見出し画像

市民ランナー高速化プロジェクトとは?(九鬼)

短距離コーチ・ストレングスコーチが、走り方教室やトレーニング教室を開くと、市民ランナーでいっぱい。
「走る」専門知識をもったトレーナーや治療家が、市民ランナーから絶大な支持を得る。

僕らが考える未来はこんな感じ。

市民ランナーをもっと知ってほしい

市民ランナーの人って、本当にストイックなんですよね。トップレベルの選手と比べても遜色ないくらいに。もちろん競技レベルに差はあります。だけど、そこにかける熱意はすごく強くて、素敵だなーと純粋に思えるくらい。

でも、周りのサポートや正しい情報が少ない分、頑張りすぎちゃうことも多々あるらしく。それが積もって怪我をして、焦って頑張って、悪化して。外村さんによると、こんな悪循環にあるひとも珍しくないそうです。これは、竹澤さんの現役時代の経験でもあったらしく、トップレベルの選手でも、やっぱり最後は怪我との戦いだったんですね。

そうすると、走行距離を稼いで記録を伸ばす、という発想にはある程度限界があります。記録が伸びれば伸びるほど、記録の頭打ちと怪我の問題が立ちはだかります。そうなったとき、あるいはならないために、最近ではランニングエコノミー(走の経済性)を改善する、ということが流行っています。簡単に言えば、フィジカルを鍛えて、いいフォームで走って、疲れにくくなろう、ということです。しかし、次の問題があって、「どうすればいいの?」ということです。

「走る」ことに特化した専門家たち

ここで、一旦、話の目線を変えてみますね。

短距離・跳躍のことを指導するコーチは、少なからずいます。ストレングスコーチはもっといます。僕が知っている彼らのイメージは、一言で表すと「オタク」です。四六時中、走ることやトレーニングのことを考えたり勉強したりしています。それが楽しいんですよね。彼らは、自分たちの競技経験+コーチングの勉強+学術的な勉強etcと、高い専門性を持った人材です。

しかし、そんなコーチに対する指導の需要が少ないのは現状。素晴らしいものをもって、活動しているのに、あまり知られていない、機会が少ない。

また、「走る」ことに詳しい、トレーナーや治療家の人も、必ずしも競技に集中している人をサポートできているとは限らない。

市民ランナーと専門家をマッチング

と、いうことで。

そんな両方の人たちを、うまくマッチングさせたい。ランニングブームが大きくやってきて、少し落ち着いた昨今。もっとランニングブームを盛り上げて、ランナーが思い描くような記録を出して、HAPPYになれるように。そして、短距離のコーチやトレーナーなど、高い専門性を持ったプロたちがより多くの市民ランナーと関われるように。

市民ランナーが、短距離やストレングスコーチのトレーニングを取り入れて、「走る」専門のトレーナーや治療家のケアを受けながら、もっともっと市民ランナーがベストを更新できるようになってほしい。

それを目指して、情報発信や活動をしていきたいと思います。

そうやって、市民ランナーの意識というか、常識を変えられて、交流できる流れを作れれば、市民ランナーのことをもっとみんなが知れると思うんです。

市民ランナーは、ダイエットのために走ってんじゃない。やつらは、「ガチ」で、「クール」なんだと、もっと多くの人が思うはず。

メキシコで知り合った市民ランナーは、高地で400mのインターバルをやって、酸欠になってる。吐きそうになってた。かっこいいやん!クールやん!と僕が思えたように、みんなも見る目が変わるはず。

大きな視点からしたら小さいことかもしれないけど、僕たちができるのはこんなところかなと思っています。

僕自身は、短距離・スプリントのことをずっとやってきて、少しだけれど勉強もしたし、死ぬ気でトレーニングしたし、コーチングにも取り組んでいます。自分がやってきたことというよりは、短距離・スプリントに誇りを持っています。短距離・スプリントは、他の分野の人たちも必要としていて、多くの人の役に立てると思っています。そう思っている同志は少なくないはず!これは、ストレングストレーナーも同じかと。そう思って、他種目の選手に指導しています。

市民ランナーに使ってもらうには、やっぱり、僕たちの良さを知ってもらって、「僕らって、こんな風に使えまっせー」とアピールすることが大切です。「走ること知ってるトレーナーや治療家は、ええ施術しまっせー」と。

具体的に、どうすんねん!

そこで、市民ランナー高速化プロジェクトでは、

ランニング前のフィジカルトレーニングで、ケガを予防する、フォームを変える、ランニングエコノミーを改善する、そして自己ベストの更新をサポートする

ことを提案したいと思います。この10分間のトレーニングで、一人一人の課題に応じたアプローチを展開することができます。図で表すと、こんな感じ↓↓

画像1

しかし、長距離の練習では、ウォーミングアップ→ランメニューという単調な内容になりがちだそうです。たとえ、メインのランメニュー前にドリルや体幹トレーニングををしようとしても、「どうすればいいのか分からない」とか、「走りにどうつながらるのか分からない」というのが現状だと思います。

そこで、専門家の登場。この10分間のトレーニングに関しては、専門家のアドバイスが重宝されます。市民ランナー、一人一人の要望に沿って、アプローチを提案してくれて、それを一つ一つ試していく。トップアスリートが取り組んでいるプロジェクト型のように、市民ランナーを中心にして、多様な専門家がサポートする。

こうなるために、みんなで、流れを作っていければなー、と考えています何より、僕らには、竹澤健介がいますし💪、勢いはもってるはず!

今後の発信もフォローしてくれると嬉しいです🙏

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

73
✅市民ランナー✅指導者・トレーナー✅スポーツ科学を勉強する人、へ役立つ専門情報を届けます👍【講師】🏃‍♂️竹澤健介🏃‍♂️北京オリンピック代表(10,000m)🏃‍♂️九鬼靖太🏃‍♂️博士(コーチング学)🏃‍♂️外村 翼🏃‍♂️尼崎タイムトライアル運営代表

コメント1件

ぬけぬけ病改善したい

はじめまして。いつも興味深く読んでいます。
今回のドリルの事も、確かに私も長距離は「アップ→本練習」の流れと固定観念でいました。高校時代は、短距離だったので、ドリルやってました、長距離は必要ない事はないが優先度は低いと思っていたのが正直な所です。

あと文章長くなりすみません、ぬけぬけ病改善について九鬼さん・竹澤さん・外村さんが思う、改善の糸口を教えて頂けたらと思いコメントしました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。