてあげる時間がなければ、まりちゃんは笑うことすら忘れていたかもしれないのです。大袈裟でなく。

そんな「居場所」を作ってくださった方達と、今のまりちゃんはお仕事をしています。

これが奇跡でなくて何であろう。

ドワンゴの横澤大輔様(当時のまりちゃんからしたら神様)が超歌舞伎にガッツリ関わっておられ、ありがたい事にお話をさせて頂く機会に恵まれました。その際に、辿々しく感謝の意をお伝えしたのですが、緊張しすぎてうまくお話が出来ませんでした・・・お恥ずかしや。

新しい「価値」を世界に打ち出した皆様を、本当に尊敬していますし、当時のまりちゃんのような方々が、ニコニコ動画さんにどれだけ救われたかと思います。もちろん、今も進行形で。

■好きなひと、好きな世界と関われる喜び

昨年の南座で開催された「超歌舞伎」の時もお舞台に立たせて頂いておりましたが、私の出演は初日から中日でした。つまり、ニコニコ動画さんで生配信された千秋楽のお舞台は、別の方が出演されておりました。という訳で、私は残念ながらその時には出演が叶わなかったのです。

だから、今回の配信に参加させていただけるのは本当に嬉しいのです。

大好きなニコニコ動画。ようやく、その画面の向こう側に行けます。

夢って、やっぱり叶います。

自分が「いいな」「好きだな」と思った世界とは、《ご縁》が見えない糸でつながると思うのです。その糸の存在を信じていれば、いつか手繰り寄せることが出来たり、引き寄せられる時が来る。

まりちゃんの最近の実感です。

先が見えなくて不安になったとしても、自分が素敵だと思うことや好きなことに対しては正直でいたいし、大事なものは「大事です!」って大声で言っていたい。守りたい。

そんなことを思うのでありました。

さ、というわけで本日はこれ切り・・・是非、「ニコニコ超会議」に逢いにいらしてください♪

お稽古頑張ります!

☆★まり草のSNSはこちら★☆

■Instagram→https://www.instagram.com/marikusa.hanayagi
■Twitter→https://twitter.com/marikusa369
■YouTube→https://www.youtube.com/channel/UChvot1zFPV_X1tOdv72KzTw
■HP→https://www.marikusahanayagi.com/

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキです(*´꒳`*)
12
日本舞踊家 / 宝塚歌劇団出身 / 前世は巫女、白拍子らしい / 双子座は「素敵なクソガキ」/ 自然、水の流れ、神社、龍、白蛇、美味しいご飯、猫、サメ、車、三島由紀夫、泉鏡花、山本タカト、COMME des GARCONS、ハンニバル・レクター ■気ままに更新予定■

こちらでもピックアップされています

「令和の白拍子」思うこと徒然、出来事徒然
「令和の白拍子」思うこと徒然、出来事徒然
  • 11本

宝塚音楽学校入学、宝塚歌劇団へ入団。 星組生として活動するも、自身の壁に打ち当たり、退団。その後明治大学へ・・・。 そんなすったもんだを経て、現在は日本舞踊家として活動するという珍妙な経歴を持つまりちゃんが思うことをまとめました。

コメント (2)
美しい舞台をありがとうございました。
石井様
ご視聴ありがとうございました。
また、拙いコラムではございますが、お読み下さりありがとうございます😌❤️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。